新着情報

常連の男の子を誘惑して筆下ろし[前編]

この体験談は約 9 分で読めます。

昨年の年末の出来事をお話しします。

私は35歳、小学生の子供が一人います。
主人とは5年ほど前に離婚しました。
ヘアーサロンを営んでいます。
夏頃まで従業員を一人雇っていましたが、結婚を機に辞めてしまったため、今は一人で営業しています。
普段は夜7時まで店を開けていますが、年末で忙しく8時頃まで営業していました。
住まいは実家の近くなので子供は学校帰りに実家に行くようにしていました。

ちょうど店を閉めようと準備しているところへ顔馴染みのKくんが入ってきました。
Kくんは高校2年生で、実家が離島のため親元を離れて一人でアパート暮らしをしている子です。
高校に入学してからずっと通ってくれている子です。
Kくんは私にとっては実の子供(と言うより弟かな)のように可愛い存在になっていました。

私「こんなに遅くから?もう閉めようと思ったのに」

K「ごめん、友達と話し込んで遅くなった」

髪を切りながらいつものように話していました。

私「お正月は、実家に帰るんでしょう?」

K「来年は3日に帰る」

訳を聞いてみると友達と初詣に行くとのことでした。
女の子3人と、3対3でとのことです。
嬉しそうに話していました。

私「へー、彼女出来たの?」

K「ううん、そんなんじゃない」

照れてる顔が可愛いw

私「最近の高校生ってマセているんだってね。前にテレビでやっていたけど高校卒業するまでに半分近くが経験しているんだってね」

K「なにが?」

私「性体験」

みるみるKくんの顔が赤くなってくるのが分かりました。
私はその時Kくんをちょっとからかってみようと思いました。

私「Kくんはもう済んだ」

K「そんなもん、まだだよ」

Kくんはますます顔を赤くして、そう言いました。
そのときから私は自分が変になってきていることに気づいてきました。
妙に心臓の鼓動が激しくなり、興奮してきたのを覚えています。

私「ちょっと待ってね、お客さん来るといけないからシャッター先に閉めちゃうね」

そう言って店のシャッターを下ろしました。
再びカットを始めると鏡に映るKくんは伏し目がちになっていました。
鏡越しに私を見ることが出来なくなっているようでした。
ウブなKくんが愛おしく思えて来ました。

私「じゃあまだ童貞なんだ」

Kくんは黙っています。

私「女の子に興味がないの?」

K「興味はあるよ」

Kくんは恥ずかしそうに答えました。

私「男の人って、最初はソープとか売春宿に行って経験するんだってね。でもね、性病をうつされることって多いみたいよ。Kくんはそんな所行っちゃだめよ」

私は冷静さを失っている自分に気づき始めていました。

洗髪のためシートを後ろ向きに回転し、背もたれを洗面器に倒しました。
Kくんの顔をタオルで目隠しをし洗髪を始めました。
私は洗髪しながら意識的にDカップの胸の膨らみをKくんの頬や肩に押しつけるようにしました。
じっとKくんはしています。

Kくんの股間をちらっと覗いて変化を見ていると、みるみる盛り上がってくるのが分かりました。

Kくんは目隠し状態なので私の視線は分かりません。
興奮しているのは明らかです。

私はKくんの耳元で囁きました。

私「Kくん、しばらくそのままでおばさんの質問に答えてね、正直に答えてよ、いい?」

K「うん」

とても緊張しているようです。

私「童貞捨てちゃいたいと思う?」

K「うん」

私「おばさんのこと嫌い?」

K「ううん、嫌いじゃないよ」

目隠しされているので、答えやすいのかも知れません。

私「おばさんがKくんの童貞奪ってもいい?」

K「え、本当ですか?」

私「うん。でも約束して欲しいの、誰にも内緒よ、いい?」

K「は、はい」

私「おばさんがちゃんと教えてあげるから、そのまま動かないでね」

私はKくんの髪がまだ濡れていることを忘れていました。
急いでタオルで拭きました。

私「Kくん、キスしたことある?」

K「・・・ない」

私はKくんの目隠しをしているタオルをあえてそのままにして、Kくんの唇に私の唇をそっと重ねました。
その瞬間にKくんの体が一瞬ピクッと動きました。
それからKくんのあご、ほっぺに唇を触れました。
そして私はKくんのジーンズの膨らみの上にそっと手を置きました。
その時もKくんの体がピクッと動きました。

私は、Kくんの耳たぶにキスをしながら・・・。

私「大きくなっている。そのままじっとしているのよ」

ジッパーを下ろしました。
はち切れそうに膨らんでいるブリーフを探り、Kくんのモノを引っ張り出しました。
それを見た瞬間、私は身震いし、Kくんのモノに目が釘付けになってしまいました。

私は前の夫と別れて5年間、男性との交わりは一度もありませんでした。
仕事と育児に追われる毎日でした。
でも正直言いますと、自ら慰めたことは2、3度ありました。
今5年ぶり、いや6年ぶりかな?
前の夫の浮気が発覚してから1年近く夜の営みを拒否していましたから。

久々の男性自身、それも若さではち切れんばかりに膨張して脈打っています。
私にはそれがすごく立派なモノに見えました。
よく見ると亀頭の部分が半分だけ顔を出していました。
仮性包茎って言うのかな・・・。

私はKくんの耳元で囁きました。

私「Kくんの大きい、立派なモノだね」

K「本当、でも恥ずかしい」

・・・と、Kくんは声を震わせて言いました。

私「皮を剥いてあげるから、少し痛いかもよ、じっとしててね」

Kくんのモノをそっと握りました。
その時「うっ」と声がしてKくんの表情が変化しました。
私は思わず左手を離しました。

私「私、冷え症だから手が冷たかったでしょう、ごめんね」

私は、セーターに手のひらを擦りつけ、暖めてからもう一度Kくんのモノを握り直しました。
私の左手にはKくんのモノが脈打っているのがハッキリと伝わってきました。
その左手をそっと下にズリ下げました。
皮はいとも簡単に剥けました。

私「痛くなかった?」

K「う、うん」

でもよく見ると、剥けた皮と亀頭の根本のところに白いカスが溜まっていました。

私「ちょっと汚れているから綺麗にするね」

そう言って蒸しタオル機からタオルを取り出し、ぱたぱたと振って冷やしてから、「ちょっと熱いかも」と言ってKくんのモノに被せました。
そして亀頭の先から亀頭の根元にかけて、少し強く拭きました。

K「ああ、出る」

そう言った瞬間に先っちょから白いモノがピュンと飛び出しました。
私は慌ててタオルを被せました。
タオルの中でまるで違う生き物のように脈打っているのが分かります。
Kくんの顔の表情が歪んでいるのが分かりました。
快感なのか苦痛なのかどちらとも言えない表情でした。

しばらくして脈打ちが静まりました。

私「もう、出ちゃった?」

K「うん」

私「若いからしょうがないよね」

私はKくんが目隠しされているのを確認してから、そっとタオルを開き、中を覗きました。
白いドロドロとした液体がいっぱいありました。
だいぶ前に覚えのある、あのツンとする臭いが鼻を突きました。
私は急いでタオルを丸めて洗面器に放り投げて、新しい蒸しタオルをもう一枚取り出しました。
そして、「もう一度綺麗にするね」と言って、Kくんのモノを拭き始めました。

驚いたことにKくんのモノはまだ衰えることなく、おへそに向かって反り返っていました。
ちょうど皮の被っている部分の捲ったところまではピンク色で、それから下の部分は少し黒ずんでいました。
カリの部分はまだ発達していないのか、前の夫のモノと比べると丸みがあり、あまり盛り上がりませんでした。

私はKくんのモノを口に含みたい衝動に駆られました。
でも私はまだその経験がないことを思い出しました。
前夫は、そのような要求を私にしたことはありませんでした。
私も夜の営みは夫のなすがままで、受け身に徹していましたから。
でも知識としてはありました。
小説での描写やネットで画像を見たこともありました。

私は我に返り、「Kくん、元に戻そうね」と言ってKくんのモノをやっとの事でブリーフに押し込み、ジーンズのジッパーを上げました。

そして、Kくんの目隠しのタオルを取りました。
Kくんの目が開かれ、私を見つめていました。
Kくんは無言でしたが何か言いたいようでした。

私「じゃ、起こすね」

そう言ってシートの背もたれを起こしました。
そして椅子を回転させて元の位置に戻しました。
鏡に映ったKくんが「すっごく緊張しちゃった、でもありがとう」と言って椅子から立ち上がろうとしました。
私は、すぐにKくんの肩を両手で押さえて椅子に座らせました。
そして後ろからKくんの首に腕を回して、耳元で囁きました。

私「まだ終わっていないでしょう?童貞捨てるんでしょう」

K「あ、そうだった」

上擦った声でKくんが言いました。

私「本当は、おばさんもとっても緊張してるのよ。前の夫と離婚してもう5年になるかな。その間全然無しだったから、だから私も初心者みたいなもの。だから緊張しないでいいのよ、リラックスしてね」

甘えた声で言いました。
Kくんは「はい」と、今度は元気よく答えました。

私「じゃ、こっちへいらっしゃい」

店の奥の休憩室に手招きしました。
休憩室の入り口のスイッチで店の照明を消して、代わりに休憩室の照明を入れました。
休憩室は4畳半の畳敷きになっています。
そこはほどよく暖房が効いていました。
私は部屋の中央にKくんを招き、立ったままKくんに抱きつきました。
そして耳元で「ねえキスして」と囁きました。

私はじっとして目を閉じていました。
しばらくしてKくんの唇が私の唇に触れました。
私の体は火がついたように熱くなりました。
私もKくんの唇を激しく吸いました。
Kくんも吸い返してきました。
そしてKくんの舌が私の口の中に侵入しようと私の唇を探って来ました。
私も舌を出してKくんの舌に絡めました。

Kくんの初めてであろうぎこちなさ・・・。
私も久しぶりのディープキスでしたが、お互いが夢中で吸い続けました。
クチュ、クチュと、音を立てていました。

そのうちに私の下腹部にKくんの硬いモノが当たるのに気づきました。
私の女の部分もすでに濡れているのが分かりました。
すぐにKくんの右手がセーターの上から私の胸を撫でてきました。
私の胸の大きさを確かめるように胸の輪郭をなぞっています。
それからふと手の動きが止まったかと思うと、セーターの下から中に手が入って来ました。
その指はすぐに私のブラに到達し、乳房を弄り始めました。

その間も濃厚なキスは続いていました。
Kくんの唇は、私の唇から離れ、首筋へと向きを変えてきていました。
そこは、私の感じる部分の一つです。
鳥肌が立ち、くすぐったい気分になってきました。
初めてのKくんが無意識のうちに辿り着いたのでしょうか?
Kくんの右手が私の左の乳房のブラのカップを上に押し上げて、直に弄り始めました。
Dカップの乳房はKくんの右手で荒々しく揉まれてきました。
その指が不意に乳頭に触れました。
そしてその指で摘んできました。
その時、体に電気が走ったのを覚えています。

その頃には私の右指は、Kくんのモノをジーンズの上から擦っていました。

私「ねえ、ジーンズを脱いで」

Kくんはジーンズのベルトを外して、足下まで下げてから脱ぎ捨てました。
私はブリーフの上からKくんのモノを弄りました。
もうそれは、ブリーフのゴムから飛び出しそうなくらい、大きく、硬くなっていました。

私「セーターを脱がして」

Kくんは、セーターを捲り上げ、私の頭と腕から剥ぎ取ってくれました。

私「次はブラを外して」

Kくんは、私の背中に脇の下から両腕を回しブラのホックを外そうとしていますが、なかなか外せませんでした。

K「あれ、どうなっているの?」

私「ちょっと待って」

腕を後ろに回して自分で外しました。

私「初めてだからしょうがないね(笑)」

その時すでにKくんの目は私の乳房に釘付けでした。

K「わー、大きい!」

そう言ったきり、なぜかKくんの動きは止まり体が硬直したようでした。
私は「Kくん上着脱いじゃって、私も脱ぐから」と言ってスカートを下ろしました。
Kくんもブルゾンとアンダーシャツを脱いでいました。

私「横になろうか」

仮眠用の毛布を取り出し、畳に広げました。
Kくんの両腕を取り、座るようにして毛布の上に横たわりました。
Kくんは私の右に横たわって並んでいますが、じっとしています。
どうしていいのか分からない様子でした。
私はKくんの右腕を掴み、私の左の乳房に導きました。

私「Kくん、緊張しないで大丈夫よ。ほら、私のおっぱいにキスして」

するとKくんは生き返ったように私の上に覆い被さり、乳頭を吸ってきました。
まるで腹を空かせた乳飲み子が母親の乳頭を探して乳房を彷徨い、やっと乳頭に辿り着いた時のようでした。
私は、より一層愛おしさを感じました。
そして私の女の部分から喜びの泉が溢れるのを感じ、幸せを覚えました。

私はしばらく、Kくんのするがままに身を任せていました。
そして変な話ですが、ふと別れた夫とのことを思い出していました。
前の夫にもこの休憩室で抱かれたことが1度だけありました。
滅多に店には顔を出したことのない夫が、従業員が休みの日に、会社帰りに店に寄ったのでした。
戸締まりをしたあと、夫がこの休憩室で求めてきたのでした。
夫は私を押し倒し、いきなりパンティーを脱がして挿入してきました。
私は、「妊娠したらどうするの?」と抵抗したのですが、そのまま私の中で果ててしまったのでした。
会社で嫌なことでもあったのかと思いました。

それがお店では最初で最後のことでしたが、それから私は念のため、コンドームを休憩室の棚の奥にしまっておいた事を思い出したのです。
今は、あの時とは違い、私の主導権でことが運ばれている・・・。
このうえない安らぎを感じていました。

私はKくんの右手を取り、今度は私の女の部分に導きました。
Kくんの指がパンティーの上から私の敏感な部分を擦って来ました。
Kくんの左手と舌はまだ私の乳房を弄んでいます。

そしてついに、パンティーの中にKくんの指が侵入してきたのです。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレガイド

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン