新着情報

恐~い女上司に中出し三昧

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は最近異動した部署の女上司、知美(35歳、独身)から何度か社内メールで誘われていた。
でも、職場で男女かまわず怒鳴りつける知美にビビっていて、何とかうまくかわしていた。
周りの同僚からも、「知美はお前(俺)に気がある」とチャカされていたが、職場での印象が強すぎて敬遠していた。
知美は顔もスタイルもいいが、その男勝りな性格のせいか、彼氏ができてもいつも半年ももたずにフラれているようだった。
そんな知美から毎週のようにお誘いメールが届いて、1ヶ月もするとさすがに断る理由も無くなって、ついに先週末にデートする事になった。

待ち合わせの場所に行くとすぐに知美が来たが、その外見は会社とは打って変わって女らしく、メイクも決まっていて、そのギャップに心を掴まれた。
とりあえず歩いてイタリアンレストランに入り、軽いディナーとワインで酔っ払い、店を替えて話の出来そうな静かなBARに入ってまた飲んだ。
やはり知美は俺に惚れていて、俺にも判るくらい緊張気味でたまにドモったりしていた。

知美の外見は好きなタイプだったし、酒の勢いも手伝って、「知美さんの部屋に入ってみたいなぁ」なんて調子に乗って甘えてみたら、すんなり「いいよ、結構近いから家で飲む?」って流れになった。

途中で酒を買って知美のマンションで飲み直した。
当然のように2人の距離はどちらからともなくだんだん縮まっていって、ついにはぴったりくっ付いて、肩と肩が当たる距離で並んでTVを見ながらの飲みになった。
話すたびにお互いの顔が近く感じて、キスしそうでしない、みたいな雰囲気のまましばらくすると、知美が目を閉じて誘ってきた。
その誘いに乗って、そのままキス。
1度目は軽く、2度目は一気に舌を絡ませての激しいベロチュー。
お互いのテンションも一気に上がって、そのまま知美を押し倒して服の上から乳やマンコを刺激すると、たちまちパンツまでグショグショになった。

服を脱がせようとすると、「待って、ベッド行こ」と誘われて寝室へ。
そこで知美を裸にすると35歳とは思えない見事なプロポーション。
バストもDカップくらいでちょうどいい大きさ。
俺も服を脱いで、酒のせいでまだ半起ちのチンポを知美の前に差し出すと、パクっと咥えてくれて会社での立場が一転した。
仁王立ちフェラで知美の頭を持って前後に動かすと、苦しそうに顔を歪めていた。
知美が俺のチンポをフェラしているのを見ると、それだけで興奮してギン立ち。
知美を寝かせると、「ゴムして」とベッドの引き出しからゴムを差し出してきた。
ゴムを着けて知美の中に入れると、ビックリするくらい大きな声でアンアン喘いできて、20分もしない間に2回も身体を痙攣させてイッていた。
俺は今までそんなに経験豊富なわけでもなかったし、挿入のみでイカせたことも無かったから、よっぽど知美が感じやすいか気持ちが入っていたんだと思う。

挿入から30分を過ぎたあたりで知美が、「ねぇ、まだイカないの?」と辛そうな顔で聞いてきた。

「酒も入っているし、ゴムも着けてるからなかなかイケない」と答えると、「じゃあゴム取っていいよ、でも中には出さないでね」と言ってきたので、ゴムを外して生で知美の中にチンポを入れた。

すると、途端に知美の感じ方も激しくなって、「アアア、すごいやっぱり生気持ち良い」と乱れだして、すぐにまた身体を痙攣させてイッた。
年のせいか、さすがに3度もイクと知美もヘロヘロになってきて、身体の快感に心がついてこない感じで、股もダランとだらしなく開きっぱなしで、ただ俺の突きに合わせてアンアン声だけ出していた。
会社ではドSな知美が俺のチンポをしゃぶり、3回もイッてヘロヘロになっている姿に、肉体よりも精神的に興奮して一気に俺もイキそうになった。

「知美さん、そろそろイキそう」と知美に伝えると、「イッて、早くイッて」と、もう限界って感じの目で訴えてきた。

「知美さん、どこに出したらいい?」と聞くと、「どこでもいいから早くイッて、またイッちゃいそう~」と乱れてきた。

「え?どこでもって・・・中でもいいの?」と聞くと、「中はダメ、早くイッて、ホントにもうダメ~」と言って自分からも腰を使ってきて、俺も限界で、「どこ?どこ?」って聞いても、「イクイク~、もうどこでもいいから早く出して~」って言いながら痙攣して4度目の絶頂。
それに合わせて俺もそのまま中出し。
めっちゃ気持ちよくて、出してる間も知美の顔を見て興奮して、ドクン、ドクンといつもよりも力強く中出し。

全部出し切り、知美も痙攣が収まり、2人とも素に戻ると、知美が「ヤ~っ、中ダメって言ったのに・・・中、温かい」と言って睨みつけてきた。

「すません、どこでもいいって言われたから・・・」と言い訳してると、「もう、出しちゃったものはしょうがないよ、私も気持ちよかったし、でもえっち上手だね」と、カドがとれたように甘えてきた。

逆に俺は冷静になって、「中で出して大丈夫ですか?」って聞いたら、「ん~判んない、中で出したのなんて何年かぶりだし・・・でもK君のならいいよ」って俺の首に腕を回してキスしてきた。

最初はそんな気はさらさら無かったのに、デートから一気に中出しまでしてしまって、俺に甘えてくる知美が妙に可愛く思えて、「俺の女になって下さい」と言ってしまった。
知美も満面の笑みで「うん」と答えて、「でも、すっごい順序おかしいよ」って笑っていた。

それから知美を抱き上げてベッドから下ろし、フローリングの床でチンポを抜くとドロ~っと精子が逆流してきた。
知美にティッシュを渡すと、溢れ出るマンコに指を入れて精子を掻き出して、「うわ~っ、こんなにいっぱい・・・」と精子をマジマジと観察していた。

「本当にごめん」と謝ると、「ううん、私でいっぱい感じてくれて嬉しいよ、でも・・・出来ちゃうかもね」と言ってニヤッと笑った。

結局その日は知美の家に泊まり、シャワーして寝る前にもう1回戦、最初から生挿入で中出し。
知美は2回イッて、出す時、「また中でいい?」って聞いたら、「ホントに妊娠させる気?でもいいよ、中にいっぱい出して」と何の抵抗も無く中出しを許可してくれた。

それからは、みんなに内緒で定時退社で帰りに知美のマンションに寄り、晩メシを作ってもらってからSEXをして帰る日々の繰り返し。
毎日2回SEXをして、知美は平均5~6回はイク。
もちろん毎回、生で中出し。
知美は毎回入れる前に、「生はダメ~、ゴムして」って言ってくるが、そのまま生で入れて腰を振ると激しく乱れて中出しを求めてくる。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

新妻・熟女の不倫掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン