新着情報

挿入以外は色々した彼との思い出

この体験談は約 5 分で読めます。

高校2年から大学1年まで付き合っていた彼氏のことが忘れられません。

彼氏と言っても、エッチは結局してません。
してないって言うか・・・、挿入をしなかっただけで、挿入以外は色々しました。
同級生だったんですが、高校生のときは手も繋いだことがなくて、時々自転車で二人乗りするときに、彼の腰に手を回すのが恥ずかしくてドキドキしてました。

初めてキスをしたのは高校を卒業した3月、同級生と行ったスキー旅行です。
大勢で行って民宿のようなところに泊まったので、部屋は男女別でした。
お風呂からあがって、彼と待ち合わせをして、テレビの置いてある歓談室みたいな所のソファで話してました。
みんなは男子の大部屋で飲んでました。

夜が更けてきて、どういうわけか忘れましたが、スキー道具の乾燥室で話すことになりました。
たぶん、お互いに二人っきりになりたかったんだと思います。
乾燥室はちょっと暑かったですが、スキーブーツを脱ぐときに腰掛ける木のベンチが置いてあり、そこに座って話をしてました。
明かりは裸電球一つで、部屋の中はかなり暗かったです。
二人とも、ファーストキスをするってことを意識していたんだと思います。
何を話したかは全く覚えてません。

そのうちに彼(T君)が、「キスしていい?」と聞いてきました。

私はとうとう来た!と思ってたのですが、やっぱり怖くて、「え?何?」と惚けてしまいました。

するとT君が強引にキスをしてきました。
唇が触れるだけの軽いキスでした。
でも、そのキスでT君のスイッチが入ってしまったみたいで、すぐに舌で私の唇をこじ開けて口の中に入れてきました。
そして、「ああ、柔らかい。あったかい」と時々囁きながら、ホント貪るようにキスをしていました。
私はたぶん、T君のシャツの鎖骨あたりにしがみついてたと思います。
首に手を回したりする余裕なんてありませんw

T君の唇があごの下から首あたりに移動してきて、それと同時に背中に手を回されて、私の体を支えながら、ゆっくりとベンチの上に横たえました。
そのときの私の格好は、学校の友達と旅行に来たということで、上下とも学校のジャージw
T君は「胸に触っていい?」とわざわざ聞いてきました。
私はもう恥ずかしくて、目を瞑って頷きました。

ジャージの下からT君の手が入ってきました。
胸があまり大きくない私ですが、そんなことを恥ずかしいと考える余裕もありませんでした。
ブラジャーの上から私の胸におずおずと触れてきました。
すぐに彼の手が背中のホックのあたりに移りましたが、T君も初めてで上手く外せませんでした。

「ごめんね・・」と謝ってました。

私は一度体を起こして、T君に抱きつくような体勢になりました。
T君はジャージの後ろをたくし上げて、私の肩越しに目で確認しながらホックを外しました。
そこでまたベンチに横になりました。
するといきなりジャージをたくし上げて、ブラも上にずらしてしまいました。
部屋はそんなに明るくないのですが、男の人に初めて見せたので、恥ずかしくて恥ずかしくて、「いやだ・・・」と泣きそうになってしまいました。

T君は「ごめん。我慢できない」と、むしゃぶりついてきました。

乱暴に私の胸を触りながら、夢中で吸い付いてました。

そして、「柔らかいよ・・・きれいだ・・・」って言ってました。

私はオナニーはずっと前からしていたのですが、胸を自分で触ったりはしないので、初めての経験に頭は真っ白。
そのときは感じるなんて感覚ではなかったです。

しばらくして、ジャージのズボンに手がかかりました。
私もその頃にはかなり興奮してきていたので、腰を少し浮かせて脱がせやすくしました。
この旅行では、部屋も男女別のそれぞれ大部屋だったので、こんな展開になるとは思っていなくて、普段と同じ下着を着けていたのがひたすら恥ずかしかったです。
(こんなことならもっとカワイイ下着をつけてくればよかった・・・)とか、(汚れてなかったかな・・・)とか考えました。

彼ももう興奮してしまっていて、この頃にはかなり強引になってました。
下着は脱がせずに、下着の中に手を入れてきました。
どこをどんな風に触られたかは覚えてないのですが、このときもやっぱり、「あったかい・・・」って言ったと思います。
いつもの自分の手と違う、ごつごつした男の人の手に触れられてすごく恥ずかしかったです。

もう彼の理性は完全に吹っ飛んでしまったのか、かなり乱暴に下着を脱がせてきました。
私はびっくりして、「お願い、電気を消して・・・」って言ったのですが、「いやだ。見たい」と言い、床に膝立ちになりました。
そして私のお尻がベンチの端に来るように、私の体を引きずり、強引に私の足を開けました。

私「いやぁ・・・恥ずかしい・・・やめて・・・」

私は顔を手で覆って言ったのですが、彼は全く返事をしてくれませんでした。
そして私のあそこに顔を近づけて、まじまじと眺めて、「ああ・・・きれいだ・・・きれい・・・」と言って口を付けてきました。
私は本当に泣きそうでした。

「いやだ・・そんなところ汚いよ・・・」と言うと、「汚くなんかない!!すごくきれいだ」と舐め続けてました。

でも恥ずかしくて恥ずかしくて、「本当にいやだ。もうやめて・・・」と泣いてしまいました。
すると、「ごめん。でも、可愛いよ・・・」と私の上半身の方に回り、キスをしてきました。

T君が、「手で触るのだったらいい?」と聞くので、「うん」と言いました。
彼は私のあそこを色々と触ってきました。
クリに彼の手が触れたときは、「あ、そこ・・・」と声が出ました。

「ココがいいの?ココ?」と触ってきました。

「あ、そんなに強く触ると痛いの。優しく触って・・・」と言うと、「こう?こう?」と色々してくれて、「あ、それ・・・」って、すごく気持ちよかったので、思わずそう言ってしまいました。

(ああ・・・このままだったらイッてしまいそう。でもオナニーしてるのばれそうでいやだ・・)と考えましたが、彼は続けてました。

声を出すのは我慢してたのですが、T君が「声、聞かせて。お願い」と言うので、ちょっとだけ出しました。

「・・・んっ・・・んふっ・・・あっ・・・」って、たぶんこれぐらいです。

私「・・・あ・・・だめ・・・」

T君「どうしたの?痛い?」

私「・・・ん・・・イッちゃうかも・・・」

T君「いいよ・・・イッて・・」

私「・・・いやぁ・・・恥ずかしいぃ・・・」

T君「イッて・・・イクところ見せて・・・」

私「・・・いや・・・いやいや・・・」

私はオナニーのときも、何かを掴まないとイケないので、彼のシャツを右手で握り締めました。

私「・・・ああ・・・だめ・・・イク・・イク・・・いやぁぁぁぁ」

そして、結局イッてしまいました。

彼は「可愛かったよ。きれいだよ」ってずっと言ってました。

その日はゴムを持ってなかったので、エッチはしませんでした。
(その後、別れるまでの一年間、挿入自体はすることがなかったのですが)
私がイッた後、彼のオチンチンを触らせてもらい、出したいと言うので(私はまだ恥ずかしくて、そこまでできなかった)、彼が自分でして、出しました。

あれから一年で、私から終わらせてしまった遠距離恋愛でしたが、今でも好き・・・っていうのではなく、思い出すたびに胸がぎゅーっとなります。

・・・T君に会いたいです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

主夫SEARCH

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン