新着情報

会社でOLと着衣セックス、非日常感が半端なかった

この体験談は約 3 分で読めます。

友人と飲んでた時に、その友人の同僚女子グループと偶然遭遇。
もちろん自分は初対面で、社交辞令をかわす程度。
どうやら合コン帰りらしく、そのOLグループの中にいた笑顔がいい感じのA子ちゃんに一目惚れ。
友人にお願いして、後日一緒に飲むことに。

1回目の飲み会。
俺と友人、A子ちゃんとその友達という4人での飲み。
A子ちゃんは美人度も高いけど、何より表情と声(口調)が非常に男受けする雰囲気をもっている。
甘さだけじゃなくて、サッパリした一面もあって、オジサマとかのお誘いを「コラコラ駄目ですよ~」って上手くかわせるような、そんな感じの子でした。

飲んで話してると、自分的には結構奥が深いというか、色々な面がありそうな子で、軽い下ネタにも明るく反応するし、ますます惹かれていきました。
お決まりの如くみんなで番号交換して1回目は終了です。
この時点では、まさか次回のデートでエッチ、しかもオフィスでなんて思っていませんでした。

その後1ヶ月くらいはお互いの仕事の事とかメールでやりとり。
残業多いとか、机が資料だらけで山盛りだとか。
この話題が良い前フリになってました。

で、今度は二人で飲もう!ということで2回目のデート。
桜シーズンだったんで、花見しようなんて言いながら待ち合わせ。
A子ちゃんはちょい短めのスカートで、会った瞬間、自分的にテンションも上がる。
お店で飲んでる時もお互いトークも弾み、かなりいいムード。
ぴったり目の服装で、エッチっぽい身体つきしてるんで、その子がトイレに向かう後ろ姿をガン見してたら、その日に何かをしてしまいたい欲求に。

それから、せっかく桜のシーズンなんで近く公園に行こう!という話題を振って、二人ほろ酔いで公園へ。
庭園みたいなのがセットになった場所で、途中から手を繋いで、そのまま路上でキス。
一瞬、「エッ!?」て戸惑われたけど、舌を絡ませたらA子ちゃんも本気に。
この時点で、この子ってエロいと確信。

ちょっと座ろうよってことで公園内の東屋みたいなところへ向かいます。
東屋のベンチに座ってから、改めてのキス。
こっちはもう止まらないので、A子ちゃんが着ていた薄手のトレンチコートのボタン外して、ブラウスの上から胸揉み。
「ちょっと~!?」なんて言ってるけど、明らかにYESな反応で、身を委ねてきてるし、ほんのちょっと呼吸も荒め。
ストッキング越しのムチムチした太ももに挟まれた股間の方に手を入れてみたら、「駄目だよ、人来ちゃうかもしれないし~」って。
股間の方までスカートをずり上げられて、ストッキングの切り替えみたいなのが露わになった姿が妙にエロい。

今度はこっちの股間にA子ちゃんの手を持って来させたら、しっかりと撫でてくれます。
そのまま進めたかったんだけど、「人が・・・」となったから、「じゃあ、人が来なそうな所に行かない?」って。

「会社に潜入してみない?帰り道だしね」

なんて訳分からない理由でオフィスに向かいます。
もう二人とも目的はエッチするだけなムードになってました。

オフィス入ってからはこんな感じ。
仁王立ちして、まずはフェラ。
跪いた彼女はジュボジュボ音を立てて思いっきり吸い付いてくる。
机に両手つかせて、そのまま後ろから。
ストッキングと下着を半脱がしにして、ここぞとばかりにパンパン音立てて攻めました。
声を漏らさないようにしてる感じが凄くよかった。
外灯の光がブランド越しに当たる窓際の場所だったんでなおさら興奮した。

その後、彼女が机の上に寝て正常位。
声出さないようにしてる苦悶の表情良かったです。
出すとこ無いんで、最後は自分が床に寝て、彼女が四つん這いでフェラで口出し。

ここまでほぼ着衣状態。
相手はヒールも履いて下半身だけ脱いでる格好だったんで、非日常感が半端なかった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ案内板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン