新着情報

彼女に初めて生でバックしたら反応が凄かった

この体験談は約 3 分で読めます。

俺の彼女は水樹奈々似。
あの時は二人でもつ鍋を食べに行った帰りだった。
もつ鍋屋さんで酒飲みながら色んな話をして、水樹さんに男として認められた感じでウキウキしながら帰ったんだ。

水樹さんの部屋に着くと、とりあえず一緒に風呂に入った。
LUSHで買ったバスボールを入れて風呂に入った。
2人入るとなると結構キツいんだけど、俺も水樹さんもその狭さと密着加減がとても好きだった。
シャワーを浴びながらの立ちバックも手慣れたもので、水樹さんはいつも「立てなくなっちゃうよ~」とか言いながら二人で楽しんでいた。

風呂はいつも俺が先に出るので、体を拭いてビールを飲んで待っていたら、今回は下着姿で横に座ってきた。
まだ酒が残っているのか、水樹さんはほんのり色づいた顔で俺の飲んでいたビールを口に含むと、そのままキスをしてきた。
更にビールを口移しで飲まされた。
水樹さんはテンションが上がっていて、俺をベッドに押し倒した。
しかしそこは男の意地の見せ所、逆に押し倒し、ブラとパンツをポイポイっと投げ捨てた。

俺もテンションが上がっていたので、水樹さんの両手首を掴み、頭の上にあげた状態で固定して、舌で身体(特に脇)を舐め回しながらオッパイとかアソコとか触りまくった。
水樹さんはいつもと違う強引なエッチに喘ぎ声交じりに、「レイプされてるみたい・・・」とか言って感じてた。
その発言に興奮した俺は水樹さんを責め倒してサクッとイカせてみた。
すると、「イッちゃった~」とか言った瞬間に俺を押し倒してきた。

次の瞬間には水樹さんはチンコを咥えていて、すごい勢いでディープスロートしてきた。
今日すげーなーとか思って見ていると、いきなり顔を上げて生で入れようとしてきたので、ベッドの上だし、さすがにゴムを付けねば!と思ってゴムに手を伸ばした。
すると、「私ベッドの上で生でするの初めてかも・・・」とか言って、俺ももういっかと思って身を任せた。

水樹さんは上に乗って自ら腰を振ってきた。
俺も水樹さんの腰を掴んで下から突き上げた。
生なのと興奮したシチュに水樹さんはしきりに、「気持ちいい、気持ちいい」と言っていた。
オレも何度も突き返してイキそうになったので、さすがに一度抜いて、ゴムを付けようと思った。
抜いた瞬間、物欲しそうな顔をして目がトロンとしていた。

ゴムを付けようとすると水樹さんが、「私が付けてあげる」と言ってくれたので、お願いする事にした。
水樹さんはスルスルとゴムを付け終わり、早く続きがしたそうな顔をしていたので、今ならいけると思って言った。

「バックでやらないか?」と。

水樹さんは恥ずかしそうにコクリと頷いた。
バックですると部屋にはパンパンと響く肌と肌の音と、水樹さんの、「奥まで当たるっ・・・」とか、「あぁっ・・・」とか言う声が響いていた。

俺のチンコは水樹さんの中で一番と言うくらい相性がいいらしく、気持ちいい所にちゃんと届いてくれるそうで、何度もイッていたらしい。
一回ノリで計ったら14cmしかなかったけどね!

初めて水樹さんにするバックの光景はすごかった。
水樹さんも自分から腰を振りながら、「イっちゃう・・・イっちゃう・・・」とか言って求めて来たので、ペースを上げて腰を振ったらすぐに、「あぁぁっ!!」と叫んで痙攣した。
すごい景色だった。
綺麗な筋が浮き出た背中がビクビク震えて崩れ落ちていく様は未だにオカズにさせてもらってますww

水樹さんはイッてしまったけど、俺はまだイッてなかったので、水樹さんの背中にもたれ掛かるようにして前のめりに倒れ、チンコを奥に奥に差しこんで、中でピクピクさせてみた。
すると水樹さんは、「抜いて、イッちゃうから抜いて!」とか言ってたけど、構わず中でピクピクさせ続けると、「恥ずかし、あぁぁっ!」とか言って絶頂を迎えてました。
全然元気な俺は構わずに突いて突いて突きまくる事に専念しました。
大体10突きに1回はイッていて、かなり敏感になっていました。
気持ち良くなって水樹さんの中で果てたら、その時のピクピクでまたイッていて、ギュウギュウに絞めてきました。

エッチが終わると水樹さんは長距離走った後みたいになっていて、ゼエゼエ言いながら、「今日激しすぎるよ~ww」とか言ってました。
もちろんその日もイチャイチャして、キスしたりして眠りました。

以上です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Elegant Style

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン