新着情報

人妻がふんどしを巻く田舎の裸祭りで

この体験談は約 8 分で読めます。

1月になると毎年、俺の田舎では『どんと祭』というお祭りがある。
地元で、水回り工事の店を開く我が家は商工会に入っており、毎年恒例のどんと祭は必ず出席しなければならなかった。

どんと祭は、商工会と青年会がメインで開催する1年の初めの行事であった。
我が家は、出店で焼き鳥を売る担当。
それと、今年は夫婦で裸祭りにも参加してくれと言われていたのだ。
祭りの終盤にお守りなどを焼いている周りを裸(男はまわしだけ、女はさらしを巻く)で回りながら清め水で体を清めるんです。
1月となると気温も低く、参加者を募ってもなかなか集まらない為、商工会と青年会で毎年交代で参加していて、今年は私達夫婦に順番が回って来たんです。
嫌でしたが順番ですから仕方ありません。
最後の裸祭りは最高潮に盛り上がる大事なイベントでもありました。
多くの人が集まる所で、顔を売ることも商工会にとっては宣伝にもなるんです。

どんと祭当日、雪がちらつく寒い日でした。
私達家族も、境内の片隅に出店の準備をしていました。
夕方になるにつれ一般客が集まり始め、賑わいを見せ始めていました。
焼き鳥はバカ売れで、忙しく焼いていると、集められた神具に火が灯され辺りを照らし、火の温かさが出店にも伝わって来ています。

そんな中、商工会会長が現れ、「そろそろ裸祭りの準備お願いしますね」と声を掛けて来たんです。

妻と一緒に境内の一角に設置された座敷で着替えを始めることにしました。
妻は今年初めてで、菓子屋をしている齊藤さんの奥さんに色々世話になる事になりました。
齊藤さんは何度か体験した1人で、年は37歳で妻より7歳も年上です。
男女別々の部屋で着替え、寒さに震えながら妻を待ちました。

しばらくして齊藤さんと妻が現れましたが、人妻の色っぽい姿に見入ってしまいました。
妻の大きな胸(Gカップ)は、さらしに締め付けられていましたが負けずと前に飛び出し、下半身に纏っている白く薄い布地のふんどしが短パンのお尻に食い込み、体のラインを強調しています。
胸から上と短パンから下は白い肌剥き出しで、色気をムンムン醸し出していました。
辺りの男性も妻の姿に生唾を飲んでいるのが分かりました。

「あなた、寒いわね・・・」

そう言って両腕をスリスリしながら妻は寒さを堪えていました。

「そろそろ、こっちに並んでください」

その掛け声に私達も歩き出すと、妻は他の奥さんに連れられる様に私から離れて行きました。

「奥さん綺麗な肌、羨ましいわ」

「そうですか?」

「若いっていいわね」

齊藤さんが私の後ろに並び、色々話していると・・・。

「奥さん胸も大きくって、綺麗な形だったわ」

「生のおっぱい見たんですか?」

「そうよ!さらしの中、何も着けていないんだし」

「えっ、齊藤さんも」

「そうよ!見てみたい」

齊藤さんは、妻に生乳でさらしを巻き、短パンの中にも何も着けさせなかったと言うのです。
あんな薄い生地で濡れたら透けて見えるに違いありません。
何だか興奮してしまい、褌の中の股間がムクムクと大きくなり始めていました。

「藤岡さんのアソコ大きいのね」

齊藤さんに指摘され、思わず顔を赤らめてしまいました。

「若いっていいわね!うちの旦那は全然」

齊藤さんは私をからかうかの様に色々と卑猥な事を話してきていました。

そんな時、「そろそろ出ます」という声がして、先導が動き出しました。
ゴウゴウと炎が立ち上がる辺りを囲む様に円を描くと、神主さんが祈願を始めた。
お祈りも終わりに近づくと桶に入った水を男達がかけ始め、会場内が荒声で溢れ始めた。
同時に私の隣の男性が桶を片手に、私達にも水を振りかけ始めたんです。
余りの冷たさにブルブル身を震わせながら、「うぉ」と声を上げ身を奮い立たせますが、体中を針で刺される様な痛みが涙を誘いました。
動かずにはいられない感じで水の入った桶を受け取り、辺りの人にも掛け出したんです。

「齊藤さん行きますよ」

思いっきり水を掛けると、白い布に水が染み透け始めました。
胸の辺りは、乳首が薄ら透けています。
と同時に、下半身に着けている半ズボンもまた透け始めていました。

「もう一杯行きますよ」

彼女の下半身に向け水を掛けると、股間の辺りの布が肌に張り付き、毛が黒く透けてきました。
思わずガン見していると、「エッチね、藤岡さん」と彼女に言われハッとした。

「いや~」と思わず目線を逸らし照れ笑いしていると、彼女から反撃の一水を掛けられる。
褌の中のムクムク熱くなった股間が一気に冷やされ、我に返る。

そんな時、ふと妻もまた同じ格好だと思い出し、妻の居る方を見て驚いた。
妻の周りには男が殺到し、何杯も水を掛けられていて、必死に顔を手で覆っているが、胸のさらしは解け始め、隙間から肌が見え始めていた。
下半身も透け黒く見える。
男達はニヤニヤとしながら、さらしを完全に解こうと水を勢いよく掛けている。
妻はただ水から顔を守っているだけで、胸のさらしの事は気づいていない様子だった。
思わず妻の方へ駆け寄る時には、胸のさらしは解け、爆乳が半分曝け出されていたのだ。
しかも、濡れた足元に滑ったのか仰向けで身を屈める様に足を折り曲げていたから、股間の布がすっかり肌に張り付き、アソコの形も浮き出しになっていた。
顔を近づけ見入っている男性達。
妻を起き上がらせ、手を引いて更衣室へ連れて行き着替えをさせた。
妻を待つ間、妻の姿を思い出し、変に興奮した。

その時、齊藤さんも戻って来て、「奥さんのさらし解けたんだって、見られちゃったね」と近寄って来た。
齊藤さんを見ると、すっかり濡れた布が透け色っぽく見えた。

「こんな感じだった?」

彼女が胸のさらしをちょっと解いて乳首を見せて来た。

「えっ・・・齊藤さん?」と言うと、「奥さんの胸、みんなに見られたでしょ。だからお詫びにサービス」と言い、体を磨り寄せて来たのだ。

急な出来事に驚きながらも股間は最高潮に大きくなり、褌からはみ出す勢いだった。

「あら!こんなになって」

齊藤さんが股間に触れて来て、「駄目ですよ」と手を振り払うと、今度は私の手を自分の股間に当てて来て、キスをされた。
突然の出来事に不意を突かれた感じで、彼女の舌を受け入れた。
数分の出来事だったと思います。
間もなく妻が出て来て、気まずい雰囲気の中、齊藤さんが更衣室へ消えて行った。

その後、私達は一度家へ戻り、打ち上げ会場へ向かう事になった。
地元の割烹料亭の座敷で打ち上げは行われた。
総勢40人程が集まり、テーブルを囲んでいる。
男性が多く、奥様方は2割程度といった感じだった。
私達夫婦の隣には、齊藤さん夫妻が座ってきた。

「先程はどうも」

軽く会釈をする。
彼女を見ると透けた体が頭をよぎり、何だか興奮していた。
それと同時に男達の目線が妻に向けられている事も感じ取れたのだ。
妻の巨乳と透けた股間を見たのだから仕方がないが、怒りとは別に興奮もしていた。

商工会会長が挨拶を手短に済ませ、会が始まった。
祭りの勢いが冷めない中、男達は酒をドンドン注いで飲み干していた。
私達にも酒は注がれ、ほろ酔い気分になっている頃だった。
会場内で移動が始まり、妻の元に数人の男性が集まり、「奥さん一緒に飲みましょうよ」と手を引き始めた。

「ねぇ旦那さん、良いでしょ、こんな所でベッタリしなくても」と言われ、「ええ、行ってこいよ」と妻を差し出した。

ふと気づくと、齊藤さんの旦那さんも妻の元で飲んでいる。
齊藤夫人は相変わらず私の元で酒を注いで話し掛けてくる。

「奥さん連れて行かれちゃったね!焼いてるのかな?」

「そんな事ありませんよ、どうぞどうぞって感じですよ」

「あら、結構さっぱりしているのね。でも奥さん、可愛いからエッチな事されたりして」

「そんな事ないでしょ」

そんな時、彼女の手が私の股間に宛てがわれていたんです。

「齊藤さん、駄目ですよ!旦那さんも居るんですよ」

「いいじゃない、旦那も奥さんのこと気に入っている様だし、お互い様よ」

「でも・・・」

辺りの目も気になり、彼女の手を振り解く様にトイレに立った。
トイレに入ろうとする時だったんです。
彼女が後ろから抱き付いて来て、唇を奪われ突然のキス。
それと同時に股間もグイグイ揉まれながらトイレの中に押し込まれました。

「ちょっとだけなら良いでしょ」

「困ります」

そう言いながらも、この淫乱熟女の斉藤さんには全く抵抗できませんでした。
彼女に舌を入れられ、ベルトを外されると、大きくなったチンポを剥き出しにされ生で揉まれました。

「やっぱり、おちんちん凄く大きい」

そう言って彼女は私の足元にしゃがみ込み口に咥え込んだんです。
あまりの気持ち良さに声を失いました。
彼女の舌使いは妻のものとは全く違い、今にも噴き出しそうです。
必死に我慢していると彼女は玉を舐め始め、我慢の限界に達した。
ビクビクとなると、彼女はすぐに先端に口を移しゴクゴクと飲み干したのだ。

「すっごく濃いのね!若い男性はいいわ」

上目遣いで私を見つめる彼女の魅力に飲みこまれそうになると同時に、妻と旦那さんへの謝罪の気持ちで一杯だった。
彼女が、洗面台で口を注いでいると、男性客が中に入って来た。

「お~なんだ奥さん、相変わらず若い子好きだね」と言い、奥に進んで行った。

私達は一度会場へ戻り、酒を飲み直しながら話を始めた。
そんな中、妻を見るとヘロヘロ状態で、隣の男性の方に寄りかかる始末。
妻の元に行こうとすると齊藤夫人に掴まれ・・・。

「あら、今、奥さんに合わせる顔があるの?」

渋々、彼女の相手をする事になった。

妻の周りには8人位の塊ができ、詳しく妻を見ることが出来ない。
ただ隣の男性に寄りかかっていること位しか確認出来ないのだ。
でも、「お~凄ぇ」とか「張りがいいねぇ」という言葉が気になって仕方なかった。

齊藤夫人には終始股間を弄られ、彼女から離れる事が出来ない。
もう既に22時を回り、会場内には10人しか残っていない。
女性は妻と齊藤夫人の2人。
会長も既に退席していたのだ。
この店の主人は妻を囲うメンバーの1人で、もう既に閉店だったがオールナイトで使用できる状態だった。
店の店員も既に帰宅した感じで静まり返っている。
妻を囲む連中が、「カラオケしよう」と言い出し、店内奥のカラオケルームに向かった。
もちろんフラフラの妻も男性2人の抱えられる様に連れて行かれたが、服装が乱れているのが分かった。

広い座敷に齊藤夫人と私2人だけになると、彼女は激しく私に言い寄って来たのだ。
ベルトを外され、ズボンを下げるとこの痴女熟女はまたフェラチオを始め、自らの下半身を曝け出した。
彼女の股間には黒々とした陰毛がもじゃもじゃと生え、透明な汁を溢れさせていた。

「あなたも、私のマンコを舐めて」

そう言って私に股間を近づけてくる。
既に彼女に咥えられた股間も限界に近づいていたが、彼女のマンコに舌を這わせた。
やがて彼女は、「入れて欲しい」と言うので、私は彼女のマンコに挿入したんです。
妻を裏切ったと思いながら、もう彼女の言うことに逆らえなかった。

何分経ったでしょう?
お互いハァハァ息を荒らしている時、妻の顔が頭を過った。
もう妻に合わせる顔も無かったが、心配だった。

服を着直していると、「奥さんどうなったかしら?心配?」と齊藤夫人に言われ、「もちろん」と答えると、彼女が私の手を引きカラオケルームに向かったんです。

全面ガラス張りの部屋の前で、愕然としました。
妻が全裸にされ、男達に代わる代わる入れられていたんですから。
ヘロヘロになった妻を抱きかかえ、口とマンコにチンポを入れ、胸にも吸い付く始末。
妻は既に意識が無い感じだった。

何度、中に出されたのか?

下半身には大量の精液が飛び散り、アナルからも汁が・・・。
何とも言えない無残な姿でした。

しかし、たった今、私も齊藤夫人と・・・。

そう思うと飛び込んでいく資格などありません。
男達に抱かれる姿をただ見ている事しか出来ませんでした。

妻が解放されたのは、それから1時間が過ぎた頃でした。
妻は彼らに体を洗ってもらったのか綺麗になっていましたが、口からは異臭を漂わせ、先ほどの出来事が真実である事を証明していました。

「いや~、奥さん寝ちゃって大変でしたよ」

「そうそう、しかも服まで脱ぐ始末で」

誤魔化すかのように嘘の証言をする彼らだったが、事を荒立てる事も出来なかった。
意識の無い妻を抱きかかえ、家路に戻った私でした。

翌日、妻は予想通り、昨日の記憶を失っていた。
その方が私にとっても都合が良かった。

その後、齊藤夫妻とは良く顔を合わせるが、特に何も無い。
お互いの夫婦交換を1日限りでしただけ、そう心に言い聞かせる。
もうスワップのような事をして妻を寝取られるのは嫌なんです。
でも、この商店街に妻と繋がった店主が5人もいる、そう思うと複雑な思いです。

ちなみに、後で友人から聞いた話ですが、齊藤夫人は裸祭りの前から酒を飲んでいたらしく、酒を飲むと男を物色する癖があるそうで、商店街の中にも肉体関係を持った人が数人いると聞きました。
飲み会中に、「スケベな奥さんだねー、彼女は若いの好きだね」って言っていた人は、この事を知っていたんでしょうね。

田舎の祭りの打ち上げは、想像以上の激しいものでした・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ねぇ、部屋来ない…?

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン