新着情報

酔った勢いでちょっと好きだった男子と獣のように

この体験談は約 5 分で読めます。

数年前のことで、会話なんかはうろ覚えなんで脳内でwよろしくお願いします。

頃は大学4年の晩秋、学祭の打ち上げです。
当時私は卒論やら進学のことやら私生活の悩みやら色々重なってかなりテンパってまして、よく酒を飲みすぎては友人に迷惑をかけまくっていました。
当然打ち上げも最初から飲みまくりで、河原で倒れ伏すお馬鹿さんも続出w

その後、二次会が終わってもまだ飲みたりない何人かでクラブ(踊るほう)に突入。
私も勿論、相当ハイテンションで飲んでは踊り、揺れては飲み。
途中軽くリバースしてまた飲み。
そのうち(と言ってももう丑三つ時近く)私は結構ヘンな感じに出来上がってしまい、ソファにへたり込んでウトウトしてました。

家も近所で、凄く仲の良かった1コ先輩(M1)のY君が「帰るか~?」と聞いてくれましたが、私は虚ろな目をして「ん゛ーーーーーー?」てな感じで要領を得ず(あとで聞いた)。
仕方なく、Y君は私をチャリの後ろに乗っけてくれて、まだ暗くて寒い夜更けの道をキコキコ家路へ。

ところが!あまりにぐでんぐでんだった私は、途中でチャリから落下!
大通りの真ん中で転がる泥酔女・・・今思えば凄い図です。
こうしてみると私、今とあんまり飲み方変わってませんw

Y君は爆笑しながら私をおんぶし、「C(私)、しっかり掴まってな?」って私の両手をお腹の前へもってきて、片手できゅって握っててくれました。

Y君は故・有名格闘家(馬場さんじゃないですよw)を日本人にしてちょっとさっぱりさせた感じの人で、入学したばかりの時に新歓コンパのあと冗談でキスして以来、実はちょっと好きでした。
お互い彼氏彼女が居たりしてましたが、タイミングが悪かったのと腐れ縁で、当時はもう男女の仲というよりも、超ツレって感じのステキな関係になってました。

さてチャリから落下した私はもうぎりぎりのグロッキー&半べそ状態で、Y君に八つ当たりしまくって大変だったそうです。
おまけにここぞとばかりに甘えて、「寒いし淋しいし家に帰るん嫌やー。Y君ちでもっと飲むー」と強引に彼の家に雪崩れ込み、そのくせすぐに床に昏倒してしまう、というメチャメチャ失礼な体たらくだったそうで・・・。
Y君は一枚しか持っていない掛け布団を私に掛けてくれ、自分はソファで寝ようとしたらしいんですが、私が「一緒に寝るぅー」と彼の手を掴んで離さなかったらしく、仕方なく横に並んで寝てくれました。

私はこの時きっと、積年の欲情をモロにぶつけてたんですねw

私は「寒い寒い」と言いながら、Y君の胸に頭を押し付けて抱きついてた。

Y君は「はぁー・・・」って溜息をついてから、私をぎゅうって抱き締めてくれました。

何かブツブツ呟いて私の頭を撫で、髪の毛にチュってキスしてくれたのを覚えてます。
薄れかけの意識ながら、(もっとして欲しいなー)って思ってたのも覚えてます。
そしてフェイドアウト。

どれくらい経ったのでしょうか、あまりの寒さに目が覚めました。
少しだけ窓の外が明るくなりかけていて、白々とした光の中で隣に眠るY君の横顔が。
床に寝ていたので身体が痛いw
ふと気がつくと、何か胸の辺りがごそごそします。
あれ?と思って触ってみたら、どういうわけかブラのホックが外れていました。

(あれれ??自分で外したのかな。それとも・・・)

覚えてません。
Y君を見るとガッツリ寝ています。
時々ガタガタってひどく震える。
寒かったのか、それとも軽くアル中だったのかw

震える彼の身体に手を回して、抱き締める格好でしばらくぼーっとしてたんですが、まだ相当お酒が残っててイケイケだった私は、ちょっとムラムラして来たので、唇にキスをしてみました。
ちっとも起きないので、かなり大胆になって、Y君の上に乗っかってキス。

(・・・酒臭い)

私もか。

それでも起きないのでつまらなくなって、そのまんま胸に頭を乗せて、全体重をY君に預けてみました。
頬に心臓の音が聞こえます。

(Y君温かい・・・)

そしたら!急にY君がガバッと私を抱いて、逆に私の上に乗っかってきました。
ええ!と思ったんですが、そこは酔っ払ってた上に積もり積もった欲情・・・。
凄い勢いでキスしました。
噛みつくぐらいの。
痛いくらい抱き締められ、舌を絡め合う。
間髪を入れずY君の手が服の中に入ってきます。
おっぱい掴まれました。
乳首も指で強く摘まれて声が出ます。

(Y君痛いよ。でもきもちいい・・・)

服をたくし上げられて、お腹とかおっぱいとか強く吸われて(後で見たらキスマークいっぱい付いてた)、ヤバいほど興奮してしまって、ジーンズとパンツを脱がされた時には、ちっとも触られてないのにベタベタに濡れてた。
だってY君は私のアソコを指でぺろんってなぞった後、すぐに自分も下だけ脱いでいきなり挿れてきたし。
えっもう?って、今なら思うと思います。
でもその時はもう夢中で、涙が出た。
気持ち良すぎて。

酔っ払ってるせいか、いわゆるランナーズハイみたいな状態になってて、アソコの感覚とやらしい音だけが脳にガンガン響いてきてました。
最初正常位で、すぐバックになってひたすら突かれた。
ただ気持ち良くてもう声も出なくなって布団掴んでハアハアしてたら、彼のアレがいっぱいに入ってる私のアソコの中に指を入れて来たんです。
奥の方までアレで突かれて、入り口の辺りを指で中から弄られて、おまけにクリまで触られて、初めての感覚にもう呆気なくイっちゃいました。

後で聞いたら挿入中に指入れるのはY君の癖らしいです。
気持ち良かった・・・。

その後Y君がお尻の上に出して終わりました。

お互いほとんど言葉も交わさず、テクなんてどうでもいいって感じの、何か風情も何もあったもんじゃないエッチでしたが、生々しくて凄く刺激的でしたw
寒さのせいか気持ち良かったせいか、終わった後二人ともガタガタ震えて、抱きあって寝てしまいました。

起きたら夕方近くて、二人とも下半身だけすっぽんぽんで面白かった。
もちろん身体のあちこち痛くて、私は風邪を引きました。
恥ずかしかったのと、ちょっとだけ(ヤッチャッタ・・・)ってのがあったんで、あんまり喋れずに、帰りました。

その後しばらくは、ちょっと恥ずかしくてY君とはあんまし喋れなかったんですが、何せ超ツレなんで、数日後にはその話で酒が飲めるくらいになっていました。
やっぱりブラはY君が外したそうですw
キスしておっぱい触ってみたけど、私が起きないから止めたらしいw

お互いそのとき特定の人は居なかったんで、「付き合ってみる?」って話にもなったんですが、何か照れ臭くて、「このままでいいやん」って相変わらず超ツレのまま。

2年後、私が院を卒業し、土地を離れても何度か飲んだりしたんですが、一度もそういう機会はなく・・・。
その後いつの間にかちっとも会わなくなって、去年くらいに、風の便りでY君が結婚したって聞きました。

実は当時、やっぱりY君のことちょっと好きだったのは今でも内緒です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレガイド

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン