新着情報

想像以上にマシュマロだった彼女のおっぱい

この体験談は約 3 分で読めます。

中学生の時に付き合っていた彼女との思い出です。
中学2年の時の6月に俺から告白した当時の彼女の『A(仮名)』は、小学校からずっと一緒だった。
小学校では1回しか一緒のクラスになった事がなかった。
そして小学校を卒業して、中学校も一緒の学校になった。
で、1年で同じクラスになった。

久しぶりに見た気がした。
小2の時以来だから、だいぶ姿や格好が変わっていた。
小学生の時はめちゃくちゃ暗かったが、凄く明るい少女になってて見た目もだいぶ変わっていた。

俺がAに興味を持ち出したのは2学期の終わり頃だった。
上下が半袖・半ズボンの体操服を着ているところを見て、とても中学生だとは思えないぐらいの巨乳だという事に気付いた。
単純だが、その時に好きになってしまった。
Aは見ため的にも意外と可愛くて気の強い女の子だった。
そして、思いを伝えられないまま時は過ぎ、2年生になってしまった。

クラスは別々になったが、俺は思いを伝えられないまま終わるのが嫌で、ある日、俺は行動を起こした。
友達の『M(仮名)』に手伝ってもらって、Aのところまで連れて行ってもらった。
部活に行く前だったようだったので、後を追いかけ手紙を渡した。
内容はあまり覚えてない。
渡す時はかなり緊張した。

「あ、あの~、こ、これ!」としか喋れなかった。

あの時はとても臆病だったので、渡した後はすぐに逃げるようにして走った。

次の日、返事が返ってきて、内容を見たら『こんな私で良かったら、付き合って下さい』と書かれてあった。
その日の1日は無駄に疲れた。
なぜなら、ハイテンションだったからだ。

付き合って4、5ヶ月程で運命の時がやって来た。
俺はAを家に呼び、13時~18時までたっぷりと楽しんだ。
色々と話をした後、お互いが眠くなってしばらく仰向けになって寝転がっていた。

俺は前々からAのおっぱいが気になっていたので、「おっぱい触ってもいい?」と聞いてみた。

すると、「いいよ」と答えた。

俺は思わず、「っえ!マジで?」と言ってしまった。

それでもAは、「うん」と言ってくれた。

それを聞いた瞬間、俺の中のブレーキが効かなくなってしまった。
思いっきり暴走してたと思う。
まず、服の上から触って大きさを確かめた。

Aは、「っん!」と声を漏らした。

我慢してたようだ。
その後、「直に触ってもいい?」と聞いてみた。

するとまたもや、「いいよ」と言ってくれた。

俺は服を脱がせ、ブラも外し、ようやく生おっぱいを拝見する事が出来た。
そのとき人生で最も感動したのを覚えてる。

そして、そのおっぱいに触った。
その時、こう感じた。

(今までの不幸が今、報われた!)

とにかく大きくて柔らかいマシュマロおっぱいを揉みまくった。
途中で乳首を指先でツンツンしたりコロコロさせたりした。
あまりにも気持ち良すぎて、どうにかなりそうだった。

おっぱいの形は、とても綺麗だった。
それに服の上から見るより、断然生で見た方が大きかった。
乳輪は程よい大きさで、色は薄茶色だった。
乳首も普通の大きさでとても可愛いらしかった。
そうして触っていると、喘ぎ声が聞こえた。

「っん!あん!」

その声で勢いが増し、今度は乳首を舐めてやった。
するとAは、「あ~、いいよ~!」と言った。
もっとすると、「気持ちいいよ!」と言った。

そうこうしていると、あっという間に18時になってしまった。

Aは、「今日はもう終わりだよ」と言った。

俺は悔しかったが諦めて指示に従った。

帰り際にAが、「また今度やらせてあげるね」と言ってくれた。

ホントにあの日は忘れられない良い思い出が出来た。
とにかく嬉しかった。
出来れば、もっとやりたかったが我慢した。
いつかまた出来る日が来るかもしれないと思って。

でもまだお互い中学生で、おっぱいまでしかいかず、俺の初体験は当分先になってしまった。
今でもあの生おっぱいを見て、揉み揉みした時の感触と興奮は忘れられない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン