新着情報

惚れてた部下の女の子が酔っ払ってゲロ吐いて・・・

この体験談は約 12 分で読めます。

22日の夜の話。

割と仲の良い今年社会人1年目の部下の女の子が完全に酔っ払ってしまい帰り道の途中でゲロを吐いた。
その子は名前は仮に『優子』としておくけど、23歳、巨乳、可愛いというより隙のない美人というタイプ。
近年の就職難を実感させられるような新人で、仕事も覚えが早く根性があってオラオラオラオラオラァ!って感じで仕事こなす。
俺から見ると、「最近の子は皆こうなのかねえ」って感じの優秀な子。

俺がやってる部門は常に社員足らずの派遣のおっさんの多い職場だから、見た目よりも本当に忙しい。
だからその子にも日頃は厳しく接してるけど、割と仕事的にガツガツと付いて来る子で、割と無碍にできない戦力にこの1年で育ってくれた、貴重な貴重な人材なのね。

で、問題が1個あって、30過ぎてバツイチ独身の俺は既に彼女が好きだと、惚れていると何となく判ってもらえると思えるけど、そういう状況での話。

その子の家は俺の降りるべき駅の一駅手前なんだけど、途中電車の中でちょっと気持ち悪そうにしてたから一応心配して、その子が降りる駅で一緒に降りたのね。
まあ俺は降りるわな。
心配してるフリしつつ、過ぎゆく電車を眺めながら、「お前大丈夫?帰れる?」なんて言って。

「はい。大丈夫です。帰れます。ありがとうございます。すみません俺さんに降りてもらっちゃって」
(ちょっとフラフラしてる)

「マジで大丈夫なのか?」

「はい、大丈夫で・・」とまで言ったその瞬間、普通に立ってる状態からマーライオンのようにゲロ吐く優子。

うずくまるでもなく、ブシューって口から噴出するゲロ。
ここまででも既に誰かに語りたいくらいの絵面だったワケだけれども、まあそれは良いとして。
ホームには円形ではなく不自然に円錐状に放射されたゲロ。
立ち尽くす俺と優子という感じで。

向こうから走ってくる駅員。
普通に立ったまま口元拭う優子。

「すみません」とか言って、呆然というかそのまま立ってるわけ。

俺もちょっと優子のスカートに掛かったゲロが割合エロいとか、今のマーライオンみたいな絵面は今後のからかい倒すべきネタとすべきか、心に仕舞っとくか考えつつ・・・。

「大丈夫?」と言うしかない感じで言うと・・・。

「いえ、すみません。大丈夫です」とか、袖で口を拭いながら言う訳だ。

でもやっぱ呆然とはしてて、立ち尽くす優子を横に駅員さんには俺が対応。

「すみません連れが」

「いえ、大丈夫ですよ。体調悪いですかね。少し休みますか?」

駅員さんさすがプロだなと思いながら、「あ、いえ、そこのベンチで」なんつって優子を誘導。

「大丈夫です。大丈夫。すみません。本当すみません」とか言う優子(呆然)に、とりあえず「まあいいから座れって」なんつって座らした。

掃除道具持ってきた駅員さんに・・・。

「すみません本当に」

「いえ」

駅員さんって本当に凄いね。
とか思いつつ、30過ぎてバツイチ独身の俺チンチンはもうこの時点で完全にガチンガチンに勃起してるわけ。
ちなみに優子には大学生からの堅い付き合いをしてるという噂の彼氏持ち。
俺はそんな優子を好きですと。
職場でそういう素振りを見せた事は無い。

というか、職場ではむしろ派遣のおっさんの手前もあって・・・。

「すみませんでした!」

「何でそんな事なってんの?馬鹿じゃねえの?」

・・・みたいな感じ。
何回も泣かしてます。

もうどう考えてもこのチャンスしか無いわけ。
次の日が天皇誕生日である今日この時しか無いんだよね。

「すみません、うわ、本当、すみません」

「お前は大丈夫なのかよ」

「大丈夫です。あの、俺さんに掛かってないですよね」

実際のところ掛かってないって言っても過言ではない。
やや手に掛かってたかな位の状況。
優子は吐いてちょっと楽になったんだろうね。
呆然から立ち直りつつある感じ。

ここで上手く頭が回転した。

「あーちょっと掛かったけど。気にすんなよ(苦笑)」(チラッ)みたいな。

言った瞬間、キタって思ったね。
ここで掛かってないって言ったらたぶん終わってた。
うわああああああみたいな優子。

「すみません!えええ!どうしよう。ええ!」みたいな感じでパニックに突き落とす事に成功。

その後、5分間のベンチでの会話ですんなりとこのままタクシーに押し込んでも、心配かつ、駅から10分くらい歩く距離らしいから(仕方なく)俺が送ってくけど、(優子がどうしてもっていうから)ゲロの掛かった俺の(大事にしている)コートを少しだけ綺麗にしてもらってから帰るって事になった。

当然俺はコートなんかどうでも良くて、その時点で年間最大級レベルのこれ以上ない期待にフル勃起してる俺チンチンを綺麗にしてもらうつもりなわけ。
この会話、若い駅員が優子のゲロ掃除しながら聞いてたけど、あの素面の駅員には完全に俺の狙いは読まれてたと思うね。

心底心配してるフリをしながら・・・。

「本当にすみません。なんか、吐いちゃったのとか初めてで・・・」

「いいよ、気つかわなくて。(苦笑)財布とか落としてねーだろうな?」

・・・みたいな流れで本来ならもっとベンチで休ませるべきところをモロ誘導して駅から脱出し、あまりにパニックで割と酔い的に素になったのか真っ直ぐ歩く優子を連れて歩き、途中あったコンビニに駆け込んで「今すぐに僕に冷たい水とコンドームを売って下さい!」って感じでボルビックとお茶と迷った上で、薄型の『003』のコンドームを買い、戻って優子に水渡して「あ、ありがとうございます。
本当にすみません」とか言われながら水飲ませつつ、15分位かけて優子1DKマンションに着いた。

部屋に入って、靴脱いで、可愛い雰囲気の布団。
甘い匂い。
1DKマンション特有の暖かい温度と、隣にはしゅんとした優子とで、頭がクラックラした。
靴脱いで優子の部屋に入った瞬間のあの感じ。
優子は「あ、どうぞ」みたいな感じだけど、すっげえドッキドキして。

で、もうすぐに「すみません。コート・・・」とか言う優子に、「良いからまずウガイでもして座れって」と言い、優子がウガイしさせ、で、座らせて、水飲ませた。

俺が隣座って。
ハッ!(゜∀゜;)と気がついたらいつの間にか思いっきり拒否ってる優子のスカート捲って、パンツの上から手挿し込んで思いっきり手マンしまくってる俺がいた。

実際のところ割とこう、我を失ってて。
隣座る、水飲ます、肩抱く(やんわりと拒絶される)、手マンみたいな、どこでどう間違ったみたいな、そこまでの俺はどうしたみたいな流れで。

いつの間にか中指ずっぽり優子の中入れて掻き回してるところを優子が必死で俺の手を抑えてて・・・。

「あっ!ちょ、ちょっとまって、落ち着いてください俺さん。マズイですから。やっ!駄目ですよ」みたいになってて。

ただもうその体勢だと。
1分くらいで完全に探り当てたらもう寧ろ優子が俺の腕を押さえると良い所当たっちゃう感じ。
責めまくったらやばいくらい濡れてきて5分位で・・・。

「あっ俺さん・・・駄目って・・・あっ!あっ!」みたいに良い感じに喘ぐように。

その後、優子の抑えてくる手に力が抜けて、ゆったりと好きに掻き回せるようになったらスゲエ興奮する本気喘ぎ声出すようになった。
最初のうちは「駄目ですよ・・・」とか言ってたけど、俺に話し掛けると喘ぎ声出ちゃうからそのうち眉間にシワ寄せて目を閉じるようにして、クンックンッって中押すみたいに掻き回すのと、ゆっくり揉むみたいにGスポ辺り責めまくったら・・・。

「・・・あああッ!」
「・・・あんっ!・・・ああっ!」

・・・みたいに10秒おきくらいに本気喘ぎ声。

声を我慢してる感じのその喘ぎ声でそれだけで興奮しきって、ただ優子が痛くなるとマズイと思って、優しくゆっくり揉む感じの動き中心でそのまま長時間の手マン続行。
途中完全に優子が俺の手を抑える力を抜くか抜かないかくらいで、俺も余裕が出てきて、優子が目閉じたまま左手で俺の手抑えて、右手で俺の袖掴んで・・・。

「あっ!あぁっ!・・・駄目。・・・あっ!!俺さん駄目だから。抜いて・・・」って言って来たから、「判った」って言って入れてた中指寸前まで引き抜いた。

それで優子がふぅっと息吐いて目を開けようとした瞬間、その瞬間に俺の勝負あり。
優子の入り口まで引き抜いた中指に、人差し指添えた瞬間に優子が俺の手抑えてた左手でめっちゃ俺の手首掴んで・・・。

「ちょっとだめぇぇぇ」

で、俺も2秒くらいその瞬間を堪能して、人差し指添えて優子の中に思いっきり挿入&上下にクチュクチュ。

「あっ!ああんっ!もうっ!・・・」

抜き差しでクチュ音出まくる位にめっちゃ濡れて、優子が左手を俺の手首から外してフローリング引っ掻いて「あっ!あっ!あっ!あっ!そこだめ!」って絶叫の後、中がヒクヒク。
明らかにイッて、しかも「あぁぁぁ・・・!」とか良い感じの諦め声。

すっげえゆっくり何回も指絞めつけてきて、人差し指中指全体で締め付け堪能。
その後20~30秒くらいゆっくりハアハアして、無言でちょっと気まずくなった。

俺もどうしようって感じのところで優子が俯いて、めっちゃ赤い顔で目線合さずに「やっば・・・すっごい・・・」って呟いて、思わず俺が笑って、優子が照れ隠し的に「駄目だって言ったのに!」って言ってきて場が復活した。

この時点で優子は上着以外一切脱いでなくて、ブラウス・スカートで俺スーツ状態。
で、優子が座ったM字開脚状態で俺が肩抱きながら手マンっていう訳わからん状態。
ただイかせたのが少しマズくて、優子は俺の手をまた抑えてきちゃってて、俺は優子の中に入れっぱなし。
ただエロいのが、優子は顔真っ赤のまま、まだ何回かその状態で腰もぞもぞしてる。

で、良い感じの所に当たる前に優子も判るらしくて、「あっ・・・!」って横向いて恥ずかしそうに喘ぐ。

“もう、頭が沸騰しちゃうよう(俺が)”って感じだったけど、優子がちょっと冷静な感じで俺の手を抑えながら「これ以上まずいですから、落ち着いてください先輩」って言ってくる。

落ち着いてどうどう・・みたいな感じで。

で、まあ、ね、ね、って感じで指を抜かせようとしてきて、あまりに冷静なその優子の雰囲気に空気的に抜かざるを得ない感じになった瞬間、また俺にツキが回ってきた。
優子が焦り過ぎっていうか、指の動きで優子が横向いて、「あっ・・・!」つって喘いでちょっと腕の力緩んで。

もう一度体勢を整えるのに充分なその一瞬で肩抱き直して、ゆっくりと優しく掻き回して「あーーっ駄目あっ!!あっ!あぁっ!あぁっ!」って優子が床ガリガリ弄って再度良い感じに喘ぎ声モードに。

2回目はその喘ぎ声で優子も吹っ切ったというか、吹っ切らせた感じ。
逃げられながらベロチュー、パンツ脱がせて、スカート脱がせての順番で押して行って、(パンツ脱がす時に指は抜いて、優子は形だけ拒否ったけどもうその時点では指入れOKな感じに)上ブラウス、下素っ裸でベロチュー手マンの体勢までなって、相当喘がせて、そして、そこから優子が涙目で「マズイ」と、「彼氏がいます」と、「浮気になっちゃいます」と。
入れられるの判ってるんだろうね(当たり前だけど)。

俺からするといちゃいちゃ。
優子からすると必死な感じで頼まれて、俺のチンポ握らせて、優子が「ちょっ・・・落ち着いて下さいよぅ」って感じで、でも落ち着かせる感じで俺のは離さずに(というか離すと俺が指動かすので)ゆっくり擦ってくるっていう雰囲気。
俺は俺で半ば本気(半ば騙す気)で、「出さないと無理」って大学生風味に押すと、優子は「ううう・・・」って感じでゆっくり手コキするって感じで、その体勢のまま押しつ戻りつの会話で粘りに粘った。

ただ俺の方が既に指入れてる状態、かつ握らせてる状態で押してく感じなので最終的には優子の方が折れた。
というよりも優子が自滅したんだけど。

押しつ戻りつの途中で「ゴムとかないですし・・・」って言った直後に、「買ってある(しかも薄型)」と答えて絶句。

「ええ、でも・・・」とか言ってもう答えられない状態になって、押しつ戻りつのバランスが崩れて、その後進退極まって・・・。

・とりあえずシャワー浴びさせて下さい。
・俺さんに出させる所まではします。でも入れちゃ駄目。部屋は真っ暗で。
・その後、俺さん泊まって行ってもいいです。

・・・ってところまで持っていった。

というか最後は寧ろ仕事っぽく、「責任持って俺さんに出させるところまではするんでシャワー浴びさせてください」って感じだった。

俺としては寧ろシャワー無しでだったんだけど、そのままなし崩せる気満々だったんでOK。
ただその時の優子の自滅っぷりは正直俺の想定も超えてた。
優子の出した条件全部が優子に跳ね返ったからね。

・とりあえずシャワー浴びさせて下さい。→クンニの言い訳封じ。フェラだけの筈がその後たっぷり69でペロペロの布石に。
・俺さんに出させる所まではします。でも入れちゃ駄目。部屋は真っ暗で。→部屋真っ暗は理性を飛ばす。俺がイクまでは体弄り合う事になったから結局普段しないとの69に移行して更に両脚思いっきり開かせてペロペロ。入れちゃ駄目って建前があるから恥ずかしいカッコさせられまくって、1時間以上休み挟んで舐め合いまくって、最終的にこれ以上は恥ずかしすぎて入れても良いって自分から言わせられる事に。
・その後、俺さん泊まって行ってもいいです。→1回でもSEXしたら朝までっていうか、23日も休日。

で、優子がシャワー浴びて、バスタオル巻いたままのカッコでいるって約束で俺も浴びて、優子がその間に部屋真っ暗にしてベッドにって流れに。

真っ暗闇で二人でベッドに入って、で、手マンの時は「とりあえず手で俺さんにします」だったのが、まあその時で優子は覚悟してたんだと思う。

シーツに潜って、俺のヤバイくらいガッチガチのをパク。
なんかこう、その女との初めての時の作法の差って俺は目茶苦茶興奮するんだけど、優子は何回か確かめるみたいに触ってからカリを右、左って感じで舌で舐めてきて、先端咥えてから浅く出し入れしてくる感じ。
で、もう俺をイカせる事しか無いから結構早い感じで首振ってくる感じ。
正直慣れてる(っていうか、その後フェラ好きな事が判明。)感じで、そのままだとやばかった。
手マンの段階で期待汁ダラダラだったし、もっと強めに掴まれて手で上下に擦られたりしたらあっという間にイきそうな状況。
っていうか、イキたかったら優子の頭掴んで上下に振った瞬間出るような状態。

ただココでイったら終わると思って、で、逆に理性吹っ飛んで上に書いたみたいな事さえしなければ即イク感じでも無かったからこっちからもじっくり責める事にした。
まあ、そのとき思ったんだけど真っ暗闇は優子の体を見れないけど、逆にエロいって事。
優子の部屋はカーテン厚くて1DKだから電気消すと本気で真っ暗になる部屋だったから、暗くて静かで暖かい部屋で、シーツの下でジュポ音だけが耳に響く感じ。
優子もそのジュポ音かなりエロいと思ったと思う。
途中で「やだ・・・」とか呟きながら、ジュポじゃなくて、口離して竿舐めてって感じで工夫してきたり。

で、途中から俺が上半身だけ体起こして壁に背を預けて、優子が俺の股間に跪く格好になって、優子に何回か手を払われながらもようやく優子の巨乳を好き放題揉みまくって、その間もずっとチュパっとか、チュボッとか優子がペロペロ音させながらフェラ。
その間にも乳首超コリコリにさせながらも乳首引っ張られる度に揉んでる手を抑えようとしてくる優子に、「暗いし、体触らないと、興奮してイケないかも」とか言って巨乳好き放題権をGET。
フェラ+揉みまくってたら乳首責める度に鼻息で抗議状態に。
そして超抵抗されながら最終的には手マン+フェラに移行。

「んっ・・・!あっ!・・・出来ない・・・駄目・・・あっ!」とか「感じちゃってフェラが出来ないので手マンはやめてください」的なロジックを優子が言って来たところを一蹴して、寧ろ脚を抱き寄せて69に強引に移行。

ここでも真っ暗闇だから、跨ぐのに抵抗が弱くなっちゃって、俺の「指抜くからほら、口離すなよ優子」って言葉に惑わされて結局跨いじゃって69。
最初四つん這いで耐えようとしたけど、結局30秒くらいで腰に力抜けてって完全に俺の目の前に優子のヤバイくらい濡れてるマンコ登場。
この段階で優子は完全に諦めたと思う。

俺に舐められた瞬間、「エロいぃ・・・変態だよ・・・」って言ってきた直後に咥えてきて、めっちゃくちゃ口内が熱くなってた。

で、積極的にフェラ。
声が超エロくなってクリトリス周り中心に舐めまくったら口離して耐えるみたいに「くっくっ」って喉鳴らして、耐え切れずに「あぁ・・・!」って喘ぎ声。

ここら辺から優子が口離して、「ね、俺さん、普通にじゃ駄目ですか?」って言うようになってきた。

最初はその「ね、俺さん、普通にじゃ駄目ですか?」って感じの言葉が、「69は嫌だから69止めて最初の格好に戻りませんか?(普通のフェラの体勢にしませんか?)」って事だと思ったから無論拒否。

むしろ言おうとした瞬間に舌とか思いっきり突っ込んで「ね、俺さん、あぁ、いや、あっ!あっ!」みたいにさせてた。

しかも寧ろこの期に及んでフェラだけの体勢とか絶対させねえ。
入れさせないなら69のまま口に出してやる位にちょっと意地になって相当誤解してた。
全体的に拒否られると意地になるっていう感じ。

優子も優子で「普通にじゃ駄目ですか?」しか言わないから結局ずっとそのまま。

舐めまくってたら優子が脚閉じようとしたので、両手で優子の太腿持って親指でパカッとマンコ広げて舐めたり、余裕が出たら言葉で「脚自分で広げろって」って言って、何分も掛けて脚広げさせたり(結果それも親指でパカッとマンコ広げて中心に舌入れて舐めまくり)正に69の王道。

優子が一生懸命フェラ→適度なタイミングで俺が舐めて、優子はお口お休みを繰り返した。

寧ろ意図的に指入れしなかったから最初みたいに優子思いっきりイカせなかったのも良かったかも。
最終的に優子も俺も汗だくになって、優子はすげえ従順にフェラしてくるし、俺が開いて思いっ切り舌入れしたり、クリトリス舐めまくった時には背中逸らして腰を俺に押し付けまくったりって感じになった。

特に腰押し付けてくるようになったのは超エロかった。
最初はおずおずって感じで、途中で「あーーーっ」って吹っ切ったような喘ぎ声出して超思いっきりやらしく上下に腰くねらせて押し付けてきた後は、俺の舌に合わせてちゃんと腰押し付けてくるし。
これも部屋が真っ暗だったから(かつ部屋が凄く暑いくらいだった)だと思う。

で、それでも「普通にじゃ駄目?」って言ってくるのよ。

「普通にじゃ駄目?・・・あんっ!」

俺が舌入れ→諦めたみたいに超従順にフェラ。
ってのを何回か繰り返して、ようやく「あ、普通にSEXじゃ駄目?」って聞いてんのか・・って判った。

遅くはないけど、時既に遅しみたいな感じだったけど、そこで優子の腰離して、ゆっくりフェラも止めさせて、疑惑が確信に。
正常位のカッコにさせても抵抗なし。
両脚の間に俺の体が入って、巨乳好き放題に揉んでも「やらしい・・・」とか言いながら喘ぐだけ。
それでも一応「入れる?」って言ったら無言。

5秒くらいして「・・・ゴム付けてぇ」って感じ。

ええ、付けずに入れました。
反応が超エロかった。

そのまま腰押し付けたら「え・・・ゴム付けて、ゴム付けて、あ、あっ!!あ、ああんっやあっ・・・!外に出して・・・」みたいな。

無論途中の喘ぎ声の時点で奥まで挿入。
この流れるようなゴム付けて外に出しての流れ。
奥まで入れてないのに入っていくタイミングで諦めたみたいに外に出してってお願い口調で脳みそが完全溶けた。
ただ、俺も生でじっくり味わいたかったけど、とりあえずはゴム付けるべき派だし、一回生で味わっておきたいって位だから、2~3ピストンで何回か優子が「外に出してくれますか?」って言って来て、「いいよ」って答えて、優子が俺の首に手を回した時点でゴム付ける事にした。

で、抜いた瞬間、優子が「ぁ・・・!・・・抜くの?」ってエロ声。

今思うに俺がイクと思ったのかも。

で、「ゴムつけるよ」って言ったら、すげえ甘ったれた声で「あ、ありがとうございます」って言って、優子の両足の間でそのまま俺がゴム付けてる間も俺待ちの感じで脚開いたまま息整えたりしてる。

ゴムつけて「入れる?」とかもう聞かずに挿入したら、今度は「ああんっ!」って過去(といっても今日)最大級の喘ぎ声。
ゴム付き安心が良かったらしい。

「あー超酔っ払ってるよ・・」とか今更のように言ってきたり、なんか口数が多くなって・・・。

「気持ちいい?」

「・・・凄い気持ちいいっ!」とかピストンに反応しまくり。

途中で・・・。

「イくぅ・・・」

「イッていいよ(苦笑)」からの「あっあっ!!あっ!!!イクうっ!」って感じの絶叫イキを挟んで、最後は優子の腰掴んで薄型ゴム越しに大量発射。

暗闇効果でイッてる最中も腰動かし合う感じで、最後まで注ぎ込む感じに腰押し付けて最後まできっちりイッた。

その後やっぱ微妙な感じになってシャワー浴びて、ベッドに入ってでも暗いからいつの間にかヤッてるみたいな感じで結局4発やった。
ちょっと寝て、寝てる優子に悪戯する感じでまた始めるみたいな感じ。
さすがに4発、しかもみっちりやったので体ガタガタな感じ。

23日は早々に帰って、恐らく優子は24日とか彼氏と会ってる。
で、昨日今日は職場でお互い何も無い顔をしてるところ。

とりあえず超満足してるけど彼氏から奪う、最低でもセフレ化はこれから狙おうと思ってる。
とりあえず、そんなところで。
まだまだ浮かれて興奮してるから乱文なのは失礼。

では。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻不倫掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン