新着情報

セックス中毒女とやりまくったら死にそうになった

この体験談は約 3 分で読めます。

性欲というのは男女で差があるものだと思うけど、性欲が強い男と女だと、圧倒的に女性の方が凄い。
『絶倫』って言葉がぴったりで、そういう女性とエッチすると、まじで喰われるって感じでかなり衝撃的。

その絶倫な女性は俺のセフレで、「生理が終わってムラムラがスゴい」ということで会うことになった。

ホテルに入ってエレベーターの中で俺のベルトを外し始め、部屋に入ってすぐにパンツごとズボンを下ろされてパクリ。
こっちも負けじと反撃し、部屋の入口からベッドまで、お互いに攻め合いつつ徐々に移動w
ベッドに着くまでに何回かイッて、力が抜けてぐったり気味のところを更に突きまくって、本当に腰が抜けるまでイカせまくった。

でも何度絶頂しても、「もっと欲しい、もっと欲しい」とゾンビのように蘇ってきて、俺は無理やり何度も射精を強制されたw
途中から、(もう勘弁してくれー)って思いながらも、手コキやバキュームフェラチオとかで無理やり勃起させられて、騎乗位でハメられる。
ようやくセフレも満足したのか、終わった後はしばらく起き上がれず・・・。

「もう全部吐き出した感じ。でも身体がバラバラになりそう。歩くとフワフワするし、入れられてる感覚が消えずに、帰りのバスでは不意の振動でイキそうになった」とか。

で、水曜日。

「筋肉痛(イキすぎで腹筋が痛くなったらしい)が治ったので、またやりたい」と。

仕事帰りに軽く飲んで、飲み屋でリモコンローターを付けさせ、ホテルまで遊びながら移動。
部屋に入ってすぐスイッチ全開でイカせて、すぐパンツを剥ぎ取って玄関で挿入。
休憩3時間しかなかったので日曜日ほどしつこくはしなかったけど、「またフワフワする」とか言いつつご満悦で帰っていった。

さすがにあまり日を置かずにするのは疲れるし、こっちの性欲は減衰してた金曜日。

「これから迎えに行くから」と連絡あって、すぐに車でお出迎えのホテル直行。

若干嫌になっていたので、縛ってアタッチメント付きの電マを挿入、放置。
イキまくり絶叫しまくりの隣でビールを飲み、タモリ倶楽部を見る。
タモさんが◯◯神社に着いたあたりで気絶しちゃったので、電マを止めて冷たいビールの缶を顔に押し付け気付かせて、「大丈夫?」って聞くと、何があったのかよく理解していないようでありつつも、「うん、大丈夫」と返事。

大丈夫そうなので、再びスイッチをON。
痙攣が止まらなくなったあたりで電マを外し、縄を解いて、ずずずっとゆっくり挿入すると膣奥に当たった瞬間にイッてた。
で、朝の3時過ぎまで色々やってて、動けなくなったセフレさんと一緒に死んだように就寝。

翌朝、フェラで起床。
朝から騎乗位、対面座位、正常位、側位、後背位、寝バック、松葉崩しと1時間くらいかけてやってから、ホテルを出た。
死ぬほど腹が減っていて、一番最初に見つけたファミレスで満たした後に、「はい、これ」とコントローラーを渡される。
車の中では、運転している俺のズボンのチャックを下ろしてフェラ。
そしてまたホテルに入って夜までやってた。

そして、また次の日に連絡があったが、俺は無視した。
これ以上ザーメンを搾り取られてら死ぬ。
腹上死なんて嫌だ・・・。

絶倫、ニンフォマニアとのお付き合いは考えて行動しないと、ボロボロになる。
当分、女とSEXしたくない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

大人のお遊戯倶楽部

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン