新着情報

文化祭の準備中に同級生のパンツにムラッときて

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の青春時代の経験話。
放課後、文化祭の大きなポスターの作業を教室で一人でしていた時、隣の席の女の子が手伝いに来てくれた。
恋人ではなかったが、かなり仲良くて俺は好きだった。

床で座りこんで絵の具を塗ってた時に、彼女がロッカーの近くに行ってスカート下のハーフパンツを俺の目の前で脱ぎ、再び戻ってきた!
俺は不思議に思ったが作業を続けた。
そしたら、いきなりしゃがみ込んでパンモロ状態。
びっくりしたが、しばらく堪能して・・・。

「パンツのプリント小さいクマ?」

「やだ、見えた?」

(いやいや、完璧に見せてたでしょw)

段々と盛り上がっていい感じになり、人陰が少ない教室に行ってキス。
調子に乗って「エッチしよ」と言ったら、「いいよ」と返答がきた!

彼女がフェラしてくれたんだが、フェラが初めての俺は咥えてもらった時から感じまくりでビクンビクンしてた。
彼女が「気持ちぃ?」と言った次の瞬間、物凄い勢いのバキュームフェラで俺のチンポをチューチュー強烈に吸ってくれた。
チンポの先っぽが溶けながらもぎ取られる感じでマジに感じまくりだった!
ノックアウト寸前の瞬間に、ちゅぽんと音を立てて口から離し、その反動でビューっと出してしまった。
チンポの先っぽだけだが、全身が気持ち良かった。
足がガクガクと痙攣して立ってるのがやっとだった。
今、思えば情けなく思う(涙)

ガマン汁が口の中に入った彼女・・・。

「しょっぱくて苦~い」

脈がバクバクしてまだ痙攣が治まらない俺!
うお~恥ずかしかったぜ。

「ゴム持ってる?」

「やば、持ってないや」

しばらく、時間が止まった気がした。

「じゃ、中に出さないって約束ならOK」

そう言われて、俺はシャキーンと復活(笑)
パンツ見た瞬間に「さっき俺に故意にパンツ見せてた?」と聞いたら、顔が赤くなって黙ってた(笑)

彼女のマンコはすでに濡れて準備OKだったが、強烈なバキュームフェラをしてもらったお礼として俺もクリを強烈に吸ってあげようと思ったが、彼女が恥ずかしいと言って断念(涙)

制服の場合エッチするの楽だし、超~興奮した!
当時の俺はラブホ入るのが恐く(年齢で拒否される)、家でしかエッチしたことがなくて、校内でするのが凄くドキドキした。

挿入する瞬間に足を開かせた。
毎回、女って体柔らかいって思う。
当時の俺はキスしながら挿入するのが好きだった。
彼女に挿入した瞬間、「キャッ」とびっくりして声をあげてた。
にゅるんって感じに速攻で入り、ギュッギュッと締まって気持ちぃ~!
まさに、どうなってもいいやって感じになる。
彼女が結構濡れるタイプだったので、マンコを突いてる時ニチャッニチャってやらしい音がした。

彼女が「音出しながらするのヤメて」と顔赤くして言ってきた(笑)

生フェラで抜いてある俺のチンコは元気で長持ちしてるので、余裕かましてもっと激しく突いたら、彼女のマンコがもっと濡れてきてブチュンブチュンと凄い音に(笑)
恥ずかしさに限界を感じたのか、「もう駄目」ってマンコから出してしまった(涙)
速攻でティッシュでマンコ拭いてたけど、太股まで愛液か、潮が垂れ流れてた!

ムスッとした表情ながら、彼女から騎乗位で挿入したが、彼女が超気合い入っててマンコがギュウギュウで、しかも体を打ちつけるように責めてきてスグに限界を迎えてしまった(涙)
それでも中出しだけは避ける約束だったのでストップ!

俺が「バックでしたい」って言ったら、「はずかし~」みたいなこと言ってたが、後ろから見たマンコに興奮して再びギンギン。

バックでやるのが初めてだった俺だが、騎乗位のリベンジするつもりで、勢い良く生チンコをマンコ突っ込んだ。
また彼女が「きゃっ」と半分悲鳴みたいな声を出した。
挿入した瞬間、愛液が少し飛び出てきた気がした。

思春期でエロ本を見てた影響のせいか、チンコをバックで子宮まで突っ込むシーンが頭をよぎったんかなぁ?
腰のクビレを両手で掴んで、チンポの根元まで子宮めがけて突っ込んだ!
そんなに大きいサイズではなかったせいか、子宮に当たる感覚はなかったが、めちゃめちゃ気持ちいいのと彼女の反応が凄く楽しかった。
ちょっと鬼畜(笑)

マンコにぶちゅんと挿入するとギュッギュー締まり、マンコから抜く時もヒダがチンポに絡みつく。
堪らない瞬間だ!
少し緩急つけて、彼女が力抜いた時に思いっきり突くと、挿入した瞬間にブチュンと音がして、深く刺さった時にマン汁がマンコからブシュって軽く噴いて・・・。

彼女「うぁークッ」

女子高生の新鮮なマンコだから感度が良かったのかな?
正直、生チンコでのエッチは俺としても気持ちよすぎでヤバかった。
女子高生のムチムチのお尻とムチムチの太股ってマジで魅力感じるから、俺もギンギン。
と、限界を迎えた瞬間、教室の床にぶちまけて試合終了!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

発情倶楽部

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン