新着情報

美脚の先輩にお持ち帰りされたらドS痴女だった

この体験談は約 3 分で読めます。

以前勤めてた会社での出来事です。
中小企業の営業をしていて、年末の忘年会。
私と2歳上のエリ先輩が幹事になり、場所の予約やビンゴゲームの景品を買いに行ったりで何かと2人で動いていました。

エリ先輩は顔は普通でしたが身長が170cmあり、スタイルが良くって密かに憧れていたので忘年会までの準備の期間が嬉しくて仕方ありませんでした。
特に脚フェチの私には、スカートから見えるエリ先輩のパンスト脚がたまんなく好きで、クルマ運転してる時、助手席のエリ先輩の脚を何度触ろうと思った事か!!
なんとか理性で抑えましたが、とにかくその脚に触りたくてウズウズしてました。

忘年会の当日は進行役の私とエリ先輩。
慣れない役割でしたが、お酒で盛り上がってたので何だかんだで無事に終了、お開きとなりました。
参加者がそれぞれ2次会へ行ったり帰ったりで、私とエリ先輩が会計を済ませてお店を出た時には、もう他の人達は誰も居なくなっていました。
それから2人で飲みに行く事になり、居酒屋でエリ先輩と楽しくお話ししながら結構お酒を飲まされました。

飲んでる時にエリ先輩が、「まーくん、いつも私の脚ばかり見てたでしょ?」って突然言い出すので、ドキッとして返答に困ってたら、「脚好きなの?」と聞いてきます。

酔いもあったのでつい、脚フェチである事やパンスト好きな事、そして「エリ先輩の脚を触りたくて仕方無かった」なんて事まで言ってしまったんです。
もう嫌われるのも覚悟でしたが、意外にもエリ先輩は拒絶せずに、もっとあれこれ聞いてきました。

ただ、かなり飲んでたので、そこら辺りから記憶が曖昧になってて、次に気付いたのは見知らぬ部屋でした。
何かモゾモゾするなぁ~って思って目を開くと、エリ先輩が私のペニスをフェラしてたんです。
何が起こってるのか全く理解できずボーッとしてたんですが、下半身の快感は理解出来てて、ペニスがだんだんと元気になって硬くなるのが分かりました。

「じゅるっ、クチュクチュ・・・」とフェラの唾液の音が聞こえます。

思わず、「うっ!」って声を出したら・・・。

エリ先輩「あ、おはよう!気付いたのね。良く飲んだけど大丈夫?」

私「ここどこですか?」

エリ先輩「私の部屋よ。酔っ払ってたから連れて来たのよ」

私「で、先輩、何してるんですか?」

エリ先輩「気持ち良くしてあげるから言う通りにしなさいね」

エリ先輩は裸にパンストだけを穿いて、そのパンスト脚で私に乗って来ました。

エリ先輩「こうしたいんでしょ?触っても舐めてもいいわよ」

でも酒がまだ残ってて頭が働かず、どんな状況なのか、いまいち分かっていませんでした。
ただパンスト独特の肌触りが私のペニスや乳首などを這いずり回ってたのは分かりました。
あまりに私がボーッとしてるので、エリ先輩は自分からリードして、私の脚にパンスト脚を絡めたり、パンスト足の指先を私の口の中に入れてきたり、まるでエロDVDのような光景が繰り広げられました。

そして最後には、エリ先輩はパンストの股間を自分で破り、私の上に乗って挿入。
オマンコは洪水のようにグショグショでした。
さっきのフェラの唾液とオマンコの愛液で、グチュグチュと卑猥な音が部屋に響きます。
パンストを穿いたままの挿入。
私の憧れのプレイでした。
エリ先輩はまるで私がオナニーの道具であるかのように好き勝手にグラインドしてて、しかも自分の手でクリトリスを刺激しています。
その光景が最高にエロかった!!

そして、その後すぐにエリ先輩は大きな声と共に果てたようで、私の上にグッタリ崩れてきました。
私ももう少しでイクところだったので、そのまま下からピストンして、最後はエリ先輩のパンストのお腹の部分に大量に放出してしまいました。

それからの日々はエリ先輩の性奴隷でした。
元々Mな私と、Sなエリ先輩、相性はバッチリでした。
性癖も共通の部分が多くあったので、手足を縛られて犯されたりするプレイや、仕事を終えてエリ先輩がお風呂に入る前の臭うパンストの足先をペロペロ舐めさせられたり、一日穿いてたパンティでオナニーさせられたり・・・。
部屋では首輪がマストアイテムでしたし、とっても充実した奴隷の日々でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛玩関係

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン