新着情報

某出会い系サイトで釣ったビッチな黒ギャル

この体験談は約 4 分で読めます。

先月の話・・・。

その黒ギャルは某出会い系サイトで釣って、すぐ直メできる様になった。
基本、俺はサイト内でもエロ全開で行くから、メールしてくるのはそれなりに興味がある子だ。
写メ交換もスムーズにこなし、お互い及第点だったので会うことに。
ちなみにメールで聞き出したところ、結構なヤリマンっぽかった。

休日に会うのは面倒臭いので、基本仕事終わりに呼び出す。
ちょうど俺の通勤路線にホテル街があるので、そこで待ち合わせをした。
写メは及第点でもモンスターが来ることもあるので、いざとなったら逃げられる場所で待ち合わせをするのだが、黒ギャルは車で来るそうなので逃げ様がなかった。
その時は俺も溜まっていたので、多少ブサイクでもヤル気だった。

約束の時間より少し遅れて黒ギャルから入電。
ギャル系の女って時間にルーズなのばっかりな気がするのは俺だけだろうか。
車種を教えてもらい、探すこと数秒。
それっぽいのが停まっているのを発見。
外から確認しようと思ったけど、夜なのであんまり見えない。
意を決して助手席を開けてみた。

俺「やっほー。おつかれ~」

黒「おつかれさまー」

ようやくここで黒ギャルの容姿が確認できた。
雑誌とかに出てくる黒ギャル、とまではいかないが、ビッチ臭のする感じだった。
体型もなかなかスレンダーな割に、出るとこは出ている。

黒「ねぇねぇ。ほんとホテルいくのー?」

俺「当たり前じゃーん!もしかしてブサイクやからイヤになった?」

黒「そんなことないけどー。いきなりーって感じだし」

俺「いきなりでもいいじゃん、いこいこ」

黒「ホテルの場所とかわかんないよー」

俺「俺知ってるからー。車出して」

黒「結構遊んでるんでしょー」

俺「んなことないッスよ、黒ギャルさん程じゃ」

・・・とかバカなことを言いながら、ホテルへ向かわせる。

適当にホテルを選んで入る。
相手が多少戸惑っていてもガンガン進んでいけば大概なんとかなる。

適当に選んだホテルの、適当な部屋に入り小休止。
適当に世間話をしながら、ちょっとずつ打ち解けた雰囲気になっていく。

頃合いを見て、髪とか撫でたりしながらセックスへ。
最初にキスしてあげるとあっさり堕ちる子が多いので、最初はキスから。
ゆーっくり時間をかけてちょっと焦らす。

目がとろーんとしてきたところで、首→耳の順番で攻める。
素人はいきなりおっぱいに手を出して失敗するが、黒ギャルは首がお好きなようで、重点的に攻めると色っぽい声が出てきた。
そこでやっと服の上からおっぱいをなぞる様に撫で回す。
ちょっとずつ力を入れていき、頃合いを見て服を脱がした。

着痩せするのか生のおっぱいはなかなかのボリュームがあった。
歳の割りに垂れてもおらず、乳首もきれいだった。
服の上からの刺激で物足りなかったのか、すでに乳首は立っていた。

しかし、焦らし好きの俺は乳首に触れないように、そーっと舌でおっぱいを舐める。
乳首の近くまで舐めるんだけど、絶対に乳首には触れない。
それを2、3分続けると、黒ギャルの方から哀願してきた。
そこでやっと、軽ーく舌で乳首に触れてみる。
まだ舌で弾くようには舐めない。

それを繰り返していると、「もっと強くして」と黒ギャルから再度お願いが。

待ってました!と言わんばかりに乳首を舌で弾いたり吸ったり甘噛みしたり・・・。
どんどん声が大きくなる黒ギャル。
さすがに遊んでるだけあって感度はいい・・・。
マンコくぱぁさせると、すでに大洪水なのが触らなくてもわかるくらい濡れていた。

素人はここですぐに入れようとするが、俺は“一度イカせてからじゃないと入れない”という変なポリシーがあるので、まずはイカせることにした。

クリ攻めと手マンをやってみると、どうやら中の方が好きなようなので手マンでイカせることにした。
一口に手マンと言っても、気持ちいいポイントは人によって違う気がする。
あくまで俺の感覚だが、ちょっとザラッとした所か、奥のなんかちょっと固い所を弄るとイク子が多い。
黒ギャルはザラッとした所が好きなようで、そこに触れると一段と声が大きくなる。
乳首の時と同じ様に、感じるポイントを見つけた後はゆっくり焦らしながらその周辺を刺激する。
よっぽど焦れているのか黒ギャルは刺激を求めるように腰を動かしてくる。
若干の言葉責めを交えながら刺激を強めていくと、甘い声がより一層大きくなり、呆気なくイッてしまった。

俺は鬼畜なのでイクまでは焦らすが、イッたら連続でイカせるのが好きなんだ。
なので、手マン続行。
あんまりやり過ぎるとセックスの前に女の体力が無くなるので良い子は程ほどにね!

2回イカせたところで攻守交替。
お返しとばかりに黒ギャルが乳首舐め&手コキで攻めてくる。
遊んでるだけあって手付きがかなりエロい。
男のツボを的確に捉え、弱すぎず強すぎず、ちょうどいい感覚の手コキ。
不覚にも我慢汁が少し出たところでフェラーリ開始。
涎をジュルジュルと垂らしながら丹念に玉の裏まで舐めてくる。

もっとフェラの感触を堪能したかったのだが、黒ギャルが不意にチンコから口を離す。

涎でニュルニュルになったチンコを高速手コキしながら、「もう入れるね」とビッチらしい発言。

ゴムを装着させられ、騎乗位で挿入。
黒ギャルは奥をゴリゴリされるのが好きらしく、擦りつける様に腰を振る。
経験者はわかると思うが、男はあんまり気持ち良くない。
なので、黒ギャルが夢中で腰を振っている途中で下から容赦なく突き上げる。
すると、呆気なく黒ギャルはイッてしまい倒れ込んできた。

黒ギャルの体力が無くなってきたので、次はバックに。
尻だけを高く上げさせ、一気に奥まで挿入。
今までの女からの感想では、騎乗位とバックが一番奥まで届くらしいので、奥が好きな黒ギャルはバックからガンガン奥まで突いてあげた。
よっぽど気持ちいいのか黒ギャルは、「もうだめぇぇ」とか言いながら喘いでいる。
あんまりやり過ぎると俺がイク前にギブアップされるので、体位を正常位に変え、ゴムの中にフィニッシュ。

結局、この日黒ギャルとは3回ヤッた。
3回目はゴムが無くなったので、生外出しで飲ませた。

「クセになりそぉ」と言っていた黒ギャルはやっぱりビッチだった。

今は上物のギャルを釣ったのでもう会ってないが・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻ネットワーク

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン