新着情報

台湾主張中にナンパした女の子

この体験談は約 4 分で読めます。

台湾出張時・・・。
土日は休みの為、金曜の夜、ディスコとやらに出掛けた。

AM3時、帰ろうとすると、日本語の片言を話す2人組女の子(台湾人)と出会った。
二人とも25歳みたい。
その内一人が深田恭子似でぽっちゃり系だった。

いつの間にかディスコの中で、彼女と1対1となった。
彼女と話そうとしたが、うるさかったので、「コーヒーでも飲みに行こうよ?」と彼女が話しかけ、外に出た。

彼女は日本人向けのスナックで働いていて、日本語がちょっと話せるみたい。

コーヒー屋さんに行くとか言ってたが、保齢球場(ボーリング場)にタクシーで行った。
ボーリングは一人5ゲーム(1ゲーム200円くらい)プレイして、靴代もゲーム代も払ってくれた。
スコアーは彼女170UP(5ゲームとも)で私は150そこそこだった。
(ボーリングには結構自信あったのに・・・)

娯楽がディスコかボーリングぐらいしか無い為、週3ぐらいで行くらしい。
彼女は上手かった。
その後、隣接するゲーセンでカーレース、エアーホッケー、バスケットなどして楽しんだ。

その後、彼女のマンションに行くことになった。
初対面でいきなり部屋に入れてくれるのって何かあるんじゃない(怖い人とか)かとも思ったが、彼女一人でした。
軽装に着替えて、軽くシャワーを浴びたいんだと・・・。
そこで、ちょっとムラット来て、後ろから抱き締め、勃起したペニスを彼女のお尻に当てたが、向こうにはその気はなかった。

その後、台湾マッサージに行こうということになった。
AM5:30で外は明るくなってきた。
また、タクシーを呼んでもらい、人気の24hマッサージ屋さんに行った。
個室で2人きりで、ベッドが2つ有り、そこで上半身裸になり、下も軽い短パンに着替えるというものだった。
彼女は恥ずかしいとかいって、電気を暗くし、上半身裸となって、ベッドにうつ伏せとなった。
その後、マッサージ師、2人がそれぞれ入室し、マッサージしてくれた。
私は現地語がわからないため黙っていたが、彼女は現地語で、マッサージ師さんと楽しく話していた。

AM7:00である。
私は徹夜で疲れたので、ホテルに帰るというと、彼女も来たいとのことで、またもやタクシーで、ホテルに向かった。
ホテルは1人泊でも2人泊でも料金は同じで一部屋いくらという感じなので、彼女もすんなりと、部屋に入った。

彼女とベッドでTVを見ていたら、やっぱり、そういうモードになった。
彼女からキスしてきた。
私はお風呂をいれ、あわあわとした。

私はおっぱいを触ろうとすると、「友達でしょ?」とか言って来た。

しかし欲望は抑えきれず、いつの間にか二人とも全裸になっていた。
そして、あわあわになったお風呂に入った。

お互いの体を刺激しあっていたら、彼女がペニスをしごいてきたので顔の前にペニスを持っていき、フェラってもらった。
もうその時点で行きそうだったが、なんとか我慢した。

その後、体を拭き、ベッドイン。
彼女はもう、入れてという体勢だった。
前儀はお風呂で済んだみたい。
彼女は外国人で、初対面で、病気とかあったらどうしようと、ふと思った。

ここでおしまい。
ゴムが無いからと私が言うと、「えー?」とか言ってきた。
彼女のアソコはぐちょぐちょであった為、しょうがなく生で入れた。
彼女はたいそう、気持ち良さそうだった。
いままでのストーリーが効いたのだろう。

いつもは長持ちで、「まだイかないのー?」「もう、イって!」「ちょっと休憩」とか女性から言われるんだが、今回ばかりは私も早かった。

初めて生だ・・・。
行きそうになると抜いてお口に出そうとしたが、嫌がられたため、胸にたくさん出した。
彼女は体にぬりぬりして、楽しんでいた。
その液体を指につけて、私の口で舐めさせ、“自分の味”とか言ってた。

その後、何かペニスが痛いなーと思ってみると、引っかき傷で出血してた。
彼女の爪が長かったので、お風呂で傷つけたみたい。

薬屋さんで、薬買うこととなった。

シャワーを浴びて、2人とも部屋を出ると、部屋掃除のおばちゃんとすれ違い、彼女が何か話し掛けていた。

「なんて言ったの?」と聞くと、「ベッドをきれいにしといて」だと。

日本人女性なら、こんなこと言わないはず。

AM11時である。

その後近くの薬局に連れて行ってもらった。
彼女は女性店員にぺらぺら・・・。
・・・で、該当する薬をもらった。

「なんてしゃべったの?」と聞くと、「ペニスの傷の薬・・・」とか言ってた。

私だけその会話を理解してなかったみたい。
その後、再度彼女の部屋に行き、その薬を彼女につけてもらった。
(自分でもつけれるのに・・・)

そこで、もう一回戦といきたいとこだったが、ペニスに傷がある為断念した。

その後ランチに行って、現地料理を2人で食べた。
正午ぐらい・・・。

その後、遊び疲れて眠くなり、解散とした。

彼女とはその後、数回会い、ペニスの傷が治った頃、もう一度Hした。
(彼女の部屋だ)

大きくなってるのがわかったのか、触ってきて、いきなり、彼女は下をすべて脱いだ。
私はこんなことがあろうかとゴムを持ってきていて、つけようとすると、「つけると気持ちよくないでしょ?」とかいって、拒まれた。
結局そのときは、前儀なしで上に載られた。

騎乗位だと自分で調節できず、中出しになることもあるので、正常位にかえた。
彼女は上着は来たまま(我慢できず脱ぐ余裕も無くすぐに入れて欲しかったみたい)なので、「どこに出したらいい?」って聞くと、マン毛あたりをさして「ココ」とか言って来た。
さすがにその辺だとやばいかも・・・と思い、引っこ抜いて、彼女の手のひらに出した。
彼女の口の中が大好きなんだけど、いやらしい・・・。

また、やりたいものである。

いい思い出だ!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セクフレ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン