新着情報

標高4500メートルでロシア美女と野外エッチ

この体験談は約 4 分で読めます。

ベースキャンプ(標高4500m)で白人のねーちゃんとやった。
テントから顔だけ出して、氷河見ながらバックで。
酸素薄いからすげー疲れた。

数年前、とある7000m峰に登った時のこと。
そこは標高2000mの草原地帯から氷河上4500mのベースキャンプ(BC)までヘリが一気に運んでくれるんで楽な反面、一気に標高が高くなるので高山病にもかかりやすいのだ。
俺は当時初めての高峰登山だったので、ヘリでBC入りした日は水分をよく摂って深呼吸をし、激しく動かないようにするなど、慎重に行動するようにしていた。

BCには各国登山隊のテントがひしめき、BC滞在中の食事はBC運営会社の大きなテントで支給される。
その食事用テントのスタッフで、今思えばシャラポアを小さくスリムにした感じの可愛い子がいた。
じっと見惚れてると向こうも気づいてニコッと笑ってくれた。

BC入りの夜、夕食後にBCマネージャーのテントで飲むこととなり、他のスタッフも交えた6人ぐらいで飲んでると、シャラポア似の子(仮にシャラポアと呼びます)も合流して結構遅くまで盛り上がった。
皆かなり酔いが回った頃、シャラポアが俺の隣にやってきた。
ロシア圏出身の彼女は英語が話せなかったのでロシア語会話集を片手に話してみると、19歳の大学生で夏休みのアルバイトで来ているとの事。

「いつかは日本に行ってみたい」とか言ってた気がする。

それよりも気になったのが彼女の仕草。
アルコールのせいもあるだろうが妙に色っぽいのだ。
腕にしがみつかれ、甘えたような声を出しながら俺の肩に顔をすり寄せてくる。
見た目に似合わずふくよかな胸の感触が腕に伝わるに及んで、チンコと一緒に俺のよこしまな気持ちもムクムクと盛り上がってきた。

宴会は更にヒートアップし、現地民謡に合わせてのダンス大会となった。
シャラポアが一緒に踊ろうと言うので手を繋いで踊ると、いきなりキスをしてきた。
しかも舌入れで。
突然だったのでびっくりしたが、俺も負けずに舌を絡ませた。
チンポはさらにギンギンになり、踊るたびにシャラポアの下腹部に当たる。
彼女も意識的に体を密着させ、自分の股間にチンポを擦り付けるようにしていた。
まだ20代前半だった俺はやりたい盛り。
でもBC入りの夜に飲み過ぎただけでもヤバイのに、ましてエッチなんて。
しかし俺の息子は理性とは正反対にギンギンだった。

外国語会話集ってさ、口説き文句とかも載ってるよね。
踊り終わった後、俺は会話集を見ながらロシア語で、「ウーミィニャーチビャー(君と寝たい)」(←確かこんな言い方だったと思う)って他の人に聞こえないように耳元で言った。
するとシャラポアは斜め目線で悪戯っぽく俺を見ると、チンポを指でピンって弾いた。

ああっ・・・。

夜も更けた頃、BCマネージャーが爆睡し始めたので皆三々五々自分のテントに帰り始めた。
俺とシャラポアもテントの外に出てみると満天の星空だ。
しばらく二人でぼーっと座って天の川を見上げる。
夏とはいえ外は結構寒い。
寄り添っているうちにキス再開。
そのうちシャラポアが俺の手を引き、何か言ってる。

「私のテントに行こー」ってことらしい。

ここまで来たらもう後には戻れない。
俺は一緒について行った。

彼女のテントはテント村の一番端っこにあり、うまい具合に隣のテントとは大きな岩を挟んで隔てられている感じだったと思う。
テントは内張り付で、ランタンをつけると結構暖かくなってきた。
濃厚なキスをしながら脱がせっこをして二人とも全裸に。
ダウンから順番に脱がせていくと、なんとノーブラだった。
道理で服の上からでも柔らかく感じたわけだ。
想像以上のいい体で、特に胸なんか適度に大きくて張りがあり、乳首はピンク色だった。
お互いの体を舐め合う。
乳首と首筋が感じるようで、舌を這わすたびにビクッと震える。

確かその後に69の体勢になりお互いに舐め合ったと思う。
フェラは意外と下手だったので攻めに徹し、いよいよ挿入って時に彼女が慌てて何か言い始めた。
身振り手振りで話すと、どうも、「ゴム付けて」と言ってるらしい。
そんな用意してなかったので、持ってないと身振りで伝えると、しょうがないなあという顔をして服を着始めた。
そのうち何か言いながらテントから出て行く。

(しまった、逃したかな・・・)

しばらくするとどこから貰ってきたのか幾つかゴムを持って帰ってきた。
寒くなってきたので二人とも服を着て、出すとこだけ出した格好でやる事となる。
確か正常位→騎乗位→バックの順だった。
締りがいいので気持ちよくって2~3回出したと思う。
最後のバックのときは二人で顔だけテントから出して、星明りで青白く光る山や氷河を見ながらやった。
でも、すっげえ息苦しかった。
だって空気中の酸素濃度は平地の半分位だから。
息苦しいのと気持ちいいのと混じって二人とも異様に興奮した。

シャラポアは「ダワイ!ダワイ!(はやく!はやく!)」を連発していた。

幸いなことに体調を壊すこともなく、山自体はその後20日位かけて登頂したんだけど、途中で休養しにBCに戻ったときは、テントの中とかテント村から離れたモレーン(氷河上で土砂が溜まっているところ)の上にマットを敷いたりしてやってた。
最後の方になると下手糞だったフェラもなかなか上達してました。
言葉なんか通じなくても結構情を交わせることを学んだよ。

シャラポアちゃんとはその時で終わりだったけど、そんなことがあってから結構野外セックスが好きになり、帰国後もよく山中でしてた。
そういや嫁との初エッチも山ん中でしたわ(笑)

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ラブコンプレックス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン