新着情報

危うく妻の妹とヤッてしまうところだった・・・

この体験談は約 3 分で読めます。

僕ら夫婦、妻の妹夫婦、僕の兄夫婦(子供二人)でキャンプに行った時の話です。

キャンプ場のコテージを借りての一泊。
アルコールも程よく回り、みんなで酔い潰れて雑魚寝状態でした。

僕は夜中に喉が乾き、水を飲みに起きました。
みんなすっかり熟睡状態で寝ています。
僕は妻(27歳)にちょっとエッチな事をしようと、妻の寝ている後ろにぴったりと張り付きお尻や胸を弄り始めました。
妻はよく寝ていて触られても気がつきません。

僕は妻の髪の毛を掻き分けうなじを舐めたり、Tシャツの中に手を入れブラの上から揉んだりしていました。
妻は何となくハァハァ言い始めたようです。
僕は周りに気づかれないように妻の口に手をやると妻は指フェラし始めました。

僕はもうどうにも止まらなくなり、妻を前に向かせてキスをしました。
妻も自分の方から唇を寄せてキス。
舌を絡めてハァハァ言い始めました。

キスを続けてると何かが違う・・・?

「えっ!」と思ったら、なんと僕とキスしている女性は僕の妻ではなく妻の妹(25歳)でした。

二人とも顔と体形がよく似ているし、その日は同じような服を着ていました。
僕もかなり泥酔していたし、しかし自分の妻を間違えるとは・・・。

僕はこれはヤバイと思い、すぐにキスをやめて離れようとしました。
しかし妻の妹が僕のチンチンを弄り始めました。
僕はギンギンに勃起していて、妻の妹はジャージの上から握ります。
相手も相当酔ってるし、寝ぼけてるようだ。

それとも僕のことを気がついているのか?

僕は自分の妻を捜しました。
妻はずっと向こうの方に寝ています。
こっちには気がついていないようだ。

妻の妹は僕のパンツの中に手を入れてギンギンのチンポを握りました。
僕はもう頭がクラクラするようでした。

妻の妹は息がかなり荒くなってきて、僕は周りが気になり始めました。
妻の妹の夫は隅の方で爆睡しているようだし、僕はもうどうにも止まらなくなり、またキス。
相手は舌を絡めてきて僕も絡め返した。

チンポのシゴキも激しくなり、妻の妹は僕の手をとり自分のアソコにもっていきます。

パンティの中に手を入れるともうグッショリのアソコ。
もう妻妹はかなりハァハァ言って、僕はもうこれ以上はヤバイと思い始めました。

その時、ガタッ!と音がして僕の兄が起きたようです。

僕はヤバイと思い、ゆっくりとその場を離れました。
幸い気が付いていないようです。
妻の妹はそのまま寝ています。

妻の妹はこの事を気が付いているのか?
それとも分からなくて夢か何かと思ってるのか・・・?

その後は何も無く僕は寝ました。

やがて夜が明け、みんなが起き始めた。
僕はあの後どうにもならなくなりトイレに行き、自分で抜いた。

みんなが起きて妻の妹の顔を見た。
向こうはいつも通りに僕に接した。
目を合わせない事も無く、いつもの彼女だ。

やはり向こうは気が付いていないようだ。
たぶんエッチな夢でも見たと思っているのだろう。

ああよかったと胸を撫で下ろした僕だった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン