新着情報

私の顔写真にザーメンぶっかける顔射フェチの彼氏

この体験談は約 3 分で読めます。

私の彼氏は顔射フェチなんです。
私はそういうの全然好きじゃないんですけど、でも彼氏が毎回、「顔面に精液をぶっかけたい!」って言うんですよ。

顔に生温かいザーメンがかかる感じ、そして匂い、それは我慢できるんだけど・・・。
鼻の穴に入ってきたり、目が開けられなかったり、何より髪の毛に付くのが本当に嫌。
でも大好きな彼氏だし、はっきり断りにくくて、毎回エッチの時は顔射させてあげてました。

ある日、彼が“ラミネーター”を買ってきました。
紙を透明のフィルムで閉じて、防水みたいにするやつ。
そして私の顔をデジカメで何枚か撮って、アップでプリントして、ラミネートしてた。
何するのか聞いても、「いいからいいから」と言うだけで教えてくれない。
エッチで彼がイク直前に、彼はその写真を取り出して、思い切り精子をかけてた。
びっくりして理由を聞いたら・・・。

「お前が顔射を嫌がってるのは分かってた。これからは写真で我慢する、今までゴメン」

私の事、ちゃんと考えてくれてたんだと嬉しくなって、初めて自分からお掃除フェラというのをした。

その後、私の顔写真のバリエーションも増えました。
目が開いてたり閉じてたり、口を開けて舌を出していたり。

ある日、彼が出張の時、その写真を持っていくと言い出したので猛反対。

「そんな恥ずかしいもの、外に持ち出さないで!」と。

「どこにいてもお前に顔射したいんだ!ダメなら出張先で風俗行くからな!」

内緒で行く程度なら風俗は許せるけど、そんな風に公言されると良い気持ちはしません。
だから、「A3で大きいのがプリント出来るプリンタ買ってあげるから」って言ったら、「本当に!それなら実物大でプリントできる!」って喜んで、思い留まってくれました。

皮肉なことに、こんな彼と別れてから顔射が懐かしくなって、新しく出来た彼に、「顔にかけてもいいよ」って言ったらドン引きされました。

元彼と別れる時、私の写真は全部取り上げたけど、だいぶ後になって、データ消させないと意味がなかったことに気付きました。
目的を知らなければただの変顔写真集なんだけど、公開されたら恥ずかしいし、心配になって元彼に連絡。
心配していた私のデータは消してくれていたけど、その代わり、アイドルの顔写真を顔射ごっこ用にコレクションしてた。

(ちょっとマニアック過ぎるでしょ!)

そう思いながらも、なぜか消してて欲しいと思っていたはずなのに、「何で私の使わないの!」って怒ってしまいました。
その瞬間に、(あ、この人と結婚したい)って思いました。

そして、結婚しました。

今では夫になった彼とのエッチでは、“顔射用伊達メガネ”を掛けるようになりました。
今では私も顔射が大好きになった変態妻ですw

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ペアレッスン

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン