新着情報

保健室の先生に口でしてもらった

この体験談は約 3 分で読めます。

中学3年生の夏休み明けのこと。
学校で水泳大会があって、私は100mのクロールやリレー等の種目に参加する予定でいた。
しかし最初の種目に出場した後、気分が悪くなり保健室に行くことになってしまった。

保健室では養護の先生(30歳位の女の先生)がいて、ベッドでしばらく休むように言われた。
濡れた体をタオルで拭いて、濡れた水着とサポーターを脱いで先生に渡してベッドに入ると、先生が保健室に干してくれた。

しばらく休んでだいぶ気分が良くなった頃、女生徒が保健室に来て、水着を脱いで衝立てを挟んだ隣のベッドに休む事になった。
見ることは出来ないが、すぐ隣に全裸の女の子がいると思うだけで興奮して、気分が悪いのも完全に吹き飛んでしまった。

先生が保健室から出て行く気配がしたので、衝立ての隙間から覗いたら、隣の娘は青白い顔色に紫の唇で寝ていた。
(顔に見覚えがなかったので、たぶん1年生か2年生)
体は毛布に包まれていて全く見えないが、この毛布の下に全裸の女体があると思うと物凄く興奮した。

小さい声で、「大丈夫?」と聞いたが返事が無く、眠っているようだった。
ペニスは完全に勃起していて、全裸だったが、そっと近づいていった。
眠っている女の子の顔先に勃起したペニスを近づけると一層興奮して、オナニーをしたくなり、ティッシュペーパーが無いか周りを探した。
その時に保健室のドアの開く音がして、慌てて元のベッドに飛び込んで寝たフリをした。

先生が戻って来て、私の所に来ると、「気分はどう?」と聞いてきた。
私は眠っているフリをしたが、興奮しきっている中学3年生に先生を騙せるわけがない。
勃起したペニスで持ち上げられている毛布の盛り上がりを見つけると、先生は毛布の中に手を入れてきて、勃起を握ったのだ。
毛布を跳ね除けると、「すっかり元気そうじゃない。なんか悪い事してなかった?」と言いながら軽くペニスを擦ってきた。

普段の自分でするオナニーの何倍もの快感に、「ウッ」と小さな声をあげると、先生はポケットからハンカチを取り出してペニスに宛てがい、大量に飛び散った精液を受け止めてくれた。
先生はペニスを丁寧に拭ってくれてからハンカチをポケットにしまい、何事もなかったように、「もうしばらく休んでいきなさい」と言って出て行ってしまった。

興奮冷めやらぬ感じでしばらく休んでいたら先生が戻って来て、「水泳大会終わったから、教室に戻りなさい」と干していた水泳着を渡してくれた。
先生がいて毛布から出れないでいたが、「すぐ着て戻りなさい」と言われた為、思い切って先生の前で毛布から出た。
先程は興奮して夢中だったが、今は冷静だったので先生にペニスを見られてすごく恥ずかしかった。

しかし、なぜかあっと言う間に勃起して、私のペニスは元気に真上を向いてしまった。
先生は、「まだこんなに元気なの?」と言うと私に近づいてきて、優しくペニスを握ると、私の耳元で「みんなには内緒よ」と前にしゃがんでしゃぶってくれた。
初めてのフェラチオ。
先生にしてもらうフェラチオ。
すぐ隣に女生徒がいる。
色んなことに興奮して、あっと言う間に先生の口に射精してしまった。
膝がガクガクした。

先生は射精後に精液を全て舐め取ってくれたが、相変わらず真上を向いているペニスを見ながら、「もう今日は終わり」と保健室を追い出されてしまった。

その後、卒業までの半年間、私は週に2~3回は放課後に保健室に行って、誰もいない時は先生にペニスを舐めてもらうようになった。
(先生は毎回、精液を飲んでくれた)

中学時代の良き思い出であるが、中学生の悲しさで、こちらからは一切手を出す事が出来ず、SEXまで発展する事もなかった。
だけど、なんで先生は私にそんなことをしてくれたのか?
単純に精液を飲む事が好きだったのか、発情真っ只中の童貞中学生を可哀想に思っただけなのか、今もって理由はわからない・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

クンニ同好会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン