新着情報

処女なのに飲精してくれたマシュマロ巨乳の短大生

この体験談は約 6 分で読めます。

ちょいと経験したHな昔話。
学生時代にしていたバイト先に新しく入って来た3人組短大生と仲良くなった。

一人は美人で人気ナンバー1のAちゃん。
もう一人は性格の明るい女の子Tちゃん。
最後の一人は、顔はまぁまぁだけど制服がはち切れんばかりの超巨乳な女の子、Mちゃんだった。

皆とかなり仲良くなり、恋愛話をよくしてたが、どうやらそのMちゃんは彼氏を作った事がなく、処女どころかキスすら経験が無いらしい。
顔も普通でそこそこ可愛いのに、今まで単に縁がなかったり奥手だったりした感じ。

そして、あっという間に半年が過ぎた。
最近、文化祭の用意で来なくなってた巨乳のMちゃんが、久しぶりにバイトに顔を出してた。

俺「Mちゃん久しぶり~」

M「ねぇ、ちょい相談したい事あるんだけど、終わったら一緒に帰らない?」

俺とMちゃんはバイトが終わって公園で二人で話す事になった。
白いノースリーブのボタン付きシャツに超ミニデニムスカート。
巨乳がユサユサ。
欲望を抑え、公園のベンチに二人で座り話し始めた。

その相談とは、二人の男に告白されて、その男は友達同士で、「自分がどちらかを選んだら友情にヒビが入るからどうすればいいかな?」という内容だった。

俺の出来る限りのアドバイスをしたが、やはり悩んでる様子。
なので元気付けてあげたかった。
なぜなら俺は前に付き合ってた彼女に一方的にフラれ、その傷心中に彼女達に出会い元気付けられたからだ。

「いつまでも悩んでないで楽しい話でもして気分変えよう?」

そう持ち掛けたらやっと笑顔が戻ってきて・・・。

「◯君と話せて良かった。ありがとう」

楽しく話は盛り上がる。
その笑顔と唇に目が行き始めた俺。
可愛い唇だな~、キスしてみたいな~と思い始めた。

(やっちゃえ!)

俺の心が囁いた!
Mちゃんの肩にさりげなく手を回して顔を近付けたら・・・。
目を瞑ってきた!

(いける!とりあえずMちゃんのファーストキスいただきま~す)

数秒間唇を合わせ、離して見つめ合った。
言葉は無く、またすぐに唇を合わせ、今度はお互い舌を絡ませ始めた。
ただ単にキスをしたかったのか、俺が好きだったのか、今となっては知る術はない。
ただ、必死に抱き合いながらキスに夢中になって楽しんでるMちゃん。

(Mちゃんって本当に処女なんかな?)

俺は、ふとそう思った。

俺「ファーストキスって、もしかしたら俺?」

M「そうだよ~」

俺「俺で良かったの?」

M「うん」

笑顔で答えるMちゃん。

本人がいいなら別にいいか・・・。

また無言になりキスを再開する二人。
そんな時、Mちゃんがふと俺の手を持ち上げてきた!

(何してるんだろ?)

持ち上げた俺の手を自分の巨乳に押し付けてきたのだ!

完全に俺は理性を失ってしまった。
胸のボタンを順番に上から外しながら、制服着ててもユサユサ揺れてる巨乳が生で見れるなんて、と感動した。
ボタンを外し服を開くと、そこには白いブラからはみ出しそうな真っ白で柔らかそうなマシュマロおっぱいが。
そ~っと巨乳の隙間に指を入れてみた。
少し弾力があり、冷たくて、でもふわふわだ~。
Mちゃんの顔を見るとにっこり笑っていたので俺も笑顔を返した。

谷間からゆっくり右手を入れて、下乳を持ち上げる様にブラに手を入れ、優しくモミモミした。
指で乳首を探したが見つからない。
もう一度強くモミモミしたら小さい乳首が薬指に当たった。
胸の大きさに比べ小さい乳首だ。
左手もブラの中に手を入れて、生巨乳を両手でモミモミした。
ブラのカップを指で引っ張ったら可愛いピンク乳首が露わになった。

Mちゃんはそっと後ろに手を回し、ブラのホックを外してくれ、そのままブラを下にさげてくれた。
すると巨乳が全て露わになり夢中でしゃぶりついてしまった。
Mちゃんは可愛く小さく「あっ!あっ!」と声を出していた。
夢中で乳首を吸ったり、巨乳をモミモミしたり、口いっぱい巨乳を頬張ったりと巨乳を満喫しまくった。

ふと下を見るとちょっとムッチリした太ももがミニスカートから露わになってた。

(どんなパンツ穿いてるんだろ)

気になったので、太ももで膝枕をさせてもらい、太ももの隙間からパンツを拝見させてもらう事に。
予想通りちょっと太めのムチムチ太ももは少し弾力がありスベスベ。
Mちゃんもニコニコしながら俺の頭を撫でてくれた。

さてパンツを拝見。
少し角度を変えたら三角が見えた。
色は薄いグレーに白い水玉で、真ん中に赤い小さなリボンがついてた。
我慢できず三角の真ん中を指でツンツンしたら、「あ~ん。◯君のエッチ」と言いながらも少し開脚してるし。
構わずツンツンしてパンツの横から指を大切なところに入れた。

「ん!あ~~ン」と小さな声がする。

毛は少なめでスジの中は既にクチュクチュしてた。

(処女なのに指入れて大丈夫かな?)

そう思いつつ元の体勢に戻り、キスしながらゆっくり人差し指を入れてみた。
キスしながらも声が出てしまうみたいで、「ん!ん!」と吐息を漏らす可愛いMちゃん。
生暖かい中は少しキツめ、ザラザラもよくわかる。
あながち処女というのは本当かもと理解できた。
たぶん、よくオナニーして慰めてるんだろうなと俺の勝手な判断。

超ミニデニムスカートのボタンを外してお腹の上まであげ、パンツ丸見えの状態にしてゆっくりパンツを下ろし、大切なとこを舐めてあげた。
ため息が一段と大きくなるMちゃん。

当然、もうキスしてる時点から俺のは元気いっぱい!
ジーンズが邪魔で仕方ない。
ポジションチェンジを繰り返したが我慢の限界。
Mちゃんに触ってもらおうと思い、手を取りチャックを開け、Mちゃんの手に暴れん坊を握らせてあげた。
聞こえる聞こえないかくらい小さな声で、「スゴいッ」って確かに聞こえた。

ベルトを外し、暴れん坊を自由にしてあげた。
Mちゃんは握ったまま自ら顔を近づけじっくり観察を始めた。
10分は観察してたよ。
皮を引っ張ったり鬼頭を指でツンツンしたり。

「Mちゃん」って声かけても無言で観察・・・。

すると、いきなりパクっと咥えてきた!
俺は前の彼女に頼み込んでフェラしてもらったが、10秒くらいで「やっぱり無理」とすぐ止められた経験があり、その前の彼女なんてしてもくれなかった。
だからこの今の光景が信じられなかった。
ただ生暖かい感触と、“Mちゃんが俺のを”と思うと、更に暴れん坊になった。

しかしながら改めて、やはりMちゃんは処女なんだと実感した。
咥えてるだけで全くアクションが無いのである。
だから俺が腰を動かしてもさほど刺激がない。
いわゆるイケない状態である。

ここで軽いアクシデントが発生した。
新聞配達のバイクが公園の真後ろを通ったので、俺は慌ててMちゃんの口から元気君を抜いた。
その時、スポン!と大きな音がした。
Mちゃんは凄く恥ずかしそうにしていた。
後から思うにMちゃんはたぶん一生懸命吸ってたんだ。
でも舌使いがわからない。
もう一度咥えてもらおうしたが、たぶん恥ずかしかったんだろう。
しかし、ゆっくりまた咥えてくれた。

再び咥えてもらい、俺が腰を一生懸命動かしてたら、今度は舌で亀頭をレロレロし始めた。
これはヤバい!
凄く柔らかい舌の感触がモロ伝わってきた。
Mちゃんの大きなおっぱいを揉みながら頭を軽く押さえたら、もう我慢の限界だった。
Mちゃんの口の中でドクッドクッ!
自分でもわかるくらいいっぱい出てる。

「はぁ~」

無言だった二人に俺のため息が響き渡る。
人生で初めての口内射精の瞬間だ。
数秒後、Mちゃんの呻き声が聞こえてきた。

「んう゛~ン」

その状態で数秒間、二人は固まっていた。
また数秒後、Mちゃんの身体全身が痙攣を起こしたようにプルプル震えた。

(どうしたんだろ?)

その数秒後、口からスポンと俺の小さくなったのを抜いた。
お互いボーっとしてたら、やっとMちゃんが身体を起こして、満面の笑顔を見せてくれ抱き合ってキスをした。

ここで疑問が浮かんだ。

精子は何処?
Mちゃん吐いたのかな?
いや、吐いたのを見てない。
周りをよく見てもそんな気配がない。

あっ!まさか!
あの痙攣みたいにプルプル震えてたのって、もしかして俺のザーメン飲んでたの?

聞くとMちゃんが恥ずかしがるだろうから、あえて何も言わないままでいました。
でも、嬉しくてたまりませんでした。

キスをしながら手の繋いでMちゃんの寮まで送って帰りました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Sexy call

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン