新着情報

別れて1年半で手コキの達人になっていた元カノ

この体験談は約 4 分で読めます。

大学の頃に付き合ってた元カノ(25歳)との話です。
彼女は165cmの長身細身体型で、かなりのエッチ好きです。

別れてから1年半経った頃、彼女の方から「久々飲もうよ!」と連絡があり、都内某所で数時間飲んだ後、酔っていたせいか、はたまたお互い暗黙の了解があったのか、自然と僕の家に・・・。
そして家に着くなり彼女に、「会いたかった」と言われて抱きつかれ、そのまま玄関でディープキス・・・。
次第に僕の興奮も高まり、久々の元カノの唇を味わっていると、「もうダメ・・・ベッドいこ・・・」と自宅だというのになぜかリードされ気味にベッドに行きました。
そして、ベッドに入るや再びキスをしながらお互いの身体を弄り始め、数年ぶりだというのに慣れた手つきで彼女の洋服を脱がし、彼女が僕の服・ジーパンを脱がし、あっと言う間にお互い全裸の状態になりました。

すると彼女は、当たり前のように半勃ち状態の僕のモノを舐め始めました。
付き合っていた当時もフェラはそこそこ上手かったのですが、1年半経った彼女の口使いは確実にレベルアップしていて、顔が揺れる度に唾液でグチュグチュなるエロいものに変貌していました・・・。

(それなりに色々な男と付き合ってたんだな・・・)

そんな思いを馳せながら、その気持ちよさに没頭していると、数分後にはイキそうな状態になった。

僕「やばい・・・もうイッちゃうかも・・・」

そう言うと即座に口を離し、「早いよ、まだだめっ。久々だし、エッチでイキたいから我慢してね」と言うや、すでにイキそうな状態で勃っている僕のモノを手に取り、そのまま生で挿れようとしました。
慌てて、「さすがにゴムつけないとまずいだろ」と制止したんですが、「ピル飲んでるから大丈夫だよ」と言うや、そのまま騎乗位の状態で挿れてしまいました・・・。

彼女のオマンコはすでにトロトロな状態で、フェラ以上のグチュグチュ感に、わずか1分位で再びイキそうな状態に・・・。

僕「あ?やばいわ・・・ちょっと待ち!」

慌てて起き上がって彼女の腰の動きを止めると、「もうイッちゃうの・・・?私もすぐイクからもう少し我慢して・・・」と再び腰を緩やかに動かし始めました。
といっても、イキそうな状態でそう我慢できる訳もなく、またすぐに、「あぁ?マジやばいから動かさないで!」と言っては彼女の身体を止め、再開してはまた止めて・・・。
そんな状態が何回か続きました。

だんだんフラストレーションが溜まってきた彼女は、「私ももうすぐイキそうだから止めないで・・・」と言いながら腰の動きを徐々に速め、それと同時に僕はあっという間にイキそうになる。

僕「ちょっと待て、先にイッちゃうから!」

そう言ったのですが、彼女はアンアン言いながら腰を必死に振っており、僕は物凄い気持ち良さと共にそのまま中でイッてしまいました・・・。

僕「ゴメン・・・イッちゃったわ・・・」

申し訳なさを抱えてそう言うと、「もう少しでイキそうだったのに?」と少しふくれた表情で言いながらゆっくり抜き、これまた慣れた手つきでティッシュで拭き始めました。

一通り拭き終わった頃、彼女はおもむろに僕のモノを握って上下に扱き始め、再び勃たせてきました。
僕的には、(もう少し休憩を・・・)と思っていたのも束の間、すぐに口で咥えられて唾液でベチョベチョの状態にされ、気付けばまた彼女の中に・・・。

そこから彼女は完全に自分の快楽の世界に入って、腰を振りながら、「アッ・・・めっちゃ気持ちいぃ・・・もっと下から突いて・・・アッ・・・やばい・・・アッ・・・」と連呼し続け、数分後には、「アッ・・・イッちゃう・・・もっと激しくして・・・アッ・・・アッ・・・」と言いながら果てていました・・・。

久々だったこともあり、イッてしまった彼女を優しく抱き締めてあげようと思ったのですが、彼女はすぐに抜いて、「めっちゃ気持ち良かった」とスッキリした表情で言ってのけてました。

(まー昔からこんな奴だったわ・・・)

そう思いつつも僕のモノは勃ってる状態な訳で・・・。
「俺もイキたいから口でしてくれない?」と言うと、「エッチした後に口でするのは嫌だな?手でしてあげる」と、言うなり自分の手の平に唾液を出し、それを僕のモノに塗りたくりながら扱き始めました・・・。
付き合ってた当時は唾液をつけて手コキなんてことはまずなかったことなので、その慣れた行動に驚きつつも、すぐにグチュグチュ音を立て始めて快楽の世界へ・・・。

彼女は時おり、「コレ、気持ちいぃ?」と楽しそうに言いながら絶妙のリズムで上下に扱き続け、気付けばイキそうになり・・・。
ティッシュを取る間もなくそのままイッてしまいました・・・。
すると・・・。

彼女「早くなったんじゃない?私、まだ満足してないんだけど」

僕「いや、お前が上手くなったんだよ」

彼女「1年半もあれば色々あるからね?」

含みを持たせた感じで彼女が言ってきた。
そこから色々聞いてみると、つい最近まで38歳(子持ち)の人と不倫をしていたことが判明。
舌使いや唾液の理由に納得いくと同時に、なぜか若干凹む自分もいました・・・。

女ってすごいね・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

奴隷の巣

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン