新着情報

変態に育ちすぎた彼女に職場の上司を誘惑させてみた

この体験談は約 3 分で読めます。

元彼女の話を。
彼女の名前はA子にしとく。

付き合った時は性に疎い娘だった。
だけど、1年も付き合ったらこっちが本当にイライラする位に変態になっちゃって、もう自分にはもう無理と思ったから、誰かに寝取らせて別れちまえって、最低の方法を取ったんだ。

決意した時にはもう別れたくて必死だったから、作戦を練ったりとかは全然しなくて、「A子が誰かとしてるのを見たい」っていう内容を色んな理由を付けて説明した。
最初は、「え?」「なんで?」みたいな事言ってたけど、思いのほか早く「・・・分かった。やってみる」ってなった。

目標は別れる事だったから、大した作戦も練らなかった。
簡単に言うと、『誘惑する→行為する→証拠の写真を撮る』だけ。
その時は行為を生で見ようなんて思わなかったから写真で十分だった。

で、誘惑する相手はA子の職場の上司に決まった。
この上司はバツ2の独身で、A子が入社してからもよくご飯を誘ってくるような人で、今回の作戦にピッタリな人間だと思った。
その上司はいわゆるカッコいい年の取り方をしてる人らしくて、話をしてる時もA子はそんなに嫌がっていないように見えなかった。

で、作戦当日、A子がどうしたら誘惑出来るか相談してきたから・・・。

「自分が一番変態だと思う誘い方してみたら?」

我ながら適当なアドバイスだと思ったけど、A子は「分かった」って言って会社に行った。

で、その日、自分が帰ってくるとA子がいない。
残業かな?って思ってたけど、結局その日は帰って来なくて、次の日(祝日だったかな?)のお昼くらいに帰って来た。

「どこ行ってたの?」って聞いたら、A子はよく分からん微妙な顔をして、スマホで1枚の写真を見せて来た。

それはベッドの上で全裸で目隠しをして、膝立ちしてるA子だった。
最初理解出来なかったけど、作戦を実行し、成功したって事だった。

その日の事を出来るだけ詳しく聞いた。
まず、誘惑の方法。
何かの書類を回すのと一緒に付箋で、『相談があります。夕飯行きませんか?』と伝えたらしい。
そしたら、会社のメールでOKの返信が来たらしく、夕飯へ行った。

で、夕飯の時なんだけど、A子は下着を脱いで行ったそうだ。
聞いた時は理解出来なくて正直引いたけど、A子の作戦は、『食事中に下着を着けてないのがバレる→その気になる』っていうシンプルな作戦だった。
まぁ、言ってる事は分かる。
けど、気づかなかったらどうするつもりだったか聞くと、そこまでは考えてなかったらしい。
わざとらしく前屈みになったり、階段の上を歩いたり、箸を落としたりしたらしい。

「恥ずかしかった」とは言ってたけど、そんなレベルじゃないだろと思った。

結果として意図(?)が伝わり、ホテルに行き、行為に及んだ。
他の写真について聞くと、また恥ずかしがってるような、怒ってるような変な顔をして今度は隠そうとしたから、ほぼ奪うような形で写真を見た。
そしたら、自分が思っていたよりもずっと多く写真を撮っていた。

簡単にまとめると・・・。
・たぶん、飲食店のトイレで自撮りしたと思う、半裸(上半身)の写真。
・車の中で、今度は下に何も穿いていない写真。
・ホテルのテーブルの上で全裸で四つん這いの写真。
・放尿写真。

なんて口説かれれば、こんなAVみたいな事が出来るんだ?と思うくらい、ひどい写真が30枚くらいあった気がする。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレラブ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン