新着情報

生意気なキャバ嬢に金を貸したら・・・。

この体験談は約 9 分で読めます。

先輩に誘われてよく行ってたキャバクラがあったんすよ。
仕事も絡んでるから断るに断れず、毎回イヤイヤながら付き合ってました。
田舎だから1タイム5~6千円てなもん。
俺は指名とかする気なんてさらさら無く毎回フリー。
でも毎月のように行ってると顔馴染みのキャバ嬢もできるわけで、指名しなきゃいけない雰囲気をヒシヒシと感じてました。

いつだったかマリエっていう20歳の顔馴染みが隣にいた時でした。

「指名しちゃえばイイじゃん」と先輩がいらぬ言葉を。

自分のお気に入りの前でカッコつけたかったようで、超上から目線で言われた。
先輩が指名してた子とマリエは仲が良く、高校の同級生なんだって。
変に断る空気でもなく指名するハメに。

それからは毎回マリエを指名するようになってた。
アゴより少し長いぐらいのミディアムショートっていうのかな、そんな髪型で金髪に近い色。
猫みたいな顔してて、ツンツンした態度と妙にマッチしてる。
とにかく黙ってれば顔はかなり可愛い。
でも接客がかなり駄目。
世の中ナメてんだろうな~って思うぐらい、客に気を遣わない勘違い女。
たぶん指名し続けてるお客って、ドMばっかりなんじゃないかな?
先輩に言われなきゃ絶対指名なんてしないタイプっすわ。
毎回指名しつつも、(ないわ~コイツは絶対無いわ~)って思って飲んでましたw

でもお付き合いだから8ヶ月ぐらい指名し続けてたある日。
いつものように先輩とキャバクラへ行くと、3人して変な態度だった。
3人ってのは、先輩とキャバ嬢2人ね。
何か言い出せなくてウズウズしてるような、そんな雰囲気がプンプンしてた。
その日に限って延長しようと先輩が言い出し、そのままアフターまで行きたいという。
それは勘弁して欲しいと言ったら、カラオケだから俺が出すとか言われた。
で、そんなこんなでカラオケへ行った。
でもそこでも妙な空気は変わらず。
やっと口火を切ったのは先輩だった。

「実はさぁ~、マリエちゃんがお金貸して欲しいんだって」

マジで(はぁ?!)ですよね。
何言ってんの?コイツは?って思いましたよ。
正直先輩とか関係なく、怒りと呆れが入り混じった「はぁ?」を炸裂しましたよw

「何で俺が?」

「だってお前が指名してるじゃん」

開いた口が塞がらないとはこの事。
先輩のお気に入りがすぐに割って入ってきて事情を説明された。
マリエには高校時代から付き合ってる彼氏がいる。
そいつと結婚をするつもりで、1つの通帳を作って2人の貯金をしてた。
先月、彼氏が「どうしてもお金が必要」だと言い出す。
貯金から出すのは嫌だったから、家賃1ヶ月分と給料の大半を彼氏に渡す。
今月、その彼氏が消費者金融から100万以上も借金してた事が判明。
問い詰めて喧嘩になり、ちょっと喧嘩して疎遠になる。
それでつい先週、彼氏と連絡が取れなくなる。
気にしないで数日過ごし、2ヶ月分の家賃を支払おうと銀行へ。
そこで残金がゼロになってる事に気が付く。
焦って2人の貯金も見てみると、見事に数百円しか残ってない。
怒り心頭のまま彼氏に電話すると、『現在使われておりません』のアナウンス。
急いで彼氏の家に行くと留守だったので、アパートの前に車を停めて待機。
朝の3時を過ぎても彼氏は戻らず、次の日も、そして次の日も戻らず。
1人だけ知ってた彼氏の友達に電話すると、もう既に引っ越していた事が判明。
さらにそこで「新しい彼女が出来たとか聞いてるけど」というショッキングなお言葉も。

俺「店に前借したら?」

マリエ「もう何度かしてるから駄目だと思う」

俺「じゃ友達は?」

マリエ「そんなお金持ってないし貸してくれないもん」

俺「貸してあげれば?」(先輩のお気に入りに振ってみた)

オキニ「貸してあげたいけど余裕ないもん」

俺「じゃ先輩が貸してあげればイイじゃないっすか」

先輩「何で俺なんだよ、お前が指名してる子だろ」

俺「他にも指名してたオヤジいたじゃん?駄目なの?」

マリエ「やだよ、頼みたくないし」

オキニ「あんなのに借りたら何されるか分からないしね」

こりゃまいったぞ。
この流れはシャレにならんぞ。
どう逃げるかってばかり考えながらビールをチビチビ飲んでた。

俺「んでいくらぐらい必要なの?」

マリエ「えーと、25万ぐらい」

俺「へ?25万?家賃2ヶ月分だろ?どんな部屋に住んでんだよ」

マリエ「家賃は月7万だけどクレジットカードの支払いもあるし」

俺「25万ってさぁ~・・・簡単に貸せる額じゃなくね?」

マリエ「でもお願いできる人いないから」

俺「でも返す保証もないだろ」

マリエ「絶対返すよ!」

オキニ「うん!返させる!」

俺「考えさせてもらってもイイ?」

マリエ「イイけど・・・明日までに払わなきゃいけなくて」

俺「明日ぁ?マジかよ」

マリエ「だからお願いします。お金貸して下さい」

オキニ「アタシからもお願い!ね?絶対返させるから」

この先輩のオキニは何を根拠にこんな事を言ってるのか不思議で仕方がない。

悩んだ末に、条件付きで貸す事にした。
マリエの実家の住所を教えてもらい、逃げたら親に支払ってもらう条件。
昼休みに待ち合わせして車に乗せ、40分ほどの実家へ。
古ぼけた1軒家で、荷物を取りに来たといって一緒に入らせてもらった。

マリエ「これでいいですか?」

5畳ほどの狭いマリエの部屋で、正座しながら俺に言ってきた。
いつもとは違って少し媚びるような態度。

俺「分かったよ、ちゃんと返せよ?」

マリエ「ありがとう。ホントにありがとう」

家を出て銀行へ行き、25万円きっちり貸してやった。
マリエも受け取ってそのまま銀行で振り込みをしたりしてた。

俺「言ってたように月5万で大丈夫なんだよな?」

マリエ「はい、5万円ちゃんと返します」

俺「今月は待ってとかなしだぞ?」

マリエ「はい、そんな時はアタシを好きにして良いから」

俺「分かった。借金とは別に利息として体を頂くからな」

マリエ「うん、それでイイです」

別に体を好きにするつもりは無かったけど、ハッパをかけるつもりでそう言ってた。
マリエもそんな覚悟で真剣に体を差し出すって言ってたと思う。
なのにやっぱりバカはバカって事でしょうかね。
3ヶ月目に『今月は無理かも』とメールが。

俺「約束したよな?利息として体を差し出すって」

マリエ「分かってるよ。してイイから」

そんな簡単にヤラせるとは、通ってるオヤジさん達も吃驚でしょうねw

「本当に払えないのか?」と念を押して、やっぱり無理だと言われた。

じゃ~しょ~がね~な!と仕事帰りに待ち合わせ。
出会ってそのままラブホに直行した。

まるでダッチワイフ状態でした。
Cカップのお手頃サイズで良い体してました。
コイツってマジでバカだなと思ったのは陰毛。
しっかりと手入れしてるようで、クリトリスの上の方だけ残して綺麗に剃りあげてた。
んで、その残った陰毛が金髪w
バカじゃねーの!?と思いつつも、久し振りの若い体を満喫させてもらった。

「フェラは無理」と言うから軽く手マンしてからの即挿入。
嫌がってるのが分かってたから、ちょっと変に萌えてた。
感じてないフリしてたけど、手マンしてると白い汁がジャブジャブ溢れ出てくるし。
キスも嫌がってたからしなかったけど、嫌がりつつ感じちゃってる姿に興奮した。
それで情けなくも30分程度で撃沈w

「来月はしっかり払えよ」と強がりを見せて帰った。

入れてて途中で気が付いたが、マリエのオマンコはちょっと具合が良い。
締まりは勿論だけど、奥の方の締め付けがちょっとヤバい。
いわゆる3段締めみたいな事なのかもしれないけど、中まで締め付けてくるオマンコ。
しかも嫌がってる割には濡れがハンパなくて、終わってみれば玉袋までベチョベチョだった。
どうやら本当はセックスが嫌いじゃないんだろうなって思った。
しかも店じゃSっぽい態度のくせに、セックス中はどうやらMっぽい態度。
これに懲りたのか次の月はちゃんと5万円払ってた。

だけどその次の月にまた払えないとか言い出し、簡単に「ヤッてもイイから」と言い出す始末。
1回ヤッたからもうイイやって思いだしたんだろうと判断。
コイツはもっと凌辱してやらねば!と心に決めたw

「キス&フェラ&精子飲みと、目の前でバイブオナニーのどっちがイイ?」

俺的にはバイブオナニーをさせたかったから、そんな条件を出してみた。
そして俺の予定通り「だったらバイブの方がイイ」と言う。

ちょっと時間の都合が合わずに、マリエの仕事が終わってから会う約束をした。
平日だったから2時頃待ち合わせし、車で拾ってそのままラブホへ。
マリエは少し酔ってたけど頭はしっかりしてるっぽい。

馴れた感じでもう恥じらいもなく、シャワーを浴びて全裸のまま寝てるマリエ。
まずはバイブのクリに当てるビロビロをクリトリスに。
ビクンビクン体が素直に反応してて、またもや大量の白い汁がダクダク溢れてくる。
それをバイブに塗りたくって挿入し、ゆっくり出し入れを開始した。
時々「むんっ」とか「んぐっ」という声を出してたが、ほぼ無反応に近い。

(そうやって耐えているのも今のうちだぜ・・・)と思いながらスイッチオン。

ブィィィ~~ンと振動し出すと腰がビクビク跳ねまくる。
奥に差し込んでビロビロをクリに押し当てると我慢できなくなったみたい。

「いやだぁっっんあぁぁんっ!!」と急に喘ぎ声出してた。

まだまだそんなもんじゃ~許さないw
乳首を強めに摘んで、捻じりつつバイブを出し入れ。
足を閉じそうになるから足を抱えてのバイブ攻撃で、マリエは「はぁんはぁん」言ってた。

俺「お前足閉じんなよ、邪魔だろ」

マリエ「だって。・・・ゴメンなさい」

ここで予定通りにバッグからロープを取り出し、縛る事を告げると泣きそうな顔をしてた。
この時の為にアダルトショップで購入してきた拘束用ロープ。
本格的な縛りは無理なので、手軽にM字に縛れる専用のロープを買っておいた。
しかも前日に何度も何度も説明書を読みながら練習までもしてw
練習した甲斐があり、椅子に座らせて簡単にM字開脚で縛れた。
補足的に髪とかには付かない粘着テープで体と椅子を固定もした。
マリエは本気で動こうとしてたけど動けないっぽい。
最後はアイマスクと耳栓をして準備OK。

1~2分でマリエの崩壊が始まりましたw
ローターでクリを刺激しつつバイブの出し入れで、「イッちゃうから駄目ー!」と叫んでました。
当然のようにイカせるわけも御座いませんw
振動を止めてバイブをゆっくり出し入れ。
30秒ぐらいしてからまたスイッチを入れてクリ&膣を刺激しまくる。
絶叫に近い喘ぎ声と共にまた「イッちゃうからぁー!」という声。
スイッチを切ってしばらくしてからまた攻撃する。
この繰り返しで5回か6回目で、マリエの理性も完全に崩壊してたw

まず俺が最初にビビッたのは、なんと失禁w

「イッちゃうぅぅーっ!」っていうからスイッチをオフにしたのに大量失禁。
目の前にしゃがんでた俺は思いっ切り小便を掛けられたw
バイブを刺したまま軽くシャワーで流して戻ると、オマンコに突き刺さったまま回転中w
今度は斜め横にしゃがんで凌辱を開始。
そこからまた寸止めを3~4回した頃には、マリエはもう懇願しまくりだった。

マリエ「お願い!もうイカせて!イカせて下さいっ!」

だからその口にキスをして舌を入れたら、嫌がってたディープキスをかましてくれた。
俺の舌をジュルジュルしゃぶって、口の中に舌を捩じ込んできそうなディープキス。
それでもまだ寸止めw
バイブを入れたまま今度はチンコを口元に。
あれだけ嫌がってたのに、舌を出してベロベロしゃぶってくれた。

「おうんおうん」唸りながら必死のフェラチオ。

そろそろかなぁ~と思って最後の下準備をした。
クリトリスにローターを当てて、それをテープで固定。
生チンのまま亀頭をマンコに擦り付け、亀頭だけ挿入して軽く腰を振った。
バイブには負けるかと思いきや、マリエは歯を食いしばって感じまくり。
ローターを“弱”にすると体を痙攣させながら「はぅはぅ」変な事を口走ってた。

やっと根元まで挿入して出し入れしながらローターは“強”。
「んぎぃぃっ!」とか変な声を出しながら激しく口をパクパクさせてた。
グッと根元まで押し込んで亀頭で子宮を押し込みながらローターは強のまま。
そこで初めてマリエが「イクゥっっ!!!」と叫んで絶頂。
驚いた事に、入れてたチンコが押し返されちゃって抜けちゃいましたw
チンコが抜けたと同時にまたもや失禁で俺はベチャベチャw

マリエ「もうだめ。もう無理ってば!」

マリエはジタバタしてたけど、またバイブ&ローター攻め。
そしたら「んぎゃぁぁーっ!!」とか言い出して体が激しく痙攣。
この時に体を固定してたテープが破損w
そのぐらい激しく動き出しちゃって大変な状態に。
仕方なくM字に縛ったままベッドに転がして、ローター&バイブで攻めまくった。
耳栓とアイマスクを取ってやると、マリエは涙を流しながら喘ぎまくってた。

俺「しゃぶれるか?」

尋ねたら「うんうん」と頷くから、顔に跨がってイラマチオ気味にしゃぶらせた。
それでそのまま挿入して、ロープを取って四つん這いで後ろから犯してやった。
俺のチンコでもその後2回ほど絶頂したマリエは、最後にまた大量失禁しやがってた。

マリエ「もうお願いだから・・・」

そう言われたが、またアイマスクと耳栓をはめた。
バイブを入れて「オナニーしろ」と要求。
俺はこっそりデジカメを用意して、バイブでオナニーするマリエを撮影したw
口元にチンコを置くと舌を出して舐めてくる動画もバッチリ。
バイブを抜いてベチョベチョになったオマンコもバッチリ。
最後にはまた生ハメして、そのハメ撮りもバッチリ撮影できた。
バイブとローターで最後にイカせて終わってやった。

グッタリしちゃって歩けないとか言ってたけど、無理やり立たせて家まで送り届けてやった。
初めてマリエの家に行ったけど、吃驚するほど汚かったw
足のやり場に困る部屋で、このままじゃゴミ屋敷になるんじゃね~かって部屋。
その部屋を見て生ハメしたのを後悔したのは言うまでも無いw
でも大丈夫だったけどね。

次の月はちゃんと払ったが、その次はまた「待って下さい」。

俺「またバイブ使うぞ?イイのか?」

マリエ「うん」

俺「実はお前喜んでんじゃねーだろうな?」

マリエ「そんなわけないでしょ!」

ホントかよ?と思いつつも、今度は3時間ぐらい寸止めをしてやったw
さすがに頭がおかしくなりそうだったようで、喘ぎ声が呻き声になってて怖かった。
もちろんちゃんとコッソリ撮影もできて、俺的には満足な4時間でした。

あと5万だってのに、このバカは逃げやがったんですw
まぁ~5万以上は楽しめたから別にイイんだけど。
店は辞めちゃうし携帯番号は変えるしで、部屋に行ったけど応答はなし。
先輩のオキニに聞いたら、そいつも連絡が付かないとか言ってた。

俺「もう5万はイイよって伝えておいて。それ以上に楽しめたから」

オキニ「マジ?ヤったの?」

俺「どうだかねw」

オキニ「うっそ~そんな子じゃなかったのに」

俺「相当なドスケベでしたけどねw」

そういう俺に先輩のオキニはドン引きしてたw

普通に考えたら5万は高いけど、風俗嬢相手じゃないからまぁイイかなって思ってます。
あれ以来店に行っても先輩のオキニの目が俺を蔑んでるようで笑えないw
キャスト達にも喋ってるのか、来る子来る子が妙な距離感を醸し出してるのには参るww

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Club Bunnys

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン