新着情報

脱がせてみたら勝負下着だった27歳のメル友

この体験談は約 4 分で読めます。

俺:海外、26歳、180cm/60kg、メガネ男子。
相手:都内、27歳、155cm/細い、釈由美子似。

メール期間3ヶ月。
日本出張の為に温めていた物件。
写メで判断する限り、服装や化粧等は派手めだが、中身は素朴な子。
電話やメールで話す限り凄く明るいが、軽いメンヘル。
事前にエロ話は全く無し。
当初はディズニーランドの予定だったけど、事前の天気予報によると面接日は雨。

無難にお台場でも行こうということで某駅で待ち合わせ。
ホームを出て、電話を掛けてみると既に向こうは待ち合わせ場所に到着しているとのこと。
待ち合わせ場所に到着してみるとビンビンキテルヨコレー!!!!!!
そこには少し唇を薄くした釈由美子が(以下釈子)。

釈子可愛いよ、釈子。
写メより可愛い子がそこにいらっしゃる。

緊張したふりをしながら声を掛けてみると、メールや電話の雰囲気そのままにニッコリ気さくに話し掛けてくるではありませんか。
ちょっと方言混じりなのが、また可愛い感じ。
2人仲良くゆりかもめに揺られながらしばし談笑。
釈子はコレでもかってくらい話し上手。
これは楽でいいやと思いながら、釈子の話を広げるスタンスでトークを楽しむ。

お台場散策、ペットショップ、ボーリング、ダーツ等を楽しんでいるうちに、釈子の人柄のおかげか歩く時は自然にお互い手を繋いで歩いてる。
うーん、久々にデートらしいデートで楽しいなんて思ってると、いつの間にか日が傾いてきている。
ご飯をお台場で食べるか、山手線圏内に戻って食べるか聞いてみると、どちらでも良いとのこと。
それではとばかりに自分の中で知りえる一番雰囲気の良いお店へ向かうことに。
駅からちょっと歩かなきゃなのが玉にキズだけど、タクってしまえばなんてことない距離。

個室に座り、料理、お酒を堪能。
ここの個室はソファが用意されていて、靴を脱いで家に上がる感覚でお酒が飲める所。
釈子も気に入ってくれた様子で、俺もほくほく笑顔。

案の定、お酒が進むにつれてトローンとしてくる釈子。
しきりに寄りかかってくるので、軽くキスで牽制。
全然嫌がらないけど、しきりに照れる釈子。
釈子可愛いよ、釈子。
もう今日の試合はもらいましたとばかりにディープキス。
積極的に舌を絡めてくる釈子に既に愚息はビンビン。
しばし釈子とのキスを楽しんだ後、お会計。

「このあとどうしよっか?」と、お店を出た後にわざとらしく聞いてみる。

釈子は可愛く、「どうしよっか?」と微笑んでいる。

「俺の泊まってるとこでもう少し飲む?」

あくまでも爽やかさを演じつつ(実は愚息がキスの余韻で軽ビン状態だったのはここだけの秘密だ)誘ってみると、「うん」と笑顔で答える釈子。
分かっててやってるんだろうけど、いちいち仕草や表情が可愛い。
たぶんこの子は女の子に嫌われるタイプなんだろうなーなどと思いつつ、釈子の魅力に翻弄されながらタクでホテルへ。

ホテル近くのコンビニでお酒とお泊りセット(釈子用)を仕入れ、部屋に入る。
釈子は終始笑顔で、寄りかかってくる。
こいつ絶対面接慣れしてるなと思いつつも、釈子の可愛さの前ではそんな思いは些細な事。
お酒を飲みながらお互いの恋愛観について語る。

本気なのかブラフなのか、釈子の恋愛観はかなり真面目。
次に付き合う人とは結婚を前提に付き合いたいらしい。
うーん、そんなこと思ってる子は初めて会った。
メル友とこんなとこ来ないでしょなどと思いつつも、少し会話が途切れた隙を狙ってキスを敢行。
ほっぺたが少しプニプニしてて気持ちいいと思いつつ顔中にキス。

しばらくキス攻勢した後、首筋に移行。
時々漏らす押し殺したような声がなんとも可愛い。
手、太腿、背中、首筋なんかを軽くサワサワしてたら、濡れた目でこっちを見てくる。
「電気消してから。ね」と、可愛く微笑みかけてくる。

黙って電気を消して、少しずつ脱がしていく。

(ちょwwwwそれwwwww勝負下着じゃねwwwwww)

そういえば、メールしてる時にガーター姿について熱く語った記憶がある。
ガーター姿に興奮しつつ、ゆっくりキスをしながら服を脱がせていく。
胸が小ぶりなのが凄く残念(巨乳スキーなもので・・・)だけど、形のいいおっぱいだ。
左、右の順にペロペロ舐めてると、その音に興奮するらしく、「もっと音立てて舐めて」とのリクエスト。
よし、オラいっちょやってみっかということで、盛大に音を立てながら舐めてみる。
ジュルジュルというか、ジャブジャブという程の盛大な音。

ちょっとずつ押し殺していた声が甲高いものに変わっていく釈子。
下の方に手を伸ばしてみると既にヌルヌル。
クリを中指の腹で撫でてみると、ビクッとしながらも腰を少し寄せてくる。
愚息は再びビンビンだけど、お風呂に入っていないので口に含んで欲しくない。

今日は全力で攻めあるのみだなと思いつつ、ひとしきりクリを弄んだところで手マン開始。

(『どんな綺麗で可愛い女の子でも洗ってないおまんこは舐めるな』と死んだじっちゃんに堅く約束させられてるんだ、ごめんよ)

そう思いつつ、ひたすら手マンと愛撫でご奉仕。

しばらくしたら向こうも辛抱できないらしくて小声で、「入れて」と頼んできた。
よーし今日は頑張っちゃうよと、今日何度も起立させておきながら、なかなか出番を与えられなかった息子にようやく出場機会が。

既にびしょびしょで凄く滑りがよい釈子の中は、意外と狭く暖かくて気持ちいい。
正常位→対面座位→騎乗位と、お互いの気持ちいい所を探しながら出し入れしてみる。
釈子は対面座位が好きとのことなので、対面座位をしながらまたまたキス。
釈子のキスが激しくて息が出来ないと藻掻いていたら、どうやらイッてしまわれたらしい。
俺もその後、正常位に戻してもらいフィニッシュ。
その後、一緒にお風呂に入って洗いっこしてからもう1回戦。

結局、次の日も休みということで、釈子が一旦着替えに帰った後、もう1日デートすることになりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

婚外恋愛

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン