新着情報

マセガキだった友達の妹

この体験談は約 10 分で読めます。

俺:22歳。
今のところ学生、今年の春入社(予定)。
見た目中の上って言われるからそれなりだと信じたい。

Aの妹:18歳。
今年就職。
見た目はガッキーをちょっと丸顔にして目もちょっと釣り目にした感じ。
ここでは新垣結衣から借り名だが結衣にしておく。

A:22歳。
俺の友人、いい奴。
整備士で嫁・子供あり。
見た目ゴリラ。

正月間近、大学の卒論も終え、後はゆっくり正月を実家で過ごすつもりだった俺は、卒論提出後の翌日の13時に6時間かけてバスに揺られ、実家に帰ろうとしていた。
その道中、見知らぬ携帯番号から電話が掛かってきたが、卒論のおかげで睡眠不足なのと、6時間のバス移動のせいか全くその着信に気付くこともなく、すっかり夢の中にいた。
着信に気付いたのはバスが目的地に到着して迎えの車を弟に出してもらう為、電話をかけようと携帯を出した時。
身に覚えのない番号からの着歴、間違い電話かもしれないし、本当に用事があればまた掛かかってくるし、来た時に出ようと思った。
その日は結局何もなく、久しぶりにかあちゃんの飯ウマウマーとか、実家の風呂やっぱ広ってなって寝た。

次の日また俺の携帯が鳴った。
今度は知っている番号。
友人のAだった。
Aとは小学生からの付き合の数少ない友人の一人だ。

A「うっす俺久しぶり~wもうこっちに帰ってきた?」

俺「久しぶり、ちょうど昨日帰ってきたところ」

A「ちょうどよかった。明日か明後日、暇か?」

俺「どっちも暇だけど、嫁さんと子供いるのに飲みに行っても大丈夫なのか?」

A「飲みに行くんじゃなくて、今回は俺の家だよ」

俺「余計迷惑だろ」

A「大丈夫嫁さんも、ぜひ来てって」

・・・ということで翌日Aの家にお邪魔することに。
Aの家に行く当日、あの身に覚えのない携帯からの着歴が。
二度目の着信なので、さすがに間違い電話ではないと思い掛け直す。

俺「・・・もしもし?」

?「俺くん?やっと繋がったよー」

(女の人?誰だろう?けど、どっかで聞き覚えのある・・・)

?「結衣だよ!!」

俺「結衣ちゃん!?」

結衣「ごめんね。いきなりびっくりしたよね」

この結衣ちゃんはAと兄妹でありながらも、Aとは似ても似つかない美少女。
だが、ちょっとマセ過ぎていて、当時小学生だった俺がAの家に遊びに行っていたときに、えらく好かれてしまい、幼稚園児の幼女からは想像もつかない激しいスキンシップを繰り出してきていた。
それからAの家に遊びに行くたび、おもちゃにされていた。
そんなわけで俺はなんとなく彼女が苦手だった。

俺「いや、大丈夫だよ。どうしたのいきなり?この前は電話に出れなくてごめんね」

結衣「気にしないで!それよりも今日のことなんだけど、早めに来てもらえる?」

俺「えっ?」

結衣「もしかしてAに聞いてないの?」

俺「・・・何も」

結衣「きっとAのことだから連絡忘れたんだね。私も一緒に行きたいから俺くんの車に乗せてって欲しいんだよね。で、2時くらいに迎えに来てくれない?」

(Aは7時に来てくれと言ってたはずなのに、なんでこんなに早いんだろう・・買い出しか?)

そう思いながらも承諾。
Aの実家に結衣ちゃんを迎えに行った。

実際に会うのは俺が高校2年以来。
もうかれこれ5年にもなる。
元の顔が整っているだけあって、やっぱり多少は成長して可愛くなってるんだろうと勝手に想像していたが、予想のそれを遥かに上回っていた。

痩せていたので胸はそんなになかったものの、体つきは完璧に女になっていて、スラッと伸びた手足はモデルのようだった。
髪は黒髪のショートに軽く巻が入っていて、ゆるふわ愛されボブ。
もともとマセていた彼女は化粧もしていたが、そこまで主張していないほどよいぐらいの落ち着いたメイクで、まだ中学生で落ち着きのない俺の知っている結衣ちゃんではなくなっていた。
あまりの変貌ぶりに一瞬たじろいだが、それでも話すとやはりあのときの彼女だった。

俺「久しぶり。結衣綺麗になったね」

結衣「俺くんは・・・変わらないね~www」

俺「それよく言われるwww」

話すことは沢山あった。
お互いの近況や昔話や。
結衣ちゃんは金銭面など、親の負担を考えて進学を諦めて、地元の歯医者で歯科助手になるらしい。

俺「そういやAの家に7時に行くのに、こんなに早く何か買い出ししに寄るところあるの?」

結衣「無いよwww」

俺「えっ?無いの?」

結衣「なんか俺くんと沢山話がしたくてさー」

俺「なるほどね」

そこで全てを悟る俺www

結衣「ごめんね。なんか騙すみたいになって・・・」

俺「いや、どうせ年末で暇だったから大丈夫だよ」

動揺を隠しながら笑顔で対応。

結衣「相変わらず優しいね」

じっと見つめられて、一瞬沈黙時間がある。
めちゃめちゃ可愛い!!!!!と思いながらも、いかんいかん、これでは完璧に雰囲気に呑まれている、この子のペースにはまっている。
話を変えよう。

俺「そういやおばさん居ないけど、どこ行ったの?」

これで帰ってくる時間を把握しておけば、何時まで話を繋げておけば良いかわかると思い聞く。

結衣「おかあさんなら今、入院してるよ」

もうこれ完璧な地雷でした。
話によると、病名はさすがに忘れてしまったけど、大した病気ではないらしく、年明けには退院できるとのこと。

俺「なんだ、心配はないんだよかった」

そう言いつつも、やべーよーあと4時間半もこの子と二人っきりだよ、と不安を抱いていた。

結衣「話は変わるけどさ、私が小学6年生ぐらいの頃、一緒にこのベッドで俺くんと寝たよね~」

俺「かなり変わってるよね・・・w」

確かに寝た。
まあ正確に言えば俺が寝かし付けた。
結衣ちゃんがまだ熱烈ラブコールとスキンシップの激しかったころ「一緒に入ろう、ねっねっ」とせがまれ、最初は「そういうのは本当に好きな人とするんだよ」とか、そっれぽいことを言って回避していたのだが、結局押しに負けて一緒に寝た。
俺も中3の思春期真っ只中だったのだが、さすがに弟より年下の子には変な気も起きず、可愛いと思っていたが“妹的な可愛さ”だったので、頭をぽんぽんとしながら結衣ちゃんが寝るまで一緒に入っていた。

結衣「また一緒に寝る?www」

さすがに今回は動揺を隠せなかった。

俺「・・・ん?」

結衣「だかーらぁ一緒に入ろっ」

入ってしまった。
紳士的に断りたかったが、女の子の上目遣いの威力があんなにも凄いとは思わなかった。
こいつ他の奴にもやってるな。
自分の角度を知っているって冷静になっていたけど、俺めっちゃ流されてるじゃん。
しかも今回はあのときの幼女とは訳が違う。
その時の状態は、俺がベッドの壁側に背を向けて、結衣ちゃんも背を向けながら腕枕の状態で、俺が後ろから抱いてる感じ。
息子は当てないように腰を曲げてた。
涼しい顔してギャンギャンだったからね。

結衣「俺くんってさー、今、彼女とか居るの?」

俺「居ないよ、10月くらいに別れたかな」

結衣「じゃあ今はフリーなんだ」

俺「結衣ちゃんは?」

結衣「居ないよ。居たらこんなことしないって」

俺「だよね」

ちょっと安心した。

結衣「元カノは可愛かった?」

俺「うーん、どうだろう。まぁまぁ可愛かったんじゃないかな」

結衣「・・・ふーん」

明らかに妬いてる!?
可愛いこの辺りからちょっと気持ちに余裕ができてきた。

結衣「確か3年半だっけ?長かったんだよね?」

俺「えっ?何で知ってるの?」

結衣「Aから尋問した・・・」

一応Aとはお互いの色恋をすべて話していて、嫁さんと結婚する前も俺が色々アドバイスをしていた。
そのことを知ってか知らずか、結衣ちゃんは事あるごとにAから俺のことを聞き出していたらしい。
17歳の、まだ初々し童貞だったころ、当時付き合っていた22歳のお姉さんから筆下ろししてもらった話まで知っていた・・・orz
きっと俺からの連絡が途絶えた理由も知っているんだと思う。
そんなこんなで今度は結衣ちゃんの話になった。

処女だった・・・。
意外過ぎてびっくりした。
別に18歳の年頃の子が処女だった事にびっくりしてるわけではない。
18歳で処女なんてざらにいる。
現に3年半続いていた元カノだって、見た目は今時だったが処女だった。
じゃあ何に驚いているかというと、こんなに可愛く成長して、ついこの間まで彼氏もいて、あんなに小さいころから性に対して興味津々だった彼女がいまだ未経験ということに驚いた。
思わず「えっ!?うそでしょ!?」なんてことまで言ってしまった。

先ほどまでのビッチ臭も、照れてるが故の攻めの姿勢?
攻撃こそが最大の防御的な発想なのか!?といった感じに見えてきて、物凄く可愛く感じられた。

結衣「・・・けど本当に好きな人だったら出来るかも」

俺「だよね・・・」

さすがにどんなに鈍くてもわかる。
俺くんに処女あ~げっるって事だよね。
本来なら美少女JKから処女あげる、なんて言われるなんて、男からすれば願ったり叶ったりなんだが俺には葛藤があった。
まずは第一に友人の妹。
第二に彼女にしたいと思わないと出来ないし、更に処女なんて責任重大だ。
そして第三に一番問題なのが、本当に好きかどうかだ。
要するに軽々しい気持ちで手を出せない。

その迷いを感じたのか・・・。

結衣「ごめんね。なんか私一人で突っ走っちゃって、いっつも俺くんには流されてたけど本気で好きだったんだぁ。きっと優しいから、私のこと色々考えて悩んでくれてるんだよね。だけどまたこうして一緒に寝てくれたし、気持ち言えたからもういいよ。ありがとう・・・」

理性吹っ飛んだ。
正直、こんなに想ってくれてるなんて考えてなかったから嬉しいのと、こいつめちゃくちゃにしてやりたいって気持ちになった。
もう完璧に落ちていた。

そこからはもうスイッチ入りまくり。
じっと目を見た。
たぶん時間的には数分もしなかったのだろうが、その時は何十分も見つめている感覚だった。
結衣ちゃんも見つめていたが「・・・恥ずかしい」と言って顔を逸らしたので、顔に手を添えてもう一度目を見た。

明らかに火照っている。
今度はゆっくり唇に近づく。
唇が触れるか触れないかまで来て、また止める。
そしてそっとゆっくりキスをした。
できるだけ優しく柔らかくてねっとりと。
結衣ちゃんの唇は柔らかく、息遣いが荒くなって興奮してるのが伝わった。
俺も興奮した。

次は舌を入れた。
焦らされたせいか、向こうもすぐに反応して舌を絡めてきた。
音を立てるくらい求めてきた。
結構長い時間キスをした。
結衣ちゃんの目がもう、とろんとろんだった。

次はキスをしながら服の上から胸を揉んだ。
貧乳かと思っていたが、着痩せする方だったらしく、それなりに胸はあった。
後に判明したのだがCカップだった。
そしてついに直接おっぱいを触った。
すでにもう乳首が立っていた。
服を脱がしてブラも外した。
乳首は綺麗なピンクでした。
形は小さかった。

「恥ずかしい・・・舐めて」

本当に処女か?と思いながらゆっくり舐めた。
音を立ててみたりとか出来るだけエロくやる。

「・・・んっ」

可愛かった。
我慢してるけど漏れていて、普段聞くことのない声だから、この子こんな声出すんだとか思った。
初喘ぎ声ってあるよね?あれってなんとなく聞けて嬉しいよね?
そんなこんなで、ゆっくりと攻めているおかげで、触ってないのにビショビショ。

結衣「・・・好きだし上手いからこんなに濡れてるの」

・・・と、すかさず私こんな子じゃないアピール。

俺「わかってるよ。安心してくれてるんだよね。声我慢しなくていいからね」

俺も負けじと包容力あるよアピール。
穴の方はまだちょっと痛いらしく、最初はクリを攻めた。
フェザータッチでゆっくりと触った。

結衣「んっ・・・きもちい・・・」

十分慣らしたので今度は指を入れた。
一本だったがこれが意外とすんなり入ってしまった。

俺「痛くない?大丈夫?」

クリと穴の同時攻め。
もうこの辺りからはもう結構普通に喘いでいた。
更に穴を広げようと思い、2本目を入れる。
入ったもののちょっと痛かったらしくすぐやめた。
じゃあ今度はと思い、クンニしようとしたが、それは「恥ずかしい、今度にして」とのこと。
今考えれば今度とかもう予定してるのかいとか思うけど、その時は何故か、「わかった、今度ね」ってなった。

それよりも「次は私が俺くんのしたい」って言い出した。
さすがに処女にフェラはハードル高いだろうと思っていたのでしてもらうつもりはなかったが、どうしてもしたいということでしてもらうことに。
まだぎこちなく、ちょっと歯が当たったりしたけど、一生懸命やる姿が愛おしく思えて、それだけでもう俺の興奮材料になって、俺の息子はフルスロットルだった。

だがあることに気付く。

(ゴムがない!!!!!)

生でやるのはフェミニストな俺のポリシーに反する。
加藤鷹も言っていたが『コンドームを付けない男は挨拶できないのと一緒』だと思っていたので焦る。

俺「そういやぁゴム・・・」

結衣「あるよ」

俺「えっ?あるの?」

声が少し裏返る。

おもむろに立ち上がり、学習机を物色。
そこで出たのが今でもハッキリと覚えてるオカモトの0.03mm、しかもドンホのシールが付いていて未開封。
どこまで準備が良いんだか。

ついに結衣ちゃんの処女喪失の瞬間が訪れる。
ゴムを付けて、さて入れようとしたとき。

結衣「待って!・・・入れる前にまたキスしてぎゅってして」

もうこの子、男が喜ぶツボ抑え過ぎ!!!!
優しくキスをし、強く抱き締める。
オカモトを装着の状態で・・・。

俺「恐くない?やめるなら今だよ」

結衣「俺くんだから安心だし全然怖くないよ」

入れようとすると、あんなに濡らしても実際やっぱりきつかった。
入りそうになるが、緊張で体が硬くなっているのかなかなか入らない。
ゴムも引っかかって痛がるので、結局外し、生で。

痛がるし、「また今度にしよう」と言うと、「いやだ続けて」と涙目で言う。

「俺を信じて力抜いて」

なんとか緊張を解そうと、そう言ったのがよかったのか、次の瞬間には入っていた。
結衣ちゃんは泣いていた。
俺は、しまった無理やりすぎたか、と思い・・・。

俺「大丈夫?ごめんね」

結衣「違うの、嬉しくて泣いてるの・・・ずっと俺くんとこうなりたかった」

それを聞いて何故か俺も泣いてしまった。
後はあまり動かずに射精もせず、そのまま終わりました。

最初は結衣ちゃんの成長に戸惑いながらも、徐々に一人の女性として見ている自分がいた。
結衣ちゃんから正直な気持ちを聞いてから、もう俺も完璧に好きになっていた。
順番は少し違っていたけど、「これから付き合って、お互いの見せてない部分も見たいし見せたい」などとクサいセリフを吐いて付き合うことになった。

その日は予定通り7時にAの家に二人で行きました。
結局Aには言えなっかたんだけど、余りにも「なんかお前ら様子へんじゃない?」とか言われまくったので、翌日正式に報告することに。
何故か俺、スーツで訪問。

Aも最初はびっくりしていたが、「お前らいつかそうなると思ったよ」と、ドヤ顔で言ってきた。

ホントかよ?www

とまぁ実はこれは3年前の話で、今ではAが俺のお兄さんになりました。
一度もお兄さんって言ったことはないんだけどね。

結婚までの経緯は、一年目はほとんど遠距離で、って言っても車もあったので月に二回は会ってました。
毎回5時間の移動はきつかったけどwww
けどそれでもやっぱり若かったし、セックス覚えたての女の子には足りなかったらしく、段々とゴネるように。

「だったら仕事辞めてこっちに来い。養ってやるから」といった流れで3ヶ月後には結婚。

何で3年も前のことを書いたかというと、つい最近計画通りデキた子供の出産、無事に終わりまして、パパになったからです。
しかも二児の!双子の女の子ちゃんでした。
もちろん不妊治療はしていませんよw
初出産で、しかも双子だったので色々と心配しましたが、母子ともに健康な状態で出産を終えることが出来て、本当に良かったです。

明日退院なので、つい嬉しくなって書き込んでしまった。
思い出話だからかなり美化された部分はあるけどね。

最後まで読んでくださった皆様、ご愛読ありがとうございました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

出会い姫

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン