新着情報

自慢の彼女がいつの間にかお尻を開発されていた

この体験談は約 7 分で読めます。

もう時効だから書く。
昔付き合ってた彼女が浮気してる気がしてどうしようもなかったから、彼女の部屋に隠しカメラを設置したんだ。

彼女は25歳で佐々木希似の超可愛い自慢の彼女だった。
肌は透き通るように白くて、乳首もアソコの色素も超薄くてピンク色。
お尻も引き締まってツンと吊り上ってて、脚も長くて綺麗で、本当に芸能人レベルの容姿だった。
性格も大人しくて清純で、浮気するなんて信じられなかったけど、明らかに言動がおかしい感じがして、俺も常軌を逸してたと思うけど、そういう行動をしてしまったんだ。

カメラを設置して1週間後にカメラを回収したんだけど、どうやら気づかれてないようだった。
家に帰って再生した時は、今までの人生で最高に緊張したな。
もちろん、“彼女以外は何も映っていないでくれ”って祈っていたんだけど、願いは打ち砕かれたよ。

3日目の夜に彼女の部屋に男が入ってきたんだ。
見るからに柄の悪い、いかつい男だった。
どうして彼女がこんな男と知り合ったのか理解できなかったけど、とにかく現実なんだからしょうがない。

男は入ってくるなり彼女の口を奪って、ドロッドロのディープキスをしたんだ。
彼女も抵抗することもなく受け入れていた。
男は唾を飲ますのが好きみたいで執拗に唾を飲ませてるようだった。
それから男は大量に酒を飲みながら、セクシーな下着姿の彼女に当時流行っていたアイドルの歌を振りつきで歌わせたり、口移しで酒を飲ませたり、やりたい放題してた。
彼女は男の言いなりで、普段俺が知っている清純で大人しい彼女とはとても思えなかったな。

そして男が自分の鞄から頑丈そうな紐を取り出して、彼女の両手をきつく縛ったんだ。
彼女は縛られる時に「嫌、縛らないで普通に抱いて」って言ってたんだけど、男は「いつも縛られてヨガリ狂ってるくせに何言ってるんだ」って手際よく縛りあげてた。
彼女を立たせて男が後ろから纏わりついて、うなじや耳、背中をねちっこく舐めて、時折胸を揉んで乳首をソフトに弄って、アソコもいやらしく触って、彼女は男の愛撫にメロメロだった。

男は言葉でも「嫌がってたくせに乳首はビンビンだし、マンコもびしょ濡れじゃんかよ」って、彼女をいたぶってた。

彼女は何も言い返せずに、色っぽい喘ぎ声をあげながら切なげな表情で男にされるがままだった。
その表情は俺とのエッチでは見たこともない色っぽさで、俺は情けないけどすでに一回果ててた。

さんざんいたぶってから男は彼女を跪かせて、目の前にチンポを突きつけたんだ。
男のソレは20センチ近くあって、とにかく凄いとしか言いようがないモノだったな。
男のチンポを目の前にするとうっとりとした表情になって、彼女が自分から咥えにいったのには驚いた。
俺との時は嫌がってなかなか咥えてくれなかったのに、嫉妬で狂いそうになったよ。
男はその凶暴なチンポを彼女の喉奥に突き入れて、AVでしか見たことのないような激しいイラマチオを強要してた。
彼女も調教済なのか、男の剛棒を受け入れながら舌でねちっこく愛撫を加えてるようで、男は本当に気持ちよさそうに、「いいぞ、本当に上手くなりやがって、お前の口マンコ最高だぞ」って口元を緩めながら叫んでた。

何回か射精寸前まで追い込んでからようやく開放されて、いよいよ男がハメにかかった。
男は根っからのドSみたいで、チンポを彼女のマンコに何回も擦りつけて焦らしに焦らしていた。

男「マンコぐっしょぐしょじゃねか、早くハメて欲しいんだろ。いつもみたいにおねだりしろよ」

それでも彼女は最後の恥じらいがあるみたいで、顔を真っ赤にして切なげな表情をしながら、「意地悪言わないで早く入れて」って男に精一杯の抵抗をしてたけど、結局男の焦らしに屈して、「私のエッチなオマンコにチンポ入れてください」って言わされた。

その後はもう男にされるがままで、男の凶暴なチンポとテクニックにイカされまくって、最後は男の膝上に抱かれながらアナルに指を入れられて、強引に口を奪われて唾を飲まされながら、今まで聞いた事のないような信じられないぐらいエロい喘ぎ声をあげて中出しされて気を失ってた。

2日後に更に衝撃的な映像が映ってた。
その日も男が来ていて、酒を飲みながら下着姿の彼女とイチャついていた。
しばらくして鞄から紐を取り出して彼女の両手を後ろ手に縛り上げて、次に浣腸器を取り出したんだ。
浣腸器なんてAVでしか見たことがなかったし、まさか真面目で清純な彼女がそこまで調教されてるなんて本当に衝撃的だった。
さすがに彼女も浣腸器を見たら顔色が変わって、「お願いそれだけは止めて、本当に嫌なの」って泣きそうな顔で懇願してた。

だけど男は一切無視して、「もう何回も経験して、この味も覚えてきただろうが。今日はアナルでイカせてやるから期待してろ」って、黙々と浣腸の用意をしてた。

男は彼女を四つん這いの姿勢にさせて、綺麗なアナルにクリームをたっぷりと塗りつけていやらしくマッサージをしながら、「お前のアナルもだいぶ開いてきたな、マッサージされるだけで堪らなくなってるんだろ」って言葉でいたぶってた。
彼女は観念したのか何も言い返さず、喘ぎ声をあげてされるがままだった。
それから男は手際よく浣腸器を操って、かなり大量の浣腸液をアナルに注ぎこんだんだ。

浣腸が終わってから男は彼女の前に仁王立ちになって、既にビンビンに猛り勃った凶悪なチンポを彼女の目の前に突きつけた。
彼女はうっとりとした表情で自分から喉奥までチンポを咥えながら、舌で濃厚な愛撫も加えてて、男は気持ちよさそうに、「浣腸されながらチンポをしゃぶるの大好きだろ、もうマンコぐしょぐしょなんだろうが」って満足そうに彼女を見下ろしていた。

しばらくして浣腸が効いてきたみたいで、彼女のお尻が切なげに動き出した。

男「もう効いてきたのか、もうちょっと我慢しろよ。我慢すればするほど出したときの快感も大きんだからな」

そう言って更に激しくチンポを喉奥に突き入れてた。

彼女「もう無理です、したいんです、お願い」

ついに彼女も限界がきたみたいだった。

男「何がしたいんだ、ちゃんと言わないと分からないだろうが」

そう言うと意地悪く彼女の下腹を押した。

彼女「言うからやめて。漏れちゃうの、ウンチがしたいんです、お願いだからさせて」

あの清純な彼女がこんな下品な事を言うなんて、本当に衝撃で頭がクラクラした。
同時に彼女をここまで調教した男に恐怖を覚えたな。

男「しょうがねぇな、じゃあウンチさせてやるよ」

そう言って、男は洗面器を持ってきた。
トイレじゃなくて目の前で洗面器にさせるつもりらしい。

さすがに彼女は「嫌よ、お願いだからトイレでさせて。本当に恥ずかしいのよ」って抵抗したけど、「もう何回もこうやって目の前で出してるだろ、お前と俺の仲じゃねぇか。臭くても嫌いになったりしねぇからよ」って男はトイレに行かせはしなかった。

彼女も観念したのか、しくしく泣きながら男の目の前で洗面器に大量の糞便をひり出した。
初めて見る彼女の排便姿は衝撃を超えて、頭が真っ白になった。
本当に信じられない光景だった。

男「あー臭い臭い、どんなに可愛い女でも糞は堪らなく臭ぇな。何食ったらこんな臭い糞が出るんだ」

男は言葉でいたぶりながら嬉しそうだった。
悪魔のような男だと思った。
彼女は泣きながら長い長い排便を終えた。
それから男が彼女のアナルを丁寧に綺麗にして、いよいよアナルセックスの準備に入った。
まず潤滑クリームを丹念にアナルに塗りこんでマッサージをした。

男「浣腸した後のマッサージは最高に気持ちいいだろ」

そう言って男はねちっこくアナルをほぐしていった。
それからアナルバイブを取り出して突き入れて言った。

男「だいぶスムーズに入るようになったな、もうこの味を覚えて病みつきなんじゃないのか」

そう言いながら巧みにバイブを操って彼女を狂わせてた。
アナルをいたぶりながら、マンコのほうも弄って、「マン汁も凄いじゃねぇか、お前本当にドMの変態になっちゃったな」って更に彼女をよがり狂わせていった。

男「そろそろ我慢できなくなってきたんだろ、早くハメて欲しいんじゃないのか」

男は意地悪く言いながら、ビンビンの凶悪なチンポを彼女のマンコに擦りつけて、焦らしていた。
彼女は喘ぎながら切なげにお尻を動かして・・・。

彼女「もう焦らさないで入れてちょうだい。欲しいのよ、お願い」

彼女は無茶苦茶エロい表情で男に懇願した。
それでも男はまだ焦らして・・・。

男「マンコかアナルか最初はどっちに欲しいんだ」

そう言ってチンポを尻に叩きつけた。

彼女「オマンコに入れて。早くちょうだい。もう我慢できないよ。お願いだから」

泣きそうな声でのおねだりだった。
ようやく男の特大のチンポが彼女の中に突き入れられた。

彼女「いい、いいのよ、たまらない、好き、大好きよ」

そんな言葉を発しながら彼女はよがり狂って、早くも絶頂を迎えようとしていた。
彼女がイク寸前で男は意地悪くチンポを引き抜いた。

彼女「嫌、やめないでイカせてお願いよ」

彼女は切羽詰った声で叫んだ。

男「凄ぇな、真っ白なマン汁がべっとりついてるぜ」

彼女「どうして、早く入れてちょうだい意地悪しないで」

焦らしに焦らされてようやくイク寸前にお預けを食らった彼女は必死だった。

男「今日の1発目はアナルって決めてるんだよ」

男はそう言っていよいよアナルにチンポを擦り付けた。

彼女「怖いわ、お尻は嫌なのよ。オマンコで我慢して」

男「何言ってるんだ、この前はアナルでよがり狂って初めてイッたじゃねぇか。本当はアナルに欲しくてしょうがねぇんだろうが」

そう言いながら男の剛棒が彼女の可憐なアナルに突き刺さっていった。

彼女「痛い、無理よ、本当に痛いのよ」

男「最初だけだから我慢しろ、すぐに気持ちよくなるからよ」

遂に男の特大のチンポが彼女のアナルにずっぽりとハマった。
そしてゆっくりと抜き差しが始まって、彼女の様子もだんだん変化してきた。
最初は痛がって泣き叫んでたのが、今まで聞いたことのないような低い声の喘ぎ声に変わっていった。

男「だんだん良くなってきただろ、この前もこうやってイキ狂ったじゃねぇかよ」

男はそう言いながら抜き差しのスピードをどんどん速めていった。
もう彼女はアナルセックスの快感に完全に溺れていた。
男の特大のチンポをずっぽりと小さなアナルに受け入れて、男の巧みなテクニックで完全に理性を吹き飛ばされていた。

男「お前、完全にアナルの味を覚えたな。マンコよりも全然いいだろうが」

彼女「いい、お尻感じちゃうよ、おかしくなっちゃうよ」

男「こんなに気持ちいいこと教えてもらったんだから、俺様に感謝しろよ」

彼女「うん、好きよ愛してる」

こんな会話をしながら二人はアナルセックスの快感に酔いしれていた。
いよいよ男の射精が近づいたようで動きが一際早くなっていった。

男「いいぞ、お前のアナル最高だよ。チンポが溶けそうだぜ」

彼女「私もイキそうだよ。お尻の穴がとけちゃうよ」

男「中に出すぞ、イク、おお~」

そう叫んで男が果てた。

彼女「イク、イク、だめイッちゃうよ、お尻でまたイッちゃうよ」

そう叫んで彼女も痙攣した。

ビデオを見終わった時は精魂尽き果てて、抜け殻のようになっちゃったよ。
未だに現実とは思えないけどね。

彼女とはその後すぐに別れた。
彼女も理由はわかってたと思う。
彼女がどうなったかは知らない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Number

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン