新着情報

元ヤンキー同級生にガンくれられながらソーププレイ

この体験談は約 5 分で読めます。

今日!日付が変わったから昨日!
県内で有数の風俗スポット(ソープ街)に友達と2人で車で3時間かけて行って来た。
そこで中学と高校が同じだった美幸がいたのだ!
普通は県外でそういうことをすると聞いていたのだが、同じ県内の遠いところにいた!!!

俺が部屋で待っていると美幸が入って来た。
俺は一瞬で美幸だとわかった!
かなり気まずかった・・・。
美幸も俺だとすぐわかったみたいだったが、凄く嫌な顔をされた。

俺が、「久し振りだね(汗)?」と言うとシカトされて、「歯ァ磨いて下さーい」と機械的なことを言われた。

俺が、「美幸でしょ?」と言ってもシカトで目も合わせてくれない。

もう一方通行でもいいから、せっかく車で3時間もかけて来たんだから思いっきり楽しもうと思って、開き直って俺は普通に喋ってた。
どうせ俺が来たことも言われないと思って。

湯船で歯を磨いてる間、俺は美幸の顔とか胸とかケツとか毛とか見て勃起してた!
この時点でたぶん、先汁出てたな。
同級生の裸がこんな普通に見れるのかァ~、と信じられなかった。

次にチンポを洗われた!
ただでさえ勃起して上向いてるチンポに泡つけられて手で弄くられた!
美幸の顔見ながら、「あァ~美幸、気持ちいい・・・」と言うと思いっきりガンくれられた。
俺は美幸を呼び捨てにしたことがなかったからだ。
中学の頃、美幸はヤンキーとばかり付き合っていて、美幸自身もヤンキーではないが不良っぽかったからだ。

(そんな美幸とハメれるなんてサイコーだな、オイ!)

次に、「じゃあここに寝て下さーい」と言われて仰向けに寝たら、「反対でーす」と無愛想に言われた。
俺は勃起してるのにうつ伏せに寝た。
そしたら美幸がローションまみれの胸を俺の背中に擦り付けてきた。
次はケツに。
その後、「仰向けになって下さーい」と言われた。
俺は勃起してるチンポを上にして仰向けに寝た。
今度は俺の胸を上下しながら擦ってきた!
しかも、その度、俺の顔に近づいて近くなる!!!!
俺はずっと美幸の顔を見ていたが、美幸はずっと顔を逸らしていた。

「美幸、やっぱり可愛いねェ」と言ったがシカト。

次に俺にケツを向けて上下に、胸でチンポを擦り始めた!
しかし美幸のケツ、デカかったな。
美幸のマンコ丸見え!!!!!

「指入れていい?」と聞いてもシカトだった。

洗い流され、自分で体を拭かされ、また「寝て下さーい」と機械的に言われた。
すると美幸は俺の勃起したチンポをフェラしてきたのだァーッ!!!!!!!
最初に数回、裏筋を亀頭までベロンと舐め上げられた!
俺のチンポはピクンとした!
次に舌先で上下にペロペロと亀頭を舐められた!
次に舌先で亀頭を何周もグルリと舐め回された!
で、手でしごかれた!

「あぁ~美幸、気持ちいい・・・」

美幸は俺にずっとガンをくれているので、俺もずっと美幸の目を見ながらされていた。
そしてチュッツポッ!チュッポッ!と本格的にフェラされた!!!!!
いや~最高に気持ちよかったよ、美幸のフェラ!

次に生でローションたっぷりつけての騎乗位だった!
相変わらず美幸は俺にガンをくれながら、デカい胸をいやらしく揺らしながら、小刻みで速いピッチで腰を動かしていた。
俺が胸を揉み始めると本格的にガンをくれられたのでやめた。

俺が両手を手を差し出すと、俺の手を掴みながら美幸は腰を小刻みに動かし続けた。
ちょっと起き上がって、「キスしていい?」と聞いたらシカトでガンをくれられた。
けど、こっちは客なわけで、ダメなわけないのでそのままキスしたが、キスする瞬間までずっとガンをくれたままだった。
俺が舌を入れても、拒否はされなかったが、美幸はされるがままでロクにベロは動かなかった。

次にまた「指入れていい?」と聞いたら、美幸は仰向けに寝て脚を開いた!!!!!!!!
俺は美幸のマンコの匂いを嗅いで、クリトリスを舐めた。
次にマンコを舐めた。
アナルを舐めたら半分起き上がってガンをくれられたのでやめた。
なのでマンコに指を入れた。
俺は上のスポットと下のスポットを交互に擦った。
美幸は声も出さない。

次にGスポットを擦った。
そしたら美幸が、「あぁ~、ソコだめ!」と言った!!!!!!!!!
でも俺は、(この気の強い美幸に潮を吹かせてやるゼェ~!)と思って、そのまま本格的に高速で擦り続けた!
そしたらチャポチャポ音がし出した!

「あァ~ダメッ!」

美幸が顔をクシャクシャにしてそう言うと大量の潮を吹き続けたwwwwww
どうだ参ったか!!といった感じだった!
俺の顔に大量の美幸の潮がかかった!

しばらく無言状態が続いたが、時間が勿体無いので俺はそのまま、「じゃあ入れるよ?」と言ったら美幸は、「アタシに入れられるんだから感謝しなよ」と言ったので、「バックでいい?」と聞いたら、あの美幸が黙って俺にケツを向けた!!!!!!!!!!!!!
美幸のクリトリスとマンコにチンポを何回か擦り付けて勃起させ、ヌポッと入れた。
美幸のデカいケツを持ちながらパン!パン!餅つきをした。

俺が「あァ~美幸に入ってる」と言ったら、美幸は「アッ!アッ!アッ!」と声を出した!!!!!!!!!

俺はそんな美幸の顔を見たかったので、「このまま鏡のとこ行っていい?」と聞いたら、「なんで?」と言うので、「美幸の可愛い顔が見たいから」と言ったら無表情でそのまま美幸が歩き始めたので、俺も抜けないように繋がったまま鏡のところまで行った。
で、鏡の前でまた後ろからパン!パン!餅つきをすると、美幸は洗面所に腕を乗せて下を向いたまま、「アッ!アッ!」って言っているので、「美幸、上向いて」と言ったら顔を上げてくれた!!!!!
そしてまた突き始めたら美幸は目を瞑って口を半開きにして、「アッ!アッ!」と喘ぎ声を出していた!!!!!!
俺は最高に興奮した!

「ベッドに戻っていい?」と俺が聞いたら、面倒臭そうに無言で美幸がそのまま歩いて行こうとしたので、「いや、このまま」と言ったら美幸は笑った!!!(笑)

入れたまま美幸の脚を持ちながら横から俺はピストンし始めた。
奥まで入って先っぽが子宮に当たった。
そしたら暫くして美幸が顔をクシャクシャにして、「イクッ!」と言ったので、「ちょっと待って。じゃあ正常位になって」と言ったら美幸がまた笑ってくれたので、俺も笑い返した(笑)
で、入れたまま正常位になって、俺は突きながら美幸の乳首を舌先でペロペロして揉んで抱きついてキスをした。
そしたら美幸も舌を絡ませてきた!!!!!!!
興奮した!

俺は子宮に当たるようにギュッ!ギュッ!と深く思いっきりゆっくり突いた。
美幸が、「まだイカないの・・・?」と顔を紅くして聞いてきたので、そろそろイキたかった俺は、起きて片手で美幸の乳首を指先で弄って、もう片方でクリトリスを擦りながら突いた。

「最後は顔に出していい?」と聞いたらシカトされたので、もう1回、「顔に出していい?」と願いを込めて聞いたら美幸は頷いた。

そしたら美幸が、「あぁ~イクッ!」とまた顔をクシャクシャにして言った。

俺は起き上がって美幸の腰を掴んで思いっきり突いた。
そしたら美幸は、「イクッ!」と言ってイッた。
腹がピクピクしてマンコもピクピクしていた。
次いで俺が、「イクよ?」と言って抜いた。
美幸は頼んでもないのに口を開けてベロを出して、しかも手でしごいてくれた。
美幸のベロと頬に俺のザーメンが思いっきり何回も飛んだ。
その後、すかさずちゃんとフェラしてくれた。
俺は気持ちが良すぎて思わず声が出てしまった。

俺が、「いや~美幸気持ちよかった。最高だったよ美幸」と言うと、「上手いんだね」と俺の目を見て美幸が言った。

俺は美幸の顔を丁寧に拭いてあげた。
その間、美幸はずっと俺の顔を見ていた。
洗ってしごいてもらうと残りのザーメンが出た。
美幸は黙って舐めてくれた。

俺が「いや~、美幸に舐めてもらえるなんて幸せだよ」と言ったら、美幸は「アタシに舐めてもらえるんだから感謝しなよ!」と言った。

そして最後に、「みんなには内緒だよ!?」と言われた。

「ありがとうございました、お気をつけてー」

形式的に言われて店を後にした。
美幸最高!
また来よ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Sexy call

スポンサードリンク

最強媚薬エロティカセブン