新着情報

車の中で初対面の男に・・・

この体験談は約 12 分で読めます。

高校を卒業して専門学校に通い始めた1年の夏、中学の時の女友達に誘われて飲み会に行った時のことです。

その友達とは久しぶりに会い、男性2人とは初対面でした。
私はあまり飲まなかったけど他の人は結構酔っていました。
飲み会は深夜まで続き、閉店も近くそろそろ帰ることになりました。
男性の車で送ってもらうことになり、男性が運転、助手席に私の友人。
私ともう一人の友人は後部座席へ。
その間に男性が1人割り込んで座りました。

その時の私の恰好は、ノースリーブの白いミニのワンピースで、座るとかなり太腿が露出するので一瞬戸惑いましたが、その男性の向こう側には友人が座っていたので、下着が見えないように気を付けていれば大丈夫かなって思いました。
でも出発してすぐに、男性の手が背後から私の肩を抱き締めてきました。
その男性は、お店で飲んでいる時から私に好意的でしたので、(私に気があるのかな?)と思い、うなじや耳たぶへの愛撫をされるがままにしていました。

そして1分も経たないうちに、その手が唇へ来ました。
指で口の中を触られ、何度も出し入れされました。
まるで彼のおちんちんが私の口を犯すように・・・。

その後、背後から手を回し、ワンピースの脇から手を入れられ、最初はブラの上から当時Cカップの胸を触られました。
しばらく触られた後、その手はブラの中へ入ってきました。
誰も気が付いていません。
その男性は私の乳房を触りながら普通に運転手の男性や助手席の友人と会話しているんです。

10分程胸を揉みしだかれ、それから乳首を摘まんだり、クリクリと指先で転がすように撫でたり・・・。
時々ピクッと反応してしまう私を弄んで楽しんでいるようでした。
私は友人達に感じているのを悟られないように、その状態のまま普通に会話してました。
でも実は、おっぱいというか乳首を触られるとすごく感じてしまうんです。
乳首とクリトリスが繋がっているみたい、に・・・。

中学2年の頃にオナニーを始めた私は、いつも最初はおっぱいを左手で揉みしだきながら、乳首を親指と人差し指でコリコリと摘まんだり弄ったりして刺激します。
感じてくると右手の中指を割れ目に這わせ、十分に湿った陰唇を弄ります。
そして、クチュクチュと音がするくらいアソコに蜜が溜まったら、膣口から愛液をたっぷりクリトリスに塗り、より敏感になったクリトリスを中指でそっと撫で上げます。
それだけで腰が浮いてしまう程の快感を感じるのですが、さらに右手の人差し指で、普段はスジになっているクリトリスの上の部分を恥骨に押し込みます。
剥き出しになった一番敏感なマメを指先で円を描くようにクリクリします。
最初はゆっくりですが段々感じてくると指の動きを速くしたり遅くしたり・・・軽く押さえるように撫でたり・・・、時にはクリトリスが潰れてしまう程強く摘んだり・・・。
その頃には意識も感覚も全てクリトリスに集中して、何度も襲ってくる快感の波に身を預けながら(もう少し・・・もう少し・・・)と快感を貪ります。
そして最後は自分でも抑えきれない快感の大波に、激しく中指を使って絶頂を迎えます。
足は爪先までピンと伸びきり、左手はオッパイを痛いほど鷲掴み。
右手の指は絶頂と共にやってくる痙攣に合わせて、暫くクリトリスを刺激し続けます。
そして痙攣が収まると、深く息を吸って終わります。

ふと反対側に座っている友達の方を見ると、彼女も胸を揉まれてるようでした。
でも、車内は暗かったので気付いてないフリをしました。
会話しながら彼女の方を横目で見てると、彼の手が腰からスカートの中へと入っていきました。
背後からではなく正面から堂々と手を入れてます。
しかも友達のスカートは股間の辺りが膨らみ、彼の手の位置がはっきりわかる感じでモゾモゾ動いていました。
手はゆっくり上下し、時々小刻みにピクピク動いてました。

友達も何事もないように会話してます。
彼は左手で私の乳首、右手で彼女のアソコを弄ってました。
明るい場所を通ったとき、手の動きがはっきりと見えるけど、酔っているせいか全く止めません。
周りも気が付いていません。

調子に乗った彼は、彼女の方の手を激しく動かしていました。
耐え切れなくなったのか、彼女はカバンを膝の上へ乗せ、彼の手の動きが見えないようにしました。
そして下を向いて暫く黙ってしまいました。
車内が暗い事もあり、それ以降は何をされているのか見えませんでした。
私は彼女の様子を窺いながらも、一向に止めない彼の愛撫と、友人がいる車内で・・・しかも初対面の男性に胸を刺激され、今まで味わった事のない程興奮していました。

暫くすると、彼が少しこちらに体を傾け、「友達はイッちゃったよ」と囁くんです。

見ると酔いも手伝い、眠っているようでした。
と同時に、彼の手がスカートの中に入ってきたんです。
最初は手で抗いましたが、既に敏感になっていた私は彼の手を押しのける力はありませんでした。
前の席では、運転手の男性と友人が他愛もない会話をしていましたが、彼は時々相槌を打つぐらいで私への悪戯に夢中みたいでした。

男性の手はスカートの中でゆっくりと素足の太腿を撫でています。
その手がだんだん中へ中へと入ってきます。
もじもじしていると男性の指が下着の上から割れ目をなぞり出しました。
その日は普段穿いてるガードルではなくて、小さなスキャンティだけでしたので生地も薄く、ほとんど直接触られているようなものです。
抵抗しない私に男性は安心したのか、クリトリスに指を密着させ、薄い生地越しに摘まんだり撫でたりクリクリと刺激してきます。
乳首も同時に責められていましたので、膝がガクガクと震えるのが分かりました。

「感じやすいんだね・・・」

耳元で囁かれ、恥ずかしいのと緊張で下を向いてしまった私に、「リラックスして・・・」と、男性が囁きます。

男性の手が小さなパンツの中に入って、私の陰毛の感触を確かめるようにうごめいています。
時々(偶然?)クリトリスの包皮に男性の爪が触れる度、腰がビクッと跳ねてしまいます。
そして、指でクリトリスを引き上げ、中から小さな豆を露出させ、ちょんちょんと刺激したり、焦らすように指でクリトリスの周りをゆっくり撫で回しています。

当時私は、高校から付き合っていた彼と別れてフリーだったので、別に浮気という事ではなかったのですが、その時はまだ処女でした。

ここで前カレとの事を書きます。
その彼はいい人だったのですが、大学に進んだ彼となかなか時間が合わなかったり、学校で新しい友人が出来てそっちと遊んだりして、なんとなく別れてしまいました。
その彼とはSEXまではした事がなく、正直物足りなかったのです。

「お前を大事に思っているから・・・」

そう言ってくれた彼の気持ちはとっても嬉しかったのですが、中2からオナニーをしていた私はちょっと欲求不満状態でした。

それでも彼の家に遊びにいくと、キスから始まり、ディープキスをしたままおっぱいを弄り、両方の乳首に舌を這わして軽く噛んだり吸ったりと暫くおっぱいにイタズラします。
私が感じてくると、彼の手に導かれて彼のズボンのファスナーを下げ、十分硬くなったアレを握らされます。
素早くズボンと下着を脱いだ彼が、今度は私のパンツを下げ、必ず「可愛いよ!」って言ってくれて、全身をゆっくり舌で愛撫してくれます。
(私は背が小さかったのですが、胸は他の女の子に比べ結構大きい方でしたし、痩せていたのでスタイルには自信がありました)

乳首からゆっくり生え揃ったばかりの陰毛に顔を埋め、さらにゆっくりクリトリスを舌でイタズラしながら指を割れ目に這わしてきます。
私はその頃にはアソコが熱くなってボーっとしてきますが、彼の舌の絶妙な刺激に耐えながら目の前に突き出された彼のモノを口に含み、既に硬くなったモノを口と手で刺激します。
他の人を知らない私には物凄く大きいおちんちんなのですが、彼にアソコを吸われたり指で刺激されたりしているうちに、いつも夢中で咥えていました。

最初はどうしていいか分からなかったのですが、ポールの部分を下からゆっくり舐めていき、先の方のくびれた部分に巻きつくように舌を這わしたり、亀頭の部分を唇でアグアグしながら舌で先っぽをチロチロと刺激したり。
最後は苦しくなる程おちんちんを口の中いっぱいに頬張り、出来るだけ深く咥えます。
喉の方まで咥えた時は凄く苦しかったけど、彼は凄く気持ちが良いみたいで、いつも声を出していました。

彼は私のフェラチオに感じながら、まだ誰も受け入れた事のない膣に指をそっと入れ、私が痛がらないようにゆっくり刺激します。
最初は痛かったのですが、いつも指を入れられるので少しずつ慣れ、一本だけなら感じるようになっていましたし、その頃には興奮したアソコは愛液でヌルヌルしていましたので、すんなり彼の指を受け入れていました。
興奮が高まり、お互いに貪るように舐め合って絶頂が近づくと、両手でおちんちんの付け根と袋を刺激します。

彼は射精の時だけ起き上がり、膝立ちになって、私が咥えている様子を見ながら私の頭を抱え、目をギラギラさせながら精液を放出します。
口の中に出した時は全部飲んであげますが、手に出す時もありました。
美味しいと思った事はありませんが、SEXをしない代わりになるべく飲んであげました。
オチンチンがビクッビクッてなってる時に最後の精液をチュウチュウって吸うと、すぐにまた勃起してしまいますが、そうすると彼がすごく喜んで、その後の私への愛撫が凄く激しくなるので、いつも「もう良いよ」って言われるまで口に咥えていました。

そして射精した後は体勢を変え、彼は私の股間に顔を埋めてきます。
大きく開いた真っ白な両足の間に彼の激しい息遣いを感じ、恥ずかしさと見られている事で興奮はだんだん高まり、クリトリスを掬うように動く舌や、柔肉の谷への指での愛撫に私の膣は彼の指を包み込んで収縮を繰り返し、小陰唇から溢れた愛液はクチュクチュと音を立てます。
最後は自分でおっぱいを鷲掴みにし、人差し指と中指で乳首を痛いほど摘まみます。
そして粘膜とクリトリスと乳首からの刺激に意識を失いながら、私は絶頂を迎えます。

前カレにしか触られた事がなかった私は、いつもとは違う愛撫に股間が濡れてくるのが分かりました。
それを悟られないように腰を少しずらすと、かえって彼に触りやすくなってしまったようで、だんだん大胆になってきました。
脚を軽く開かれ、クリトリスはもちろん膣口までもが彼の手の中にあり、窮屈な車内で自由に動けないとはいえ、私を悪戯するには十分な体勢でした。

その時、彼が私の手を引き、自らの股間に宛てがったのです。
前カレで経験済みだった私は彼のおちんちんを上からとそっと擦って刺激します。
彼はベルトとファスナーを緩め、さらに私の手を下着の中に導きます。
乱暴にされて処女膜を破られるのだけは避けたかったので、仕方なくカチカチに勃起した男性器を握ってあげました。
前カレと比べると少し細くてちょっと可愛い感じ・・・なんて思いましたが、すでにおちんちんの先からは透明な液が出ていました。
私にも少し余裕が出来、親指と人差し指と中指の三本で、先っぽから出た液体でヌルヌルしているおちんちんをリズミカルにしごいてあげました。

「上手だね・・・、いつもしているの?」

そう囁かれ、恥ずかしくて私は大きく首を振りました。
前カレに教えられたようにしただけなのですが、いつも手と口で射精するまで刺激していたのですから、きっと上手だったのかもしれません。
「上手・・・」って言われると、恥ずかしいのと嬉しいのと・・・複雑な気持ちがしました。

彼の左手は相変わらず乳首を摘まんだりコリコリしたりと刺激を続け、右手は既にシートまで濡らしてしまっているのが分かるくらい湿った膣口の周りを撫でています。
もうスカートは捲れ上がり、下を向くと、男性の手が小さなパンツを潜って股間を愛撫しているのが良く見えます。
暫く指で入り口の粘膜を弄り、膣口の位置を確認しているようでした。
既に何度もドロリと愛液が小陰唇から溢れ出ていましたので、イタズラされても痛みは感じませんでした。

彼は溢れ出た愛液を指で掬うと、自分のおちんちんに何度も塗りたくります。
男性の尿道からもヌルヌルした液体が出ていましたが、男性は私の愛液を勃起したおちんちんに塗る事で興奮していたようです。
私も、自分の愛液が初めて会った男性の性器に塗られていく様子に興奮してしまい、街頭の灯りに照らされて時々テカテカと光る勃起したおちんちんから目が離せないでいました。
私の男性器の扱き方が上手なのか、私に見られて興奮したのか、男性はますます息遣いを荒げます。

前の席の二人には、私達の事は気付かれてないようで、「後ろの3人は眠ったみたいだね・・・」などと話していましたが、注意して前の2人を見ると、運転手の男性が友達のスカートの中に手を入れていました。
友達は男性の手を押さえて顔を背けていましたが、明らかに感じていました。
時折ビクッと反応していましたので友人も股間を弄られていたようです。

結局3人全員が男性2人にイタズラされてしまったのですが、既にかなり興奮していた私は、怒るより久しぶりの快感を楽しもうと決めました。

私「私、処女だから指は入れないで・・・」

彼「指一本だけなら大丈夫だろ?」

私は頷いてしまいました。
彼も了解を得て余裕が出来たのか、少しずつ膣口に指を沈めてきます。
濡れていましたので抵抗感はなくヌルッと入っていきます。
一度深く入れられた指が粘膜の感触を楽しむようにゆっくりと往復します。
同時に左手でクリトリスを摘まんだり挟んだり・・・、両手で股間を弄られて脚がガクガクしていました。
街頭に浮かぶ剥き出しの腿は真っ白に光り、ブラを外された胸は車の振動で乳首が擦れ、薄手のワンピースを盛り上げています。

彼「ずいぶん濡れたね・・・」

そう耳元で囁かれ、その言葉にまた気持ちが高ぶります。
その時、ふと前を見ると、友人がこちらを見ていたのです。
両脚を開き胸も露わにして、男のイタズラを受け入れている私の姿に驚いていたように見えましたが、明らかに快感を味わって陶酔していた私は、視線を返すのが精一杯でした。

彼のイタズラはまだ続きます。
最初に遠い友達の家に向かっていたので、一人暮らしを始めた友人の家までは軽く一時間位かかります。

彼「処女の子は初めてだよ・・・痛くない?」

優しくしてくれる彼に、思わず「お願い・・・」って言ってしまいました。
男性はその一言で全てを理解したらしく「大丈夫。イカせてあげるよ」って言ってくれました。
彼は指で小陰唇を開き、中指を挿入したまま、左手では尖ったクリトリスを擦り続けました。
私は彼の手に自分の手を添え、何をされているのか確かめながら、初対面の男性に股間をイタズラされている自分に興奮していました。

その時、彼の小指がお尻の穴に入ってきました。
そこは前カレとも経験がなく、汚いところだと思っていたのでびっくりして抗いましたが、男性の力は強く「大丈夫、痛くしないから・・・」って・・・。
確かに愛液で十分潤った指は痛みを感じる事なく挿入されています。
もう恥ずかしさと初めての感覚にドキドキしながら身を任せるしかありません。

そして彼は私にキスをしてきました。
軽いキスでした。
うなじにもキスをされて、そのまま股間を弄る男性の手がクチュクチュと音を立てているのが分かりました。
激しく指を使っているようで、充血したクリトリスへの刺激と膣の中を這いまわる指で、粘膜がビクビクって痙攣して男性の指を締め付けます。
私の反応を楽しんでいるように、じっと見つめる彼の男性器もビクビクしていました。

やがて絶頂が近づいた私は恥骨を迫り出すように腰を浮かせていました。
男性の指が自由に動けるようにして、クリトリスと膣、そしてお尻と、三ヶ所を同時に責められて、今まで知らなかった快感に身を委ねました。
膣口がきゅっきゅっと締め付け、中まで収縮運動をしています。
肛門には小指が入ったままです。
膣の収縮と同じく肛門の入り口がグーっとゆっくり収縮します。
クリトリスは指で開かれ、充血した小さな豆はまるで神経を直接触られているかのように敏感になっていました。
露わになっている太腿もお腹も硬直しています。

そして呼吸が出来なくなって、その大きな波はやって来ました。
私の身体は何度も跳ね、絶頂の痙攣はなかなか収まりませんでした。
弾む身体を支えている事が出来ず、シートに崩れ落ちてしまいました。

あまりの反応に男性も少し驚き、「大丈夫?そんなに感じてくれて嬉しいよ!」って。

私はただ頷くだけで、股間を押さえ、じっとしていました。
目に見える外の身体だけを痙攣させているのではなく、男の人の射精の後のようにクリトリスがヒクヒクと波打っていました。
そのすぐ下の小陰唇の壁と、膣口も充血しクリトリスと同じように引き攣り、そして膣の奥深いところも収縮を繰り返し、粘度の増した愛液をまだ膣口へ送り出していたのです。

股間の疼きが収まらないでじっとしている私の手を、彼が勃起した男性器に宛てがいます。
彼は射精していませんでしたので当然終わるはずもなく、私に男性器を扱かせながら膣口から溢れ出た愛液をまたおちんちんに塗り始めました。
私は動くのがやっとでしたが、男性に求められるままに擦り始めました。

ぼんやりと(射精する時は飲んだ方が良いのかな・・・?)とか、(ティッシュどこだっけ?)とか考えていましたが、彼は限界が早くきて、すぐに私の手の中に射精しました。

ホッとしてハンカチをバックから取ってもらい手を拭っていると・・・。

「記念にパンツ、俺にくれない?君可愛かったから・・・後で思い出してするのに・・・」って、言われました。

ちょっと気持ち悪い人だな~って思いましたが、替えのパンツも持っていましたので、久しぶりに興奮させてもらったから良いか~って思い、「うん。ちょっと待って・・・」と、愛液でぐちゃぐちゃになったパンツを脱ぎました。

そうしたら彼が「アソコの毛もくれないかな~?」って・・・。

「えっ?なんで?」って聞くと、「処女の陰毛はギャンブルの“お守り”なんだよ」って教えてくれました。

変な迷信だな~とか思いながら、「痛く抜かないでね」って言いました。

「サンキュ」

そう言って男性が股間に手を這わしてきたのですが、その時、まだ敏感なままのクリトリスをまた触られました。
不意打ちをくらった私は「あ~ん」って思わず声を出してしまい、慌てて手で口を覆いましたが、前の2人にも聞かれてしまいました。
彼は気にもせず、小陰唇の周りの陰毛を素早く抜きました。
チクっとしましたが痛みを感じるほどではなく、男性も素早くパンツで陰毛を包みポケットにしまいました。

「もう着くよ・・・」

運転手の男性が少し笑いながら声を掛けて、「ちんぽ仕舞えよ」って彼に言ってました。

「大丈夫だよもう・・・終わったから」

彼がそう答え、「何言ってるのよ~。恥ずかしい~」って私が言うと、運転手の男性が「初めから分かってたよ!後ろでそんな事されたら俺も我慢できないよな~」って助手席の友人に同意を求めます。

友人が「はい。もう着くから今日はこれでお終いね~」って相手にせず、後ろの友人を起こしました。

友人はまだ酔っているらしく「もう寝ようよ・・・」って、わけが分からない事を言ってます。
それでみんな爆笑してしまいました。

程なく友人のアパートに着いたのですが、男性二人は、「泊めてよ~今から帰るのは遠いし・・・」って言い出しました。
私は内心ドキドキしながら黙っていましたが、しっかり者の友人が、「送ってくれてありがとう!私のアパートは大家さんがうるさいから泊められないよ~」って、きっぱり断ってしまいました。
ちょっと残念だったけど迷惑はかけられないので、みんなでバイバイして帰ってもらいました。

部屋に入ると友人に、「もう、危ないんだから・・・駄目だよ~やりすぎだよ~」って、ちょっと怒られました。

(自分も感じてたくせに~)

でも気持ちよかったし、久しぶりにドキドキして楽しかったです。
今でも時々思い出して、一人でムラムラしてオナニーしています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Love

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン