新着情報

親友の妹が突然風呂に入ってきた

この体験談は約 8 分で読めます。

中二の頃に部活で一緒になった加藤。
ウマが合ったのか、大学になっても付き合いは続いた。
時々遊びに行っては加藤の家で夜を明かす事も度々あった。

この加藤には妹のサキがいる。
兄妹の仲も良いので俺達の会話に入り込む事もしばしば。
可愛いな~とは思うが、特にどうこうとは考え無かった。
朝まで加藤の家で過ごし、同じ大学に通っていたので一緒に登校する時には、ついでにこの妹も高校に届ける事や、「遊びに来るなら妹を拾って来てくれ」と頼まれる事もある。

「すみませんわざわざ、お邪魔しま~す」てな感じで何回か拾いに行った。

比較的お堅い女子高だからか、ある日、校門前でサキを拾うと女性が飛び出して来た。

「加藤さん!どこへ行くの!?」

スーツを着てるところから、たぶん先生なんだろうな~って感じ。
サキは呼び止められ、面倒臭そうに乗りかけた車から降りた。
先生と話をしたサキは車に戻ると少し怒っている。

「ようさんの事、『誰なのあの男の人は?』だって!」

どうやら男に堂々と送り迎えさせてると思われたらしい。
先生を見ると申し訳なさそうにこちらへ何回か頭を下げていた。

「あ~そうか(笑)怪しくないって解ればそれで良いや」

そう言って送り届けた。

別の日に遊びに行った際に再びこの話題になった。
自分達の高校も、かなり校律は厳しく、「女子高ならなおさらだろ」なんて会話をしていた。

「俺がサキちゃんに手を出す訳がね~じゃん(笑)」

なんて言ったが、ここ最近のサキの行動が気になっていた。
兄貴に気を遣ってかベタベタはしないが、距離を縮めようとする雰囲気を感じて、気付かないフリをして、理由を付ける様に距離を空けたりした。
時にはショートパンツって言うの?ジーンズの短いパンツでやって来くるから多少は目が行ってしまう。
そんな視線を楽しんでいる気もするが、あえて気にしない様にしていた。

ある日、加藤が先に寝てしまい、声を掛けても反応が薄い。
帰ろうかどうしようか迷っていると、サキが部屋に入って来た。

「あれっ!?お兄ちゃん寝たんだ?ようさん、もし大丈夫だったらコンビニまで乗せてって欲しいな~なんて!」

ニコニコお願いされれば、「しょうがね~な」と言いつつ断る理由も無いので送る事にした。

田舎だし、夜は暗いし、冬だったので雪もある。
しかしサキはそんな時なのにショートパンツだった。

「寒くね~の?」の問いに、「だから送ってもらうの!」ともっともな返事だった。

近くのコンビニまで5分位、山を崩した住宅地は雪が深い。
雪は音を吸収するので、自分達が乗る車の音以外は驚く程静かだ。
何か下らない話をしたが覚えていない。
コンビニで俺はタバコと飲み物、一応朝食も買った。
サキは雑誌と飲み物とお菓子をカゴに入れていた。

レジでは一応、「高校生の小遣いなんて少ないだろ?」と無理矢理カゴを取って会計した。

「そんなつもりじゃなかったのに~!スイマセン」とサキはやたら恐縮していた。

「またまた~(笑)上手いよね~」なんてふざけながらの帰り道、サキが「あのねっ!」と急に大声を上げた。

俺は道路の何かを見落としたかと思い、心臓が飛び出す位マジで驚いた。

「何!?何?人でも居た?」てな感じ。

「スイマセ~ン・・・驚かせて、何でも無いです」と笑いながら言っていた。

特に事故りそうって訳でも無かったのでホッとして、それ以上は聞かなかった。

家に戻っても加藤は相変わらず寝ていた。
むしろさっきより爆睡。

「お兄ちゃん寝てるから・・・あたしの部屋で少し話そうよ」とサキから誘われた。

知ってるとは言え、女の子の部屋だ。

「大丈夫だから」と断ったが、「良いから良いから」と手を引かれて部屋に入った。

加藤とはやはり違う。
まず綺麗(笑)
ゴミなんか無い。
って言うかゴミはごみ箱に入ってる。

「ハッハ~、一応女の子の部屋だねー、綺麗じゃん」なんて失礼な事を言ってしまった。

「お兄ちゃんと一緒にしないでよ~」なんて他愛も無い会話をしていた。

「風呂も入りたいし、加藤も寝たし帰ろうかな~」なんて言ったらサキから言われた。

「お風呂入れば?今日はウチの親二人共いないから」

加藤から聞いて知ってはいたが、さすがに家族の風呂に入る図々しさは無かったので断ったが、「入れ入れ」と騒ぐサキに押される様に入る事にした。
20分程で準備が終わり、恐縮しつつ入った。
さっさと上がんべ、と思っていると脱衣所に誰かが入ってきた。

「加藤?」と声を掛けると、サキの声で「そうだよ~」って返事が。

「いやいや、加藤違いだろ!」とツッコミを入れたが、次には「入るよ~」とサキの声。

「無理!無理!俺、裸だから!」と、風呂に入れば裸なのは当然なのに口走る。

「知ってる~(笑)」

(冗談か!?冗談だよな!)

そう思っていると、磨りガラスの向こうではサキが本当に脱ぎした。

「やめろって!加藤が上にいるべ!?」と言う頃にはバスタオル一枚でサキが入って来た。

「ジャジャ~ン!」と言いながらとうとう入って来てしまった。

「お前・・・頼むよ!俺の方が恥ずかしいわ!」

股間を隠しながら湯舟で固まってしまった。

「下は水着だから!」と笑っている。

「んな訳ね~だろ!水着なんて着てなかっただろ!」と突っ込めば、「しっかり見てるじゃん!」との突っ込み。

・・・ハイ、その通りです。

正直、自分の周りの人とは付き合うとか体の関係になると、関係が崩れるかも知れないと避けていた頃だ。
しかもサキにも言った事あるよな~なんて考えていた。

「魅力ない?」

真顔で聞かれ、動揺しつつも「そんな事は無いよ」と言った。

「良かった~」と言いつつシャワーを浴び出すサキ。

シャワーを浴びれば、バスタオルは体に密着し透けて見えてしまう。
白いバスタオルからは肌と、股間には黒い部分が透けている。

「悪い事言わないから上がれよ・・・」

そう言いながらも股間は勃起して、目はサキの体から離せない。

「寒いから入るね!詰めて!」

そう言われて端に詰める。
こんなに自分の体を小さく寄せたのは初めてだ(笑)

「私さ~・・・ようさんのこと好きなんだ」

「・・・だからって、風呂に来るなよ~。俺の方が恥ずかしいよ・・・」

「・・・だって、逃げるじゃん(笑)」

そんな会話をしているうちに沈黙・・・。

(ここまでさせてしまったのだ、これから先は俺だよな)と思い、抱き寄せてキスをした。

隠すのをやめた勃起したモノがサキの足に当たった。
サキは経験済みなのだろう、躊躇わず俺のモノに触れて来た。
スリムな体に巻き付くバスタオルを外し、その胸に触れた。
程よい大きさの胸は、湯舟から上がっても乳首が上を向いている。

「綺麗な胸だね!」と努めて明るく言うと、嬉しそうに「ありがとう」と答えた。

サキを湯舟の淵に座らせ、キスをしながら股間に触れた。
既にそこは濡れており、ヌルッとした感触があった。

「アッ・・・」

目を閉じたサキが反応する。
俺は指の動きを止めずに意地悪な質問をした。

「石鹸かな?ヌルヌルしてるよ・・・」

サキは恥ずかしそうに「・・・バカ」と答えた。

舌を絡めながら、指は休めずに刺激を続けると、サキの口から漏れる喘ぐ吐息が大きくなって来た。
風呂場では声が響くし、サキの部屋では隣に加藤がいる。
するとサキから「居間に行こうよ」と提案された。

お互い体を拭き、バスタオルを持って居間へ移動し、ソファに裸で座った。

「舐めて良い?」

サキはそう言うと、勃起したモノを口に含んだ。
ペチャピチャッと音を立てながらサキは一生懸命フェラをして来た。
誰かに教え込まれたのか高校二年という年からは想像出来ない程上手かった。

「サキちゃん・・・凄く上手だね・・・気持ち良いよ!」

そう言うとサキは顔を上げ、「本当!?嬉しい!ようさんが気持ち良いならもっと頑張るね!」とさらに激しくペニス全体への刺激をする。
唾液でベチョベチョになったペニスを手で刺激しながら、股間周辺の足の付け根、腹筋、そして乳首までサキの長い舌が卑猥な音を立てながら刺激する。

「ヤバイって(笑)そんなに刺激されたら出るよ」

そう言うとサキは、「私・・・尽くすのが好きなの・・・サキのお口で気持ち良くなって欲しい・・・。最初のはお口に頂戴!」と見た事がないくらいの甘えた仕草で言ってきた。

再びサキが下に移動し、形の良い胸で挟むと、上下に擦り付ける。
さらには下に動いた際には口に含み、亀頭へ強く吸い付く。
口と柔らかい乳房、そして肋骨の刺激が俺の射精感を一気に高めた。

「あ・・・凄くピクピクして来た・・・もう出る?サキのお口に白いのいっぱい出して・・・」

サキはそう言いながら、自ら股間を弄りながら根元まで咥え込み強く刺激した。

「ウッ・・・出るよ・・・」

そう言うと一瞬さらに硬くなった後に、一気にサキの口の中に射精した。

「ンッ・・・ンッ・・・」と呻きながらサキは吸い取る様に口を止めない。

「ウォッ・・・サキちゃん・・・凄く気持ち良い・・・」

既にサキの中に入れるつもりで、全てを出さない様に耐えるつもりだったが我慢出来なかった。

「・・・いっぱい出たね・・・濃くて美味しい・・・」

喉を鳴らして飲み込むサキは、「出してくれた事が凄く嬉しい」と言っていた。

少し話をしたら、サキは結構前から好きでアプローチしていたのに全く振り向かない、チラッとは見るのに何も言って来ない俺に、いつかは自分から大胆に行こうと決めてた、という事だった。

お互い裸で横になっていたが、回復したところで今度はこちらから激しく求めた。
上に乗り、激しく唇を奪う。
乳房を愛撫し、片方は口で攻める。

「アッ・・・!イイッ!もっと・・・ヒッ!」

途切れ途切れに呟き喘ぐ。
下を触るとこぼれる位に溢れている。

「早く!サキ我慢出来ない!早く頂戴・・・」

俺は一気に差し込み、興奮もあって激しく動かした。
部屋にはサキの喘ぐ声と、サキから溢れた物が激しくピストンされて出る潤滑油の音が響いた。
顔を真っ赤にしながら汗をかいているサキの顔は、快楽で歪んでいる。

「・・・アァッ!アッアッアッ・・・!もう駄目もう駄目!イッちゃう!変になっちゃう~!!」

そう叫ぶとビクッと何回か痙攣し、果ててしまった。
虚ろに半開きの目は泳ぎ、ヒクッヒクッと反応している。

「ウッ・・・ウッ」と腰の動きに時々反応する。

「出るよ!サキちゃん・・・俺ももう出ちゃうよ・・・」

そう言うと、サキがゆっくりと腕を首に回して来た。
そんなサキの反応を見ながら発射寸前に抜き出し、サキの腹の上に発射した。
先程の量からあまり出ないかと思ったが、少ないながらサキの胸にまで飛んで行った。
お互い暫く動けなかった。

「嬉しい・・・私、ようさんには魅力のない女って思われてると思った・・・」

そう言うと嬉しそうに笑った。

この後も結局関係を持ち続け、付き合う事になった。
加藤とは最初は少しぎくしゃくしたが、それもすぐに無くなった。

この後・・・。
ではエロ無しですが付き合うまでの大体の流れを・・・。

あの後、色々サキと話をした。
サキ自身は、付き合う事は兄貴は別に関係無いと積極的だが、俺からしたら加藤は付き合いも長い友達だ。
これで関係がおかしくなるのも嫌だが、黙って付き合う気もしない。
結果的にはサキが居ない時に切り出した。

「サキちゃんの事だけどさ~」
「おぅ?サキがどうした?もしかしてまた何か迷惑掛けたか?」

「違う違う!う~ん・・・何て言ったら良いかなぁ~」
「あっ!もしかして何か言われたか?あいつお前といると少しおかしいよな?もしかしてさぁ・・・好きなんじゃね~かと思うんだよな・・・何とも言えんけど」

「あ~・・・(笑)いや~、なんて言うか・・・う~ん」
「え?マジ!?何か言われたんだ?ゴメンな~迷惑だよな」

「いやっ・・・何て言えば良いか・・・俺、サキちゃんが好きなんだ、付き合いたいって本気で思ってるんだ」
「・・・マジで?」

「う~ん、うん。本気で」
「・・・お互いが良いなら別に口出しする事じゃないけど・・・そうかぁ・・・ん~、まぁワケ解んない奴を連れて来られる位なら良いけど・・・あんなんで良いのか~?」

「いやいや、サキちゃんは良い子だよ。ただ、やっぱ加藤にどう言おうかと思ってさぁ・・・」
「あ、まぁ俺は良いよ!ウンウン、お前の方は解らなかったけど、あいつはそうなんかな~って何となく思ってたから・・・って言うかお互いそうなら安心したよ・・・振られた上にお前が遊びに来たら厳しいもんな(笑)」

てな感じのやり取りがあった。
もちろん、体の関係が先になった事は言えなかったけど・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おっぱいセフレ掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン