新着情報

元体育大水泳部の私と競泳水着フェチの男

この体験談は約 6 分で読めます。

今日は久々にヒマ。
退屈だから以前から立ち寄っていたここに足跡を残す事にしてみた。

私は、某体育大卒のOL。
と言っても、もう大学は4年ほど前に卒業した。
体育大卒で、体育科の教員になれなかった女の末路は悲惨。
ご多分に漏れず、私も採用試験にめでたく不合格。
なかなか就職先にありつけず、卒業後にバイトからこつこつ頑張り、やっとこのほど正社員になった。

職場にはそこそこいい男もいるけど、そこそこ可愛い女の子が多く居るので、私のような筋肉バカ女は、ほとんど女扱いされない。
中学の頃から始めた水泳のおかげで、これでもかというほどのアスリート体型。
そんな私に似合う可愛い服など皆無だし、顔もレスリングの吉田選手に似ているとよく言われる。
付いたあだ名が『姐さん』。
ほぼ毎日アパートと会社の往復で、合コンなどに誘われても可愛い子を引き立てるピエロみたいな役回りだ。

そんな私にだって、当たり前に性欲はある。

初体験が高校3年の秋口で、相手は大きな声では言えないが叔父(父の弟)だ。
祖母の13回忌の夜に叔父たちに「そろそろ酒でも嗜めろ!」と田舎ののんびりした風土から醸し出される雰囲気に呑み込まれ、酒を口にし、寝入ったところを叔父に・・・という次第。

叔父の事は嫌いではなかったので、それはそれでよかったが、その後、全くと言っていいほどに男運がない。

大学では4年間も部活にエネルギーを注いでしまい、気が付けば『アラサー』かよ!!
出会いがないからセックスもない。
だから自分でオナニーしているけど、ネタがない。
可愛い、年下のジャニーズ系の童貞をとか思うが、イマイチ妄想に身が入らない。

仕方ないので、会社の男に乱暴される妄想をしてみた。
これが結構燃えることが分かり、以来“レイプされる自分”をネタに慰めている。

ある日、好奇心から出会い系サイトに登録してみた。

「顔はレスリングの吉田似、ガタイよすぎてモテません。よかったらアクセスを!」みたいなメッセージを載せると、アクセスがもう止め処なく来てビックリ!!

胡散臭そうなものは排除して、実際5人ほどの男に会ってみた。
内訳は50代が2人、40代1人、30代1人、10代!が1人。
50代は二人とも脂ぎった感じでパス!
10代はオタクっぽくてパス!
見た感じ普通の人そうな30代と40代の人と掛け持ちで付き合ってみた。

40代は銀行員で、真面目そうだけどかなりの変態。
アスリートのユニホームに興奮する性癖で、実際吉田選手がオナペットという男。
どこから手に入れたのか判らないレスリングのコスチュームを私に着せて、ひとり興奮して射精する身勝手さん。

30代もアスリートフェチで、私が水泳をしていた事を知ると、「学生時代に着ていた水着を着てくれ」と会う度にせがむので、押入れの奥から発掘してホテルで着用してみると、スパッツ系の競泳水着はお好みではないらしく、その日はごく普通にインサート。

「次回はワンピース型の競泳水着で頼むよ」と哀願してくる始末。

どいつもこいつも!!

でも久々のセックスに封印されていた“女の性”みたいなものに突き動かされ、結局30代のこの男と毎回ベッドを共にする仲に。

大学1年の頃に着ていた、ご要望のワンピ型競泳水着が発掘されたので、私のアパートの寝室で6~7年ぶりに試着!
肩口にストラップが食い込んで痛いのと、下半身に水着が食い込みいやらしさ倍増!!
男は着替えを見ながらシコシコハアハアと目を血走らせる有様。

着替え終わるが早いか男が飛びかかり、「水着!大学生の水着!」と独り言を口にし、紺色の水着に『◯◯大』と縦に記載された校名部分を舌で丹念に舐めながら、興奮に汗まみれのご様子。

ちょっとふざけて「この水着でスケベな事がしたいんでしょ?」なんて悪女気取りで口にすると、その瞬間に理性が切れたのか「フゴッ」と一声上げ、もう水着を引っ張るやら弾くやら、舐め回すやら、色々なところにチンポを挿し込むやらで、感覚的に“犯されている”かのような気がしてきてしまい、私自身もスイッチオン!の始末。

お互い言葉責めに弱いみたいで、私はケダモノに犯されるように荒々しく突っ込まれながら、「お前の水着、陵辱してやる!!」なんて口汚く言われた瞬間、頭が白くなってしまい、後で男が言うには「犯して!犯して!」と騒いでいたみたい。

男は男で、『競泳水着』と口にするとヒートアップするほどの競泳水着フェチ。
「大会の時、同じ大学の男子部員に、この水着見られたりしたんだろ?」とか「マニアに水着をくれとか言われた事はないか?」とか、興奮しながら聞いてくる始末。
その全てに「あるわよ」と嘘半分真実半分に答えるだけで、チンポの硬さが変わるくらいの変態マニアぶり。

そのときは、夜の20時頃から始めたセックスを終えたのが翌日の10時頃というロングラン!!
途中、トイレタイムと水分補給以外は食事もとらず、全裸の男と、小さく食い込んだ大学時代の競泳水着着用の女が、くんずほぐれつもつれ合う長時間バトルで、体重も3キロ減の効果。
その後は、お互い立つこともままならず、泥のように眠り、起きたのが23時頃。

男も私もチャージ完了という感じで、第2戦目に。
スイムキャップとゴーグルをつけ、フェラチオ。

「◯◯大水泳部、◯◯大水泳部」と小声で囁きながら、私のフェラを堪能している様子。

ふと上目遣いに男を見ると、私のスイム(アンダー)ショーツに顔を埋め、フガフガジュバジュバと味わっているではないか!
いつの間にそんな物を!!
フェラの合間に聞くと、私が着ているこの水着から零れ落ちてきたそうで、私が寝ている最中は、これでシコシコとお楽しみだったみたい。
ホンマもののフェチ!変態!

攻守逆転で、次は男のサービス。
水着をこれでもか!というくらいに食い込ませてみたり、ヒップに張り付いている水着を思い切り引っ張っては離し、水着が肌を打つパシッッ!!という音にいちいち「ああっ」とか「おおっっ」という感嘆をあげ、「◯◯大学の水着、たまんねぇ!!」と泣く始末。

『水着とセックスばかりしないで、私もかまえ!!』とばかりに股間を顔に押し付ける。
水着を捲って、やっとクリ舐め、指入れ。

「部活のときは陰毛をやや剃っていた」という話をしてあげると、また興奮が加速したみたいで、勢いよく舐めてくれる。
これに気をよくし、この変態男が喜びそうな水泳部がらみの話を適当にこしらえあげて、吐息の合間に話すと「おふっおふっ!」と変な声を出し、いきなり立ち上がると水着の◯◯大の部分に勃起を押し付けて、通算7、8度目の射精。

量が少なくなってきたとはいえ、まだまだ行けそうな雰囲気。
手で何度か上下にシコシコしてみるもなかなか勃起せず。
そこで過去話を一席。
私ではないけれど、同じ部の先輩が水着泥棒にあったという話を脚色し、お聞かせする。
即勃起!
やっぱり筋金入り、競泳水着フェチの変態様だ。

わたくしだってせっかくのセックスだ!
気持ちよく昇天したいじゃないですか。

一試合目の10時間セックスで、ある程度体勢もでき、濡れ具合が少なくても行けそうだ!
いわゆる騎乗位というやつで、私も我慢ならぬとばかりに腰を動かす。
男も両手を伸ばし、乳房を揉みしだく。

中で感じる勃起度が落ちてくると・・・。

「◯◯大の女子水泳部員とセックスしているんだよぉ~、したかったんでしょぉ~、競泳水着着た水泳部員とぉ~?」なんて色っぽく語ると・・・。

「したかったんだ!何十年も!!競泳水着とセックスしたくてたまんなかった!!」

大きな声を出し、自分と私の言葉に溺れたかのように勃起度が上がる・・・やっぱ真正だ。
そう言いつつ、私も自分の言葉に酔いっぱなしで、傍から見るとただの痴女。
っていうか、実際セックスしたくてたまんなかった痴女ですけど・・・。

お互い身体のリズムがあってきたのか、共に昇天しそうな感じに。

「イキそうっっ!!」

「中でいいからっ!」

丸一日セックスに明け暮れ、今ゲーム初の中での射精へ。
フラフラの身体で体重計に乗ると・・・。

「おおっ!!トータル5キロ減!!」

現役時代のレース後にも似た充実感。

シャワーを浴び、男がどうしてもこの水着とショーツ、ゴーグル、キャップの一式が欲しいというので、私も欲しいと思っていたバックを購入する相対契約で取引。
精液と汗で汚れた競泳水着をカバンに忍ばせ、帰宅する男を見送る私。
セックス内容に問題はあると思うけど、こんな感じをみんな味わっていたのね、と私以外の女たちに軽い嫉妬。

翌日の月曜日は、筋肉痛の地獄が待つとはこのときは露とも思わず・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

メールアドレス交換広場

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン