新着情報

Fカップの泥酔美人はお堅い公務員だった

この体験談は約 7 分で読めます。

私は未婚の男で現在セフレが6人ほどいます。
常に新しい出会いと経験を求めて毎日彷徨っています。
ちょっと変態で頭がおかしいと思う方もいらっしゃると思いますが、一応重役の仕事をさせて頂いております。

さて本題ですが、昨日帰宅途中に泥酔した女性を見つけてしまいました。
時間は11時半位で、私の家は都内の繁華街にありますので、この時間帯は酔っぱらったサラリーマンが道で寝ている事も普通にあります。

私は駅を出てコンビニに行こうとしたら、途中の駐車場の中に黒いパンツスーツを着た女性が座り込んでいました。
酔っぱらっている事は何となく分かって、いつもなら気にしないのですが、昨日はその人が妙にエロく見えてしまい、人が居ないのを確認して近づきました。

近くに行くと、女性が吐いたあとが残っていてウワーと思いましたが、シャツの隙間からおっぱいの谷間を見つけると、どうでも良くなってしまいました。
おっぱいはかなり大きいのが分かりました。
顔をチェックしようと、下を向いている彼女に「大丈夫ですか?」と声をかけながら顔を上げさせると、眼鏡が落ちそうになった地味目の美女が出てきました!
ドキドキしながらじっくり顔を見ましたが、ヘアースタイルはショートボブみたいな感じで、化粧が派手でなく、育ちのいい感じがする奇麗な顔です。

私は絶対何とかしてやろうと思い、コンビニで水を買って来て、飲ませながら「ここじゃ危ないですから」と言って一緒に立って歩き出しました。

女性は「大丈夫です・・・帰ります・・・」と言っていましたが、一人では歩けない状態です。

私はそのまま近くのラブホテルが何軒かある所まで行きました。
そして「少し休みましょう!」と言って中に入りました。
女性は何処に入ったのか分からない様子で、私にもたれながら歩いています。

私はさっさと部屋に入って、「苦しいでしょ?服脱ぎます?」と言いながら徐々にスーツを脱がせました。

改めて見ると、すごい巨乳です。
そして私は部屋の暖房をマックスにしました。
脱がせてる途中で「どこですか?・・・ここ・・・誰・・・?」みたいに言っていたので「忘れたんですか?さっきまで一緒に飲んでたじゃないですか!」と適当に話をしていました。
途中で彼女はベッドに倒れ込んでしまったので、寝かせたまま服を脱がせます。
この頃には部屋の温度は上がってきて、彼女も「あつい・・・あつい・・・」と言い出して、自分で脱ごうとしています。

そして彼女を真っ裸にすると、私も裸になり、激しくキスをしました。
最初は抵抗しましたが、舌を絡め続けていると大人しくなって抵抗は無くなりました。
そして待ちに待った巨乳にむしゃぶりつきました。
両手に収まり切らないサイズの巨乳をタップンタップン揉みまくりました。
彼女も段々呼吸が荒くなって「あうぅぅぅ、はぁぁぁ」と声が漏れています。
エッチな夢でも見ていると勘違いしているのでしょうか?
全然抵抗する様子がありません。

激しく乳首を舐めまくると、コリッコリに乳首をおっ立てて感じています。
乳首をしゃぶりながらアソコを触ると、ビッチョリ濡れて、周りに汁が垂れまくっていました。
私はクリの皮を捲り、擦り始めました。
手の指を四本揃えて小さく手を振るように小刻みにクリを擦りました。
しばらくすると、彼女の声が大きくなって・・・。

「あああああ、はあっぁああああ、うぐうううう!!!」

手の周りが温かくなった気がして見てみると、大量の潮を噴き出していました。
そして同時にイッてしまったようで、ブルブル震えていました。

そろそろ私も我慢の限界ですので、そのまま正常位から思いっきり生でぶち込んでしまいました。
彼女は「痛い、くうぅぅ」と言いましたが、そのまま続けると明らかに感じている声に変わってきました。
そして激しく突きまくっていると、また声が大きくなって「ああああああ、うぐうううううう、はうううう」とガクガク震えだしたと思ったら、またイッたようでした。

私もそのあとすぐに出したくなって、激しくピストンをして・・・。

「中に出すぞ、いいか?」

「ああん、あん、はぁあああ、だめ、はあああ」

構わずそのまま中に思いっきりぶちまけました。
彼女は大量のモノを受け止めながら、痙攣してグッタリしていました。
私は終わるとすぐにシャワーを浴びに行き、ベッドに戻ると彼女はそのまま寝てしまっていました。

もうやってしまった後ですが、彼女がどんな女なのか気になってカバンを探ってみました。
すると名刺が出て来て、驚いた事に税金関係を扱っている公務員さんでした。
しかもちょっと偉い立場の肩書きが書いてあって、更に興奮しました。
どうやら結婚はしていないようなので、このまま一緒に泊まって次の日も・・・。

ドキドキして翌朝を迎えました。
私は早めに起きてしまい、隣を見ると昨日のままの女性が寝ていました。
改めて顔を見ていると、かなりの美人ですし、おっぱいもFカップ以上はありそうです。
アソコを触ると、昨日の二人が出した体液がザラザラに固まっていました。

それから私は体を揺すって女性を起こしました。
女性は眠そうに眉間にしわを寄せて目を開けました。
私はしばらく何も声を発しないで見守っていると、私の顔を見る前にビクッと動いて、いきなり起き上がりました。
自分が裸だと気が付くと凄い勢いで布団を引き寄せて隠していました。
状況が理解できなくて混乱しているのか、一切声を発しません。

そして初めて私の顔を見ると、化け物でも見るような顔をして、逃げようとしたのかベッドから落ちてしまいました。
私もこの状況は初めてでしたが、大声を出して暴れると思ったら、意外と混乱すると声を出せないんですね。

私はベッドから落ちた彼女に近づき・・・。

私「大丈夫ですか?」

彼女「・・・何ですか・・・」

小さくなって震えています。
私はこの空気を何とかしようと思い、昨日の夜に適当に考えていた話をしました。

私「覚えてないんですか?昨日僕のスーツにあなたが吐いたんですよ!」

彼女「えっ、・・・そうなんですか?」

私「ええ、それで僕は家に帰れなくなってしまったので、近くのこのホテルに泊まる事にしたんですよ!」

彼女「何で私も・・・」

私「いやー、あなたが凄く謝るので、一緒にホテルで飲み直してくれたら許しますよ!って冗談で言ったんですよ。そしたらオッケーしてくれたんで・・・」

彼女「えっ、そんなこと・・・そうなんですか?でも・・・なんで裸・・・」

私「ええええ!それも覚えてないの!昨日は恋人になるって話までしたのに・・・」

彼女「ええ!そんな話まで・・・」

私はかなり落ち込んだふりをしました。
そしてちょっと泣きそうな顔をしながら・・・。

私「僕は本気で話していたのに・・・」

彼女「ごめんなさい、本当にごめんなさい・・・全然覚えていなくて・・・私、彼氏もいるんです・・・」

私「じゃあ僕の傷を癒すために、最後に一度抱かせてください」

彼女「それは・・・ごめんなさい・・・」

拒否してきたので、私は力強く布団を剥ぎ取りました。
そしてすぐに抱き締めました。
彼女もどうしていいか分からない様子で静かにしていました。

私「もう僕はあなたの全てを知っているし、昨日は愛し合ったんですよ!それをいきなり忘れられますか?」

彼女「ごめんなさい・・・」

私「じゃあお風呂で背中流してもらえますか?」

彼女「それなら・・・」

二人でお風呂に行きました。
途中で彼女は体を隠そうとしましたが・・・。

私「今日で最後なんですから・・・」

彼女「はい・・・」

彼女は全部を見せてくれた。
元々、かなり真面目で大人しい女性なのが良く分かった。
お風呂に入ると、まず私の体を全部洗ってもらった。
もちろんアソコも丹念に洗わせたが、すぐにビンビンになっていた。

私「彼氏とどっちが大きいですか?」

彼女は「えっ・・・こっちです・・・」
(恥ずかしそうな顔をしていました)

今度は私が彼女の体を洗いました。
最初はもちろん抵抗していましたが、「最後の思い出です・・・」と言うと大人しくなりました。
私はボディーソープでヌルヌルにした手で巨乳を揉みまくりました。
彼女は必死で平静を装っていましたが、乳首はカッチカチになっていました。
そして段々と声も漏れ始めて、腰がクネクネ動き出しました。
私は同時に勃起したアレを後ろから彼女の股の間に差し込んでいました。
無茶苦茶に巨乳を揉みまくってからアソコに手を伸ばすと、もう抵抗はありませんでした。
アソコも中からドロドロの汁が溢れていたので、かなり感じているようでした。
私は後ろから抱き締めるような格好でキスをすると、真っ赤な顔をしながら激しく舌を絡めてきました。
そして彼女をバスタブに手をつかせて、立ちバックの形にしましたが、彼女はすでに抵抗する様子はありませんでした。

私はそのまま生でぶち込むと・・・。

「ああん、あっ、あん、あん、ハァハァ」

更に激しく叩き込むと、もっと腰を突き出すような仕草をしてきました。
そしてピストンを続けていると彼女の声が大きくなり・・・。

「いやああああああ、だめえええ、ああん、ハァハァ、いやああああああ」

彼女は叫びながらイッてしまいました。
気が付くと彼女の太ももが周りがビシャビシャで、床にも汁が垂れていました。
どうやらイッた時に潮を噴いたようです。

私「真面目な公務員さんでも潮噴いてイッちゃうんだ。彼氏いるんでしょ?」

彼女は「言わないで・・・お願い・・・」

私はイキたくなったので、激しくピストンをして・・・。

私「昨日も中に出したから、いいでしょ?」

彼女は「駄目、それは駄目、いやああああああ」

構わず中に思いっきり出しました。
彼女も同時にイッて、バスタブに抱きつくように座り込んでしまいました。
私は出したばかりのアレを彼女の口に突っ込んで、お掃除フェラをさせました。
最初は嫌がっていましたけど、結局最後は美味しそうにしゃぶっていました。
お風呂を出た後も、すぐには帰らずにベッドでイチャついていました。

彼女も心を開き始めてきたので、その流れで2発目をしました。
今度は彼女から積極的にしゃぶったり、騎乗位で腰を振ったりしていました。
その日は延長もしてヤリまくって帰ってきました。

電話番号も聞いたので、またヤレそうです!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

新妻・熟女の不倫掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン