新着情報

新宿でナンパしたお姉さんは垂れ乳の風俗嬢

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は出会い系やナンパは純粋に性欲というか、『その日に会った人とその日にホテル』というのが目標で、次のデートに繋げたり、連絡先だけ聞いてバイバイとかそういうのはしないんです。
だからナンパをするのは決まって夜の12時前後から。
終電無くした女の子を狙って声をかけます。
昼間だと、捕まえても帰られたりホテルに持ち込むのが難しいので。
イケメンだったら別なんだろうけどね。

その日は新宿で開始。
こちらも一人なので、一人の女の子を狙わなきゃいけない。
明らかに待ち合わせとか、これからご出勤とか、ホストクラブへ向かう子を除くと結構限られる。
しかも他のナンパ氏も周りで目を光らせてるので、声掛けのタイミングは結構難しい。
はっきり言って顔は最低限であればOKで、引っ掛かりやすそうな子を瞬時に判断して、ライバル達より早く声をかけなければならない。

電車が着いて、駅から人々が出てくる何十人もいる人の中から、俺はでっかい荷物を持って高いヒールでフラフラ歩いて出てきたお姉さんに的を絞った俺。

<お姉さんスペック>
身長165cmくらいのスレンダーな体型。
髪は金髪に近い、肩くらいまでの長さ。
顔はね・・・わかる人いるかなあ・・・『シルバ』って女性アーティスト。
10年前くらいにいたんだよね。あの人に似てましたw

俺「いきなりすみません、お姉さん・・・終電逃しですか?」

えりか「え?いえ・・・今から帰るんで・・・」

反応があれば第一段階クリア。

俺「電車で?もうないですよ?」

えりか「あ、いえ、歩いて・・・」

俺「歩いて帰れるの?いいなあ~、僕逃しちゃったんですよー・・・(嘘)」

歩きながら交渉開始し、一杯付き合ってもらうことに。
いつものバーへ。

バーで色々話をする。
今日はお仕事帰りだそうで、疲れてフラフラ歩いていたらしい。
えりかは法政に受かって上京してきたが、やっぱり早稲田に行きたくて二ヶ月で退学。
地元に戻って就職したが、また最近上京してきたらしい。

えりかは何故かジャケットを脱がなかった。

「脱いだら?」と聞くと「脱げないのw」という反応。

えりか「私、医者になりたいんだよね」

俺「えっw(゜o゜)w今から大学入り直すの?勉強は?」

えりか「何にもしてない。まずはお金貯めないと」

何となく彼女の職業が想像がついた。

飲み終わり、バーを出ることに。
ここからカラオケ→ホテルがいつものコースなのだが、「カラオケ苦手」との事なので困ったことに。
どうしようかなーと迷いながら、バーの階段をえりかの手を引いて昇る。
昇りきったところでえりかを抱き締めた。

えりかも抱き締めてきたのでキスをする。
そのまま耳と首筋にキスをすると・・・。

えりか「ぁ・・・」

吐息が漏れたお?行けるか?

俺「今日は一緒にいたいなあ・・・」

えりか「そうだね・・・行こうか♪」

ご了承頂き、歌舞伎町のホテルへ。

ホテルについてジャケットを脱がすと、やっと理由がわかった。
ブラが丸見えだ。
なんて言う服の種類かわからないが、肩の紐も、背中も露出してる。
脱げないわけだ。

今日仕事だったとして、この格好・・・。

入った途端に二人でベッドに雪崩れ込む。
えりかは何も言わずに俺のベルトを外し、ズボンとパンツを下ろし、舐めだした。

えっw(゜o゜)wシャワーも入ってませんが。

フェラは正直あんまり覚えていないので、普通だったと思われる。
ちなみに俺は一度病気を経験してから、初見の相手には生もフェラもさせないと決めていたが、即尺サービスが勝手に始まってしまったのでこの日は諦めた。

えりかの服を脱がす。
ブラを外したところで驚いた。
えりかはCカップだったんだが・・・。
なんて言うか、漫画に出てくる『おばあちゃんの胸』あるでしょ?あんな感じ。
弾力などは全くない。
乳輪も大きく、乳房は垂れ下がっていた。

えりかは「昔はすごく太ってた」と言っていたが、それが理由かはわからない。
子供がいるのかな?と思ったが、わざわざ聞くことでもないので聞かなかった。

ゴムを付けて挿入。
イッた後、えりかはゴムを外し、マイサムを綺麗に舐めてくれた。

俺「・・・風俗?」

えりか「・・・わかるよねwそう、風俗」

フェラだけでなくアナル舐めもしてたし、やっぱそうでしたね。
それから俺はウトウトしてたんだが、えりかの舌使いの感触で目が覚めた。
一生懸命舐めて大きくしている。
疲れてたのでゴムをつけて、上になってもらう。
揺れるおっぱいが見えない様に、俺は両手で隠すように揉んだ。
果てた後もしばらくするとまたえりかが舐めている。

もー・・・結構です!!

そう叫びたかったが、酔いも回ってたし疲れてたので、満足させてあげる方が早いと判断。
ひっくり返し、バックから挿入。

えりか「・・・え?生・・・?」

俺「姉さんが使っちゃったでしょ?」

えりか「・・・そうだね・・・んっ」

体位を変えて突きまくり、彼女の満足を見届けて(真偽は不明)、2時間で三回戦が終わった。
時計は4時を指していた。

俺はもうお腹いっぱいだったし、これ以上はしたくなかったので、もう帰る事にした。
えりかも家が新宿なので一緒に出る。

バイバイしようとしたら「連絡先は?」と交換してないのがバレてしまったので、番号だけ交換。

でもその後一回も掛かって来てないです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

既婚逢い

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン