新着情報

突如バイ告白してきた彼女にアナルを犯された

この体験談は約 4 分で読めます。

とりあえずスペック。
俺:25歳フツメン。
彼女:21歳、腐女子、可愛い。
元々俺S、彼女がM。

ある日の事後、カミングアウトされた。
薄々感じてはいたが、彼女はバイだった。

彼女「ごめん、実は彼女いるんだよね」

俺「知ってた」

彼女「マジかwwなんでよwまぁいいや。それでさ、私、女の子とするときってSなんだよね」

俺「?!」

彼女「いやだから、責めるのが好きなの」

俺「・・・で?」

彼女「ケツよこせ」

俺「!?」

・・・と、プレイ時に使ってる手錠やら何やらで俺の全身を拘束し始める彼女。

俺「いやいや、冗談でしょ?」

彼女「・・・」

(目が怖いよ、彼女さん)

俺「おーい」

まだ冗談だと思ってる俺はこの時はちょっとドキドキ。

彼女「前から◯◯(俺)のこと責めたいと思ってたんだよねー、何かいい声で鳴きそうだし」

俺「・・・」

彼女「やっぱり責めるなら、チンコ付いてた方が楽しいよねー」

俺「・・・」

彼女「男に生まれたかったなー」

(こいつ本気か・・・!)

俺「お、おい、お前マジなん?」

彼女「マジマジ♪ちょうどバイブもローションもあるし♪」

俺「いやいや、いきなりそんなもん入るわけねーだろ、てかやらねーし」

彼女「大丈夫大丈夫!結構イケるもんだって!」

(その自信どっから来るんだよ)

俺「俺は女しか無理、てかお前だけでいいわけで」

彼女「知ってる」

俺「彼女いることも許してるのに、何この仕打ち」

彼女「うふふふふ、じゃあローションいっちゃいまーす」

俺「じゃあ、ってなに?」

ローションを息子とアナルに付けだす彼女。
さっきも言ったけど、俺はSでもMでもどっちでもイケる気質。
アナルを弄られつつ息子しごかれてビンビン。
ぬちゃぬちゃとローションの音がする。

俺「うぁっ・・・!」

彼女「やっぱり可愛い声。アナルに入れたらどんな声出すのかな~」

ヌルヌルになったアナルに指が入ってくる。

俺「ちょっ、待て・・・って・・・っ!」

何か吐息混じりの声出る。
きめぇ。

彼女「~♪」

すっげ楽しそう。

俺「マジで待ってくだはい」

彼女「呂律回ってないよ~♪」

俺「手を動かすな・・・アナルまではいい、気持ちいいし」

彼女「気持ちいいんだ」

俺「うるせぇ、でもやっぱり気持ち悪いからもうやめて」

彼女「気持ちいいんだったら、そのうちもっと良くなるって!大丈夫大丈夫!それに何だかマジでイケそう、指増やしますねー、はい力抜いてー」

指が2本、さっきまで処女だったアナルにイン。

俺「力、脱いてじゃ、ねー・・・っつーの、ああぁっ、あ、やめっ・・・!」

彼女「入っちゃった?」

俺「うわっ気持ち、悪い・・・てか、ほら、アナルって、ちゃんと挿入前に、色々やる事ある、でしょ・・・」

彼女「ちゃんと手も綺麗にしたし、大丈夫!てか、ちゃんと準備したら嫌がらないでやってくれるのー?」

俺「やるわけねー・・・っが!動か、すな、中でっ・・・っあぁ!」

指2本が中でうねうね。
女ってこんな気持ちなのか?
指を入れられつつも、しごかれて身体ビクビク、喘ぎ声も止まらない・・・。
かなり屈辱的。
慣れてるだけあるな、こいつ・・・てかなんで俺のアナルこんなに緩いんだ?
ウンコ太いからか?
教えてエロい人。

彼女「いい反応するね、◯◯♪もうこんなにズボズボ入ってるよ~。これならバイブ、そろそろいけそうじゃん?」

俺「や、やめ、ああっ、やめてっ・・・ぐああっ、っ!」

喋るのも大変。
しかもノリノリの彼女。
俺、軽く涙目。

彼女「本当に可愛いなぁ。もっと声出して♪聞くと濡れてきちゃう・・・」

そんなことを言いながら責めが激しくなる。

彼女「ん~、そろそろ本当にバイブいっちゃおうかなぁ~?」

いつも責められてアニメ声で喘ぐやつとは思えん。

彼女「ローション多めにつけてあげるね~」

チンコとアナルが更にヌルヌルに。
チンコは気持ちいいのに、アナルは気持ち悪い変な感覚。

俺「ちょっ、マジ、やめてっ、くだ、さい・・・っ!」

なぜか俺敬語。
バイブは普通の大きさのやつね。

彼女「じゃ、入れるよ~。力抜かないとほんとに痛いからね?」

ゆっくり、ローションまみれのアナルにバイブが入ってくる。
処女だったとは思えない入りっぷりにちょっと泣きたくなった。

俺「あっ、マジか、入ってきてる、し・・・あぁっ、やめ・・・!」

抵抗虚しく、バイブの先がお入りになられました。
ぬぷっグチュっと、ゆっくりバイブを出し入れする彼女。
文字通り異物感が半端ない。

俺「やめてっ、ほんと、マジ無理だ、って・・・!あんっあぁっ!」

これまで生きてて「あんっ」とか喘ぐとは思わんかった。
笑えよ、お前ら・・・。

彼女「素質あるんじゃない?普通いきなりはなかなか入らないよ?」

俺「嫌だ・・・っやめ・・・」

更にバイブが入ってくる。

彼女「まだスイッチは入れないから安心してね~」

ゆっくりとだんだんバイブを前後させ、奥まで挿入していく。
ローションでぐちゃぐちゃだからエロい音が耳につく。

俺「気持ち、悪いって、やめてよ・・・っ」

彼女「その反応、凄く萌える・・・ね、どう?気持ちいい?ここ、凄く硬くてビンビンになってるんだけど。ほらほら、奥まで入っちゃったよ?」

気付けば、いつの間にかアナルの奥まで挿入されていた。

彼女「あーもうたまんない!可愛すぎる!」

更にローションをつけ、出し入れする彼女。
もうわけが分からず、喘いで体がビクビクになる俺。

俺「やめ、あっ、イキそ・・・あっああっ!」

彼女「イッちゃうの?初めてなのにイカされちゃうの?」

俺「イクっ、くそ、嫌だ、っあぁっ、イクっ!」

かなり屈辱的だったのに、その前にやってるのに、精子すげー出た。

彼女「凄い、いっぱい・・・くせになっちゃいそう、どうしよう?」

俺がどうしよう?!

彼女「お疲れさま。頑張ってくれたから、今度私を責める時は好きにしていいからね?」

俺「うるせえ、覚悟しとけよ・・・」

脱力感がやばくて、しばらく動けなかった。
できればもう掘られたくないです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレデリ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン