新着情報

ドMのレズだった妹

この体験談は約 5 分で読めます。

俺には彼女とは言えないが、3つ年上のセックスフレンドがいる。

その彼女は、結構変わった性癖があり、20歳ぐらいまではレズだったらしいです。
24歳ですごく可愛いというわけではないけどセックスは面白いです。
だから俺に彼女ができても、その人だけはずっと身体の関係が切れません。
セックスはびっくりするほどのMです。
痛いの大好きです。

その彼女は俺の妹とも仲がいいんです。

そんなある日、その彼女が俺に、「妹さんね。レズっけあるよ」って言い出したんです。

俺「まじかよ」

彼女「たぶん間違いないよ」

「本当かなぁ。男の彼氏しかみたことないよ」って言うと、「彼氏なら男だけどね」って揚げ足をとられた。

そして「たぶん落とせる」と言うんです。

相手が男だったらそんなことは言わないんだけど、所詮女同士ってとこもあって・・・。

俺「落とせるもんならやってみるといい」

彼女「わかった挑戦してみる」

俺の中では半分信じて、半分疑ってました。
そして仕事中に彼女からメールがきて『Vサイン』の絵文字。

俺『まじか?』

彼女『妹さん可愛いから、これから私のペットだよ』

俺『うそだろ?』

って返信したら、妹の上半身裸の写メが送られてきた。

そうなったのも驚いたが、成長した妹の裸をみて興奮してしまった。
胸はそこそこ大きいなと思ってはいたが、妹を褒めるわけではないが、いい胸してる。
Cカップぐらいで形もいいし、パツンと張ってる感じもいい。
高校生の妹に、初めて性欲を感じてしまった。

そんなやり取りが数週間続いて・・・。

彼女「妹さんもMっけ強いよ。育てがいあるよ」

俺「妹、Mなんか?」

彼女「うんうん」

更に妹に興味が湧いた。

俺「もしかして縛ったりしてないやろな」

彼女「縛るなんて当たり前」

俺「え」

彼女「すごく喜んでるよ」

俺「うそだろ?」

彼女「ううん。凄いんだから」

俺「妹だけど見てみたいわ」

彼女「じゃこっそり見る?」

俺「見せてくれるわけないやろ」

彼女「目隠しするからこっそり見に来るといい」

俺は半信半疑。
約束の日、彼女のアパートに妹が現れた。
俺はこっそり遠くに車を停めて待ってた。
そして、彼女からメールが来て・・・。

『今なら大丈夫』

俺は音を立てずにこっそりと彼女のアパートのドアを開けて入ってみた。

結構大きな音で音楽が鳴らされている。
そこで目に入ったのは、妹が後ろ手に縛られ、そして約束通り目隠しされている。
妹は全裸。
そしてあそこには、俺と彼女が使っているバイブが刺さっている。

彼女「もっとよくみえるようにお尻あげなさい」

妹「はい。お姉さま」

(どこまで調教してるんだよっ)

彼女「こんなとき、どう言うの?」

妹「めちゃくちゃにしてください」

普段から想像できない妹がそこにいた。

そして「ごめんなさい。先にイッちゃいます」と連呼しながら妹は、果てた。

俺は見つからないように、彼女のアパートを後にした。

妹の姿を見て罪悪感もあったが、それより妹への強い性欲も同時にあった。
それは、普段は勉強もよく出来て大人しい妹が、あんなになるんだぁというギャップ。
俺は彼女に『今度、3人でしてみたいわ』ってメールを送ったら、『私はいいけど、妹さんはOKしないんじゃない?』とそりゃそうだと思った。

家に帰るといつも通りの大人しい妹がいる。
妹とは、ほとんど喧嘩もしたことないし、頼まれ事だって嫌な顔せずやってくれる。
やっぱりMなんかなぁって思いつつ、妹への観察がちょっと違う角度になっている。

そしてある日、妹に「あの人ともうエッチしないで」と言われた。

俺「嫉妬?」

妹「そうかもしれない」

俺「お前は好きなようにやればいいやん、俺も好きなようにやるからさ」

妹「それが許せないの」

初めて俺に口答え。

俺「独占欲か?」

妹「そうだと思う。だから別れて」

俺「そうなると、俺の性欲のはけ口なくなるやんか?」

妹「新しい彼女見つけたらいいやん」

俺「簡単に言ってくれるやんか」

妹「つらいんだもん」

俺「それは俺も一緒じゃんか。俺の性欲、お前が処理してくれるんなら話は別だが」

つい口を滑らせてしまった。
妹は考え込んだ。

妹「・・・あの人とエッチしてるの我慢するくらいなら、私が処理したほうが気分が楽かもしれない」

俺「わかったよ。お前が処理してくれるんなら別れるよ」

勢いでそう言ったが、所詮そんなことはあるまいと思っていました。
だから、「じゃズボン脱いでよ」って妹が言ってきたのには驚いた。

「よしやれるもんならやってみろよ」って言い返した。

俺には自信があった。
口ではイッたことがないし、俺は遅漏なんだ。

妹は俺のあそこを恐る恐る触り始めた。

「そんなんじゃ俺はイカないぞ」

妹は覚悟を決めたのか咥えてきた。
今までさんざんフェラしてもらってきて、イッたことのない俺ははっきりいって楽勝。

「ほら、もっと一生懸命やらないと」

こんな攻防が30分以上続いた。

妹「気持ちよくないの?」

俺「ううん、気持ちは、いいよ」

けど、俺はイキそうにもならない。

俺「ちょっと触ってもいいか?」

妹「少しならいいよ」

初めて妹の胸を服の上から揉んでやった。
俺は下半身を触ろうとすると・・・。

妹「そこはだめ」

俺「そう言いながら濡れてるんだろう」

妹「・・・、はぃ」

俺「やっぱりお前じゃ俺をイカせることできないやんか。入れさせろよ」

妹「それは無理」

でも俺は妹を脱がせた。
そして、妹をバックから犯しまくった。
結局俺は果てることなく、疲れて終わってしまった。

後日、彼女からメールが届いた。

彼女『聞いたわよ。妹とやってんだって?』

俺『なりゆきでそうなった』

彼女『なら3人で、できちゃうかもね』

その手があった!

そして以前妹を覗き見したように、目隠しさせて、乱入しちゃうかという計画になった。

そして、当日。
メールが届いた。

『チャンスだよ』

またこっそり、覗きに行くと、今度は結構ハードに縛られてた。
俺は妹の目隠しを取って、妹の目の前で彼女とのエッチを始めた。

妹「お姉さまとエッチしないで」

妹は懇願。

俺「じゃあ、俺は誰とすればいいんだ?」

妹「・・・」

俺「『私に入れてください』と言え」

妹「私に入れてください」

妹のロープをほどき、3Pが始まった。
妹は自ら俺の上に乗ってきて、自ら挿入。

彼女「妹さんね、アナルもいけるんだよ」

妹のアナルにおもちゃを入れた。
妹は半狂乱、痙攣しながら、イキまくる。
そして彼女と俺がしようとすると・・・。

妹「それはだめだって」

俺「わかったよ。その代わりとことんいじめるぞ」

妹「お願いします」

俺「よし、俺のおしっこ飲ませてやる」

妹を風呂場に連れて行き・・・。

俺「『おしっこかけてください』は?」

妹「いっぱいかけてください」

俺は、妹の顔めがけてかけてやった。
命令もしてないのに、妹はごくごくと飲んでやがる。

俺「可愛いな。よし、彼女のも飲ませてもらえよ」

彼女「全部飲むのよ」

彼女は妹の顔に跨がり、放尿。
そして俺は、妹のアナルに入れて中出し。

後日、俺は尿道炎になった。
アナルするときはゴムつけないとな、って一つ勉強になったが、相変わらず、妹の私生活はまじめで優秀。

しかし、夜になるとメス犬化する。
俺の目の前でオナニーもさせるし、夜中になると、俺のまたぐら弄ってくる可愛い妹です。
完璧にセックス依存症ですね。

女ってこんなになっちゃうんだと、つくづく思う毎日です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛妻

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン