新着情報

恋多き女を自慢の巨根で独り占め

この体験談は約 5 分で読めます。

「俺の部屋に来る?」

俺が訊くと「うん」と真里がコクンと頷いた。
身長が144cmしかない真里がそういう仕草をすると本当に可愛い。

やった!と心の中でガッツポーズをする俺。
そんな可愛い真里をもうすぐ俺は抱ける。
そう考えただけで俺の股間はムクムクと猛り始めている。

真里は俺の彼女。
というかこれから彼女になる予定という感じかな。
今はまだたくさんのボーイフレンドのうちの一人というところかもしれない。
とっても可愛い真里だけど、これで結構、男好きなのは知ってる。

本人も隠すつもりがないのか、好きなタイプの男の話をしているときに「今までにもそういうタイプいたの?」と訊くと、「いっぱいいた」と答えたりする。
俺とも付き合い始めたばかりだが、真里にとっては“摘み喰い”の一人くらいのつもりなのだろうって判ってはいる。

男と寝るのに深くこだわらないタイプなのか?恋多き女か?
彼氏なんて面倒くさい。
好きな男と好きなときに付き合う・・そんな感じなのかも。

俺がシャワーから出ると真里はまだコンパクトを覗き込んで、メイクをしていた。
俺が用意しておいたタオル地のバスローブの下には何もつけていないだろうと思うとゾクッとする。

朝から冷蔵庫でキンキンに冷やしておいたモエシャンを、わざと音を立ててポンと抜いてグラスに注いで真里の横に座る。
軽いキス、それから深いキス。
乾杯のあとは口移しでシャンパンを飲ませあう。

バスローブの合わせ目から手を入れると、柔らかで、思ったよりも豊満な感じの胸が弾力を楽しませてくれる。
思ったとおりバスローブの下は全裸のようだった。

これが真里のおっぱいか。
柔らかく揉みしだきながら、ぷっくりとした乳首を人差し指と中指で挟むようにして転がしてやったりする。

「やん、えっち」

真里は小悪魔のようないたずらな表情で口だけの抗議をする。
もう一度キスしながらシャンパンを口移しにする。
唇からこぼれたシャンパンが喉をつたい滴っていく。
それに口づけしながら、俺の舌先は真里の唇から喉、鎖骨のあたりから乳房へ、最後は乳首を舐め回して舌先で転がしていった。

真里は薄く目を閉じて少しだけ息を強くしながら、うっとりした表情を浮かべている。
俺は、真里の硬く尖ってきた乳首を舐めまくり、甘噛みして十分に楽しむ。
気がつくと真里は、上半身のバスローブをすっかり肌蹴て、子供のように華奢だけど女らしいラインのヌードを見せてくれている。

俺は真里の肩にバスローブをかけて戻すと、お姫様抱っこでベッドへと運んだ。
身長190cm強の俺と144cmの真里は極端な身長差カップルだが、こういう時は便利だ。
軽くて華奢な真里を軽々と俺は運んだ。
ちょっとだけ乱暴にドサッという感じで真里をベッドに放り投げる。

「キャッ」と小さく悲鳴をあげて、抗議の声をあげようとした真里が声を失う。

真里を投げ出すと同時に俺は自分のバスローブを剥ぎ取って、全裸でそこに立っていた。
もう、それは俺にとっては慣れた反応だ。
大抵の女が同じ反応を見せる。

固まっている真里のバスローブに手をかけて、荒々しく一気に俺は抜き取るように脱がした。
憧れの真里の素っ裸。
背は小さいが出るところは出て結構エロい体つきをしている。
色白で綺麗な全裸に少し薄めできちんと手入れされたアンダーヘアが艶かしい。

オールヌードにされても真里は俺のほうを見たまま、固まったままでいる。
身長190cm強の俺にとっては似合いのサイズだと思うが、20m越えの俺のマグナム砲を初めて見ると、ほとんどの女が同じように絶句する。

そのあとは「えっ、すごい」「でもすごすぎて無理かも」とおなじみの反応。

長さといい太さといい今までに経験してきた男たちのモノとは一回りも二回りもサイズが違うのだろう。
真里も表情に、期待よりも不安の色が見える。
俺はいつもの通り、そんな女の反応に構うことなくのしかかっていく。

「サイズが合うか確かめてみようね」

そう言って真里を3点責めで責め始める。
耳を舐め、乳首を左手で摘みながら、右手の指を真里の陰唇から膣口へと差し入れていくと、もうすっかりそこは潤んでいる。
こうなってしまえばアイドルだろうとなんだろうと遠慮することはない。

最初はGスポットのあたりを執拗に刺激して、押すように引っかくようにしてやると真里は快感に身をよじるようにしながら感じている。
ザラザラの天井を攻め続けていると段々と膨らんでくるのがわかる。

「大丈夫、僕に任せて」

そう言いながら仕上げに、スナップをきかした2本指での強烈ストロークで掻き出してやるように出し入れしているとビュッ、ビュッと勢いよく潮を吹き始めた。
バスタオルが2枚すっかりびしょ濡れになるくらいまで盛大に潮を吹いて真里はぐったりしている。
ぐしょ濡れになった股間をおっぴろげたまま、放心したようにベッドに横たわっている真里。

もういいだろう、俺はようやく真里の裸のうえに体をあわせていく。
真里の膣口は体の大きさから想像するほどには小さくなかったが、それでも俺のビッグサイズを受け止めるのにはきつく狭い感じがする。
十分すぎるほどにグチュグチュに濡れそぼっているので、痛くはないようだが、腰に力を入れて挿入していくときには、メリメリッと音が聞こえそうな感じがした。

「うわっすごい、無理かも」

不安そうに言う真里に構わず俺は奥まで押し込んでいく。
俺のマグナム砲がすっかり真里の中に納まると、コリコリとした子宮の感触が、俺の分身を押し戻そうとしてくる。
一度奥まで挿入してから、俺はゆっくりとそれを引き抜きにかかる。
わざとゆっくりと俺のマグナムの感触を女にたっぷりと知らせるように、ゆっくり抜いてゆっくり入れを延々と繰り返していった。

遅漏気味の俺は時間をかけて女を責めるのには向いている。
果てしなく出し入れを繰り返し、奥まで突くたびにコリコリとした感触を伝えてくる子宮を、亀頭で撫で回すようにグリグリと刺激してやる。
真里のなかで段々と今までに経験したことのない快感の炎がチラチラと燃え出すのが手に取るように俺には判った。

今まではM字開脚気味にしてハメていたのを、もっと強烈にキツくて狭い感じを味わおうと足を閉じさせて、まんぐり返し気味にして上から突いているうちに真里は昇り詰めた。

「あっ、だめ、イッちゃう」

ビクビクッと痙攣するようにして、真里はそれを俺に伝えた。

俺は真里の中に留まったままじっとして、真里が快感の余韻を楽しむ時間を僅かだけ与えるが、しばらくするとグイッグイッとまた攻撃を開始する。
真里はポルチオで感じてイクのは初めてだったようだが、面白いように何度でも気をやった。
何度目かのアクメのあと、真里は快感のあまり呆けたような表情になっている。

俺は真里の横に潜り込み、腕枕で休ませてやり髪を撫でてやる。
うっとりしたような表情の真里。

30分ほど休んで、俺はもう一度真里に挑みかかる。
真里はもう快感の奴隷だった。
初めは嫌がっていたのが嘘のように、自分の淫水にまみれたままの俺のマグナム砲を舐めて咥える。
大きく股を開いて、自分の指で陰唇を開ながら、男が女に言わせる性器の俗称を含んだおねだりの言葉を当たり前のように口にしていた。

休んでは交わり、交わっては休み。
そうやって俺と真里は獣のように貪りあったのだった。
真里は息も絶え絶えという感じになりながらも、自分から快感を貪るように淫乱に腰を振っていた。
朝が来て別れの時間がきても、最後まで真里は俺のマグナム砲に舌を這わせていた。

それからは俺と真里との淫猥な日々が始まった。
真里はスケジュールが空くと、その全ての時間を俺とのセックスに充てた。
二人になると一分一秒でも惜しむかのように、俺の前に跪いてスボンのジッパーを下げる。

「舐めてもいいですか?」

そう言うと、返事も聞かないうちに俺のマグナム砲にチロチロと舌を這わせはじめる。
男とはいつも遊び半分だった真里が、真剣な表情で「これがないと私ダメ」と言う。

従順で淫乱な奴隷の表情で俺に奉仕する真里。

「お願い、一生これで私をいっぱいイカせて」

それが真里の、俺へのプロポーズだった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟妻不倫交際

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン