新着情報

山ガールと尾根筋で立ちバック

この体験談は約 3 分で読めます。

山仲間の女友達がいるんだ。
もう10年くらいの付き合いで、2人で登りに行くなんてのも普通。
混浴露天なんてのも経験あるが、それまでは体の関係なしの清い友達関係だった。

それが今年になって車中泊の時に寒くてくっついて寝てて、なんか盛り上がってしまって、貪り合ってしまった。
ゴムなかったんで挿入なしだったけどね。
朝起きて気まずいのなんのって。
やらかしちゃったなぁって後悔したのだけど、お互い事情もあるし、『エロい夢を見たね』くらいの感じで、それ以後何もなく知らんぷり続けたっていうのが前ふり。

春になって新緑でも見に行こうかという事で、マイナーな低山に2人で行くことになった。
ちょっとハードなハイキングくらいで心地よい汗をかいて山頂着。
陽射しは暖かかったのだけど、風が強くて岩影に避難。
狭いところなので密着して腰を下ろすと、風の音と彼女の息遣いしかしない。

ふと、前の時を思い出しちゃった。
チラッと見ると彼女もこっちを見てた。

彼女「何?」

俺「いや、別に」

腕の柔らかい感触が生々しいのでちょっと離れようとすると、離れるなって感じで彼女がくっついてきて、「何よ?」と。
立ってましたとも、ハイ。

俺「ちょっと思い出しただけだよ」

そしたら「エッチなこと考えてたでしょ」とか言って俺の股間に手を伸ばしてきたんだ。

正直ビックリした。
そりゃ確かに前にエロいことしたけど、普段はそんなキャラじゃないんだ。

俺「おいおい、ちょっと」

勃起したチンチンをガシッと握られ、焦り気味の俺を尻目に“関心があるのはここなの”と言わんばかりに顔を近づけて、「前もしたし、いいじゃん」とか言ってチャックを下ろして引っ張り出してパクリと!

おいおい、平気なのかよ?
ガチで臭いだろとは思ったものの、丁重に舐められて、まあ気持ちいいからいいかとw

ところが陽射しは暖かいけど、まだ寒いわけよ。
唾液が竿を伝わって玉まで濡れてくるとヒンヤリして集中できない。

10分くらいしてもらってたかな。
もういいやと思って彼女を引き剥がしてキスをし、チンチンを納めようとしたが握って離してくれないので、タイツの上から股の愛撫に。
山用のタイツって、ピッチリししてて固くて、プロテクターかよって感じで触りにくいのだけど、何とか手を潜りこませると熱く濡れた割れ目が!
指先で掬ってクリを優しくコネコネするといい声で鳴いてくれる。
でもここじゃできないもんなぁと思いつつ、そのまま続けているとビクビクって腰を震わせてイッちゃった。

しばらく俺に抱かれてぐったりしていたと思ったら、「次はそっちね」とフェラ再開。
俺も興奮してたんで、今度は寒さも気にならずイケるかな、と思ったところで遠くから話し声が聞こえてきた。
誰か登って来るらしく、彼女は俺を上目遣いに、『イケそう?』と言いたげな視線を投げてくる。
俺は諦めて彼女にやめてもらった。

すぐにジジババ団体が登ってきて、山頂を占領して傍若無人に昼飯を食い出し、俺と女友達は苦笑いして昼飯を食べた。

ジジババどもが去り、しばらくして、じゃあ行きますかと腰を上げ、下山を始めたんだけど、「腰が重い」とか言いつつ彼女は何か嬉しそうで、歩いてる途中で俺のケツを触ったり股の間に手を入れたりして挑発してくるんだよ。
(彼女は後ろを歩いてる)

我慢できなくなって、違う尾根筋に引っ張りこんでイチャイチャ再開。
藪の中なんで彼女が跪いての仁王立ちフェラ。
更に我慢ができなくなって、木を掴まらせてタイツを下ろして後ろから突きまくった。
さすがに理性が残っていたんで草の上に出したんだが、落ち着いた後にそれを見た彼女が一言。

彼女「飲んであげたのに」

で、帰りの車の中でずっとフェラされてた。
さすがに車中ではイケなかったけど、その後ラブホでたっぷり飲ませた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

お隣さん

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン