新着情報

デリヘル頼んだら上の階の奥さんが来た

この体験談は約 5 分で読めます。

熟女フェチなもんで、ヌキたくなったら、よく人妻デリヘルを使うんです。
んで、最近出来た人妻デリで出張サービス頼んだら、一人目デブ、もう人外な感じ。

俺「帰ってもらえますか?」

店へTEL。

俺「普通の人間いないの?」

二人目、どうみてもヤク中。
店へTEL。

俺「普通のを・・・お願いしたいんですけど・・」

で、三人目・・・。

暗がりだったから最初わかんなかったんだよね。
でも雰囲気は良かったので迎え入れた。
そこは即尺系のデリなんで、入ってきたらすぐそういう雰囲気なんだよ。

嬢「こんにち・・・」

俺「?」

顔を見ようとしたら、いきなりしゃがんで即ハメならぬ即フェラ。

(おいおい、挨拶もそこそこに激しいでござるな)とか思ってたわけ。

で、俺は顔を見ながら咥えられるのが好きなんだけど、見ようとしても必死に逃げられるんですよね。

俺「顔見せて?」

嬢「・・・」

俺「ねぇ・・おふぅっ!」

超絶な攻めで誤魔化され続け、即イッちゃいました。
そしたら彼女、部屋をかなり暗くする。

俺「あ、シャワー浴びる?」

嬢「いや、最後でいいですよ。も一回します?」

俺「それはちょっとwww少し休ませて」

で、あまりに顔をこっちに向けないから、仕方ないのでおっぱいとか弄ってたでござる。
やっと顔がこっち向いたと思ったんだけど、俺はメガネを外すと視力0.05なので暗がりだと本当にわからないんだよね。
あぁ、キレイな感じの子だなぁ、とか思ってたわけ。
でも、誰かに似てるなぁと。

俺「誰かに似てるって言われない?」

嬢「い、いえ。特には・・・」

俺「そっかぁ。なんか見たことある気がするんだよなぁ」

嬢「気、気のせいですよー」

俺「そんな焦んなくてもwww」

でもなんとなく気づいたんだ・・・。
いつも上の階で子供を怒鳴り散らしてる奥さんの声に似てるって・・・。

(まさか・・・な)

俺「最近さ、上に住んでる人がよく子供怒っててさ」

嬢「・・・」

俺「たぶん、育児で大変なんだろうなーって」

嬢「・・・」

で、いきなり襲われたでござる。
さっきまでのまったりムードから一点、激しく攻め立てられ、もう声が出ちゃうぐらいで、「ちょ・・・ま・・・いやーーーー!」って、腰が引けるくらい咥えられて。

俺「ちょ、タイムタイム!」

嬢は涎だらけの口を拭って・・・。

嬢「言わないでもらえます・・・」

俺「ハァハァハァ・・・は?」

嬢「なんでもするんで・・・」

俺「とりあえず、タイム」

さっきの疑念もあったんだけど、(そんなわけないでござる)って思ってたので、本当にわけが分からない&顔が認識できてない&腰砕け。
で、よく事情が飲み込めず。

男「えーと・・・何を言わないで欲しいの?」

嬢「気付いててあんなこと言ったんじゃないんですか?◯◯さん」

嬢に予約時の偽名じゃなく、本名で呼ばれて疑念が確信に変わったんだ。

俺「ちょ、タイムタイム!」

嬢「なんでもするんで・・・」

俺「ハイパーオチンチンタイム!」

メガネをかけて嬢を見た。

俺「◯◯さん・・・」(←上の階の奥さんの名前)

嬢「・・・」

俺「えーーと」

嬢「こういうとこ、来るんですね・・・」

俺「こういうとこで働いてたんですね・・・」

俺・嬢「・・・」

ちんぽ萎えた。

嬢「言わないでもらえますか?」

俺「言うも何も別に・・・」

嬢「でも不安です・・・」

俺「んなこと言われても・・・」

嬢「お金・・・ですか?」

俺「だから言いませんから」

そんな問答を延々と残り時間してた、ちんぽ出したまま。

“ぴぴぴっ”

90分攻められっぱなしでコースの終了を告げるタイマーが鳴った。

俺「じゃぁ、シャワー浴びますか」

嬢「・・・」

俺「もう、言いませんから安心してくださいよぉ」

奥さんがいきなり携帯を取り出し電話を始めた。

嬢「あ、もしもし◯◯(源氏名?)です」

店へ電話のようだ。

嬢「お客様、1時間延長されるそうです」

(は??)

俺「ちょ、延長って・・・」

嬢「大丈夫。私が払いますから」

俺「いや・・・」

嬢「もう少しお話させて下さい、このままじゃ・・・」

俺「とりあえず、シャワー浴びて来ていいですか?」

嬢「あ、じゃぁ一緒に」

俺「いや、いいです(汗)」

俺「無理しなくていいですから・・・」

嬢「仕事ですから・・・」

俺「じゃぁ洗ってくれますか?」

嬢「はい(微笑)」

シャワールームにて。

嬢「そんなにうるさいですか?」

俺「あ、いや。◯◯さん声通るからかなぁ」

嬢「怒り出すと止まらなくなっちゃうんですよね、すみません」

俺「男の子二人は大変でしょうねー」

なんて普段するような世間話を、全裸で・・・。
そんな会話をしてるうちに俺のナニが反応し・・・。

嬢「しても・・・いいですか・・・」

で、俺の承諾も聞かず、また咥えられた。
いや、ほんとこの人上手いんですよ。
シャワールームでのフェラってエロいよね。
奥さんも開き直ったのか、俺の顔をたまに見ながら舐め上げる。
我慢できずに顔に掛けちゃった。

「ふふふっ」って笑われた。

俺「なんか開き直りました?」

嬢「えぇ、もうw」

俺「そうですかw」

俺は複雑だったけどwww
下半身はノーバディーストップミーって感じで・・・orz

シャワー後。

嬢「よく考えたら・・・」

俺「?」

嬢「わたしも◯◯さんの弱み、握ったってことですよね?」

俺「ははっ、そうですね。ちんちんもね!」

俺・嬢「・・・」

俺「まぁ、別居中ですけどw」

嬢「そうだったんですか、ここ最近見ないなと思ってたんですよ」

俺「お恥ずかしい話で・・・」

嬢「そうですか・・」

俺「まぁ、いずれにせよ、口外しないですから」

嬢「ありがとうございます」

俺「まだ時間残っちゃってますねw」

と、ここで今さらムラムラしてきた俺。

俺「ところで、なんでこのお店に?」

嬢「お金・・・ですね」

俺「旦那さんとは?」(←旦那とは面識ない)

嬢「めっきりご無沙汰ですねーw」

俺「寂しかったりしますか?」

嬢「・・・」

(やべー、地雷踏んだかも!)

嬢「ちょっと・・・ね」

嬢「◯◯さんは?どうですか?」

俺「寂しいからここにいるんですよw」

嬢「お役に立てましたか?」

俺「びっくりしましたけどねw」

嬢「・・・じゃぁ最後にちゃんとしましょうか?」

俺「ちゃんと?」

嬢「もうびっくりしてないですよね?ちゃんと慰めてあげます」

そして3回戦へ。
今度は俺も攻め。
自然な感じで69に持ち込んで、最後はフェラで抜いてくれた。

俺「ごちそうさまでした」

嬢「いえいえ」

そして延長時間も終わりに近づき・・・。

俺「今度会った時、普通に挨拶できるか不安ですがw」

嬢「そこは普通でお願いしますw」

俺「育児大変だと思いますけど頑張ってください」

嬢「ありがとうございます」

俺「うち庭ありますから、お子さん遊びに来てもいいですからw」

嬢「本当ですか?」

またそんな世間話をしつつ時間終了。
それが昨日の日中のお話でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛妻

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン