新着情報

お隣夫婦と土日限定のパートナー交換[第3話]

この体験談は約 10 分で読めます。

そして、お風呂に入ることにした。
奈保子さんに先に入るように進めたが、「いつもそうだから」という理由で俺が先に入った。
俺が風呂に入って頭を洗っていると、ガチャッと後ろで扉が開く音がした。

俺「えっ!?」

驚いてそう言うと、頭を奈保子さんが洗い出してくれる。

奈保子「いつもウチじゃあこうだから」

そう言ってシャンプーを丁寧にしてくれる。
鏡越しにチラチラ見える奈保子さんは当然全裸だ。
頭を洗い終えると体も洗い始める。
なるべく見ないようにしながら洗ってもらうが・・・。

奈保子「はい、こっち向いて、前洗うからね」

そう言われて振り返る。
奈保子さんの裸はすばらしかった。
大きいけど張りがある胸、腹筋は薄く割れていてくびれている。
乳輪も俺好みの少し大きめで、乳首は小ぶりなピンク色だった。
なるべく見ないように上を見たりして体を洗ってもらっていると・・・。

奈保子「ほら足広げて。小学生みたいなことしないの」

さっきから完全に勃起してしまっているので、太ももに挟んで隠していた・・・。
言われるままに足を開くと、チンポがビンと音を立てる勢いで跳ね上がった。

奈保子「えっ!?・・・なに、これ・・・」

驚く奈保子さん。
大きすぎて驚かれるのは慣れているが、お隣の奥さんに見られるのは異様に恥ずかしかった。

奈保子「これ、大きいね・・・太いし・・・あっくんて、外人の血が入ってるんだっけ?」

俺「いえ100%日本人です。そこが大きいのは遺伝です」

奈保子「そうなんだ・・・凄いね。ここまでのは初めて見たよ・・・」

そう言いながら石けんの泡をチンポに付けて洗い始める奈保子さん。

俺「いや、それはダメです・・・やり過ぎです」

慌てて腰を引き、後ろを向く。

奈保子「家ではこうだよ?ルールでしょ?」

そう言いながら後ろから俺のチンポを掴んで洗い始める。
しかも背中に胸を密着させてくる。
大きな胸が俺の背中で潰れる感触は、嫁では味わえない感触で興奮した。
奈保子さんは普通に洗っていたのだが、そのうちカリの部分を指で摘んでみたり、敏感なカリのところを重点的に擦ってみたりしてくる。

俺「く・・・ふ・・・」

思わず吐息が漏れる。

奈保子「あれ?あっくんなに興奮してるの?洗ってるだけなのにぃ」

いじめっ子のような口調で言う奈保子さん。

俺「じゃあ、今度は俺が洗います」

そう言って振り返って、手にボディソープを付けると直に洗い始めた。

奈保子「いやん!ダメ!」

そう言って後ろを向くが後ろから胸を鷲掴みにして洗う。

奈保子「だめだって・・ぇ・・・ん・・・」

硬くなった乳首を重点的に指で擦ると、「あぁ・・・はぁぁ・・・ん・・・だめ・・・はぁ・・ん」と吐息から喘ぎ声に変わる。
すかさずあそこに手を伸ばすと、お湯ではない粘度の高い液体が溢れ出ていた。

俺「あれ?ここ、まだ洗ってないのに濡れてますよ?」

奈保子「あっふぅ!あっ!ん・・・お湯・・・だよ・・・あっ!」

硬くなったクリを指で摘むと・・・。

奈保子「あがぁ!だめぇ・・・そこ・・・つまんじゃ・・・だめぇ・・・あっ!あっ!あっ!もう・・・」

俺「もう、なに?」

奈保子「いやぁぁ・・・ダメだよぉ・・・ダメだってぇぇ・・・もう・・・イッちゃう・・・」

ぼそっとそう言う奈保子さん。
いつもの男っぽいところは影を潜めて、可愛らしく喘ぐ。
ぴたっと指を止めて・・・。

俺「はい!洗い終わりました!お風呂入りましょうか?」

奈保子「・・・だめぇ・・・あっくん・・・イジワルだね」

そう言うと俺を湯船の縁に座らせて、対面座位の姿勢で跨がってくる。

「あっ!」と言うまもなく俺のチンポを挿入する奈保子さん。

一気に奥まで入れている。

奈保子「ぐぅっわぁっ!イグ!わぁぁぁぁっ!」

そう叫ぶと、背中を折りそうな勢いで仰け反って痙攣する。
入れただけでイッてしまったらしい。
痙攣して締め付けてくるのを生で感じながら・・・。

俺「奈保子さん、ゴム付けなきゃ・・・」

痺れるような背徳感と快楽に押し潰されそうになりながら何とかそう言うと・・・。

奈保子「大丈夫・・・大丈夫だから・・・して・・・あぁぁっ!」

入れているだけで快感がこみ上げてくるようだ。
子宮に当たっているのを感じながら下から突き上げると・・・。

奈保子「あがっ!あがっ!ぐぅぅぁ!あっ!こん・・・な・・・凄い・・・だめぇぇ・・・ナオ・・・ナオ、イってる・・・さっきイッたのにもうイッてる!あがっ!あっ!ダメ・・・壊れ、る・・・」

白目を剥きそうな勢いで感じている奈保子さん。
過去にも子宮が感じる子は狂ったように感じてくれたが、奈保子さんの感じ方はトップクラスだ。
嫁は子宮がダメな子なので、ここまで感じさせることが出来ずにいる。
奈保子さんがだらしなく俺に胸にもたれかかってきてよだれを垂らしている。
そのまま駅弁の形にして持ち上げて、さらに激しく突き上げると・・・。

奈保子「あっ!あっ!また・・・イグ!イグ!がはぁっっ!あっくん・・・だめぇ・・・死ぬ・・・あぁぁっ!」

背中に痛いほど爪を立ててくる。
その痛みに余計興奮してさらに突き上げると・・・。

奈保子「いやぁぁぁぁ・・・出ちゃうよぉ・・・あぁぁ・・・とまらない・・・いやぁぁぁ!イクぅぅっ!」

そう言ってビチャビチャビチャッとお漏らしをしてしまった。
そんな様子を見て俺の興奮もマックスになる。

俺「イキそう・・・奈保子さん・・・出そうです」

そう言って奈保子さんを離そうとすると、ぎゅと抱きついてきて両足まで絡めてくる。
離すことが出来ずに動きを止めても、もう射精を止められないくらい高まってしまっている。

俺「ダメですって、奈保子さん離れて、出るから!」

そう言うと奈保子さんが腰を振り出した。
もう限界だったので、呆気なくイッてしまった。
生セックスは初めてではなかったが、中出しは生まれて初めてだったので、その痺れるような快感に思わず呻き声が出た。

すると、奈保子さんがキスをしてきた。
激しく舌を入れてかき混ぜてくる。
俺も舌をメチャメチャに絡ませて、奈保子さんの舌を吸ったりする。
不思議なもので、キスをした瞬間、初めて浮気をした気持ちになった。
浮気をしてしまったという思いになった途端、真美の顔が浮かんできた。
ところが、逆にそれでチンポはまたガチガチになってきた。
まだ奈保子さんと駅弁スタイルで繋がったままだったが・・・。

奈保子「あぁぁ・・・あっくんの、また硬くなってきたぁ・・・すごいね・・・あぁぁ・・・」

奈保子さんもどうしようもなく興奮してしまっている感じだ。
さすがに腕が辛くなってきたので、奈保子さんを立ちバックの姿勢にすると、後ろからハメて腰を振る。

奈保子「あぁぁ・・すごい・・・どうして・・・こんな・・・ダメ・・・だめぇ!もう、来ちゃうよぉ・・・」

大きな胸がブルンブルン揺れている姿に俺の興奮も高まる。

俺「ほら、当たってるよ・・・奥に・・・コリコリしてるよ・・・」

奈保子「当たってるぅ・・・ナオの子宮、壊れるぅ・・・あぁぁっ!だめぇ!壊してぇ!」

絶叫に近くなってきた。
隣には嫁と正人さんがいるはずなので、聞こえないかドキドキするが止まらない。

俺「ほら、いつも当たらないとこに当たってる?」

奈保子「あぁっ!当たってる!いつも届かないとこに当たってるのぉ!あぁっ!イクっ!」

そう言って痙攣すると、呆気なくイッてしまった。
嫁とのセックスで嫁はほとんど言葉を出さないし、恥ずかしいからか、『イク』と言ったこともない。

俺「いつも届かないところ突かれてイッちゃったんだ・・・奈保子は悪い子だね」

呼び捨てにしていじめてみると、その言葉だけでビクビク痙攣する。
面白くなって・・・。

俺「ほら、言ってごらん。『いつも届かないところまで大きなチンポで突かれてイッちゃう』って!」

そう言って尻を叩いてみると・・・。

奈保子「あがぁっ!イク!いつも届かないところ、あっくんのデカチンに突かれてイッちゃう!イグぅぅ・・わぁぁっっ!」

そう言ってまたビチャビチャ漏らしながら痙攣する奈保子さん。
その姿を見て俺も呆気なくイッてしまう。
昨日も今朝も、真美にあれだけ搾り取られたのに、2回もイッてしまった・・・。

痙攣している奈保子さんを湯船に入れて、自分も一緒に入り、「奈保子さん、凄く気持ちよかったです。ありがとうございます」とお礼を言った。
奈保子さんはぐったりしていたが・・・。

奈保子「・・・君、凄すぎ・・・ちょっと反則・・・狂うかと思った・・・」

俺「奈保子さんも、最高に綺麗でした」

奈保子「ちょっとどうするの?こんなにして・・・夢中になっちゃうでしょ?責任取りなさいよね!」

強気なキャラが戻ってきた。

俺「わかりました。責任取ります!」

そう言いながら後ろからキスをして胸を揉み始めると・・・。

奈保子「あ、ふぅ・・・ダメだって・・・あぁぁ・・・ん・・・」

俺「じゃあ、止めます?」

奈保子「・・・ダメ!」

そう言って舌を絡ませてきた。
そして俺を風呂の縁に座らせるとフェラしてきた。
目一杯口を広げて咥えるが、歯が当たる。

奈保子「凄いね・・・歯が当たっちゃう・・・硬いし・・・ん・・・」

そう言いながらカリや尿道口を舌で舐めてくる。
そのテクニックは凄く、嫁のフェラとは大違いだ。
嫁のフェラは、歯が当たるのもあるが、ほとんど舐める程度だ。
3回目なのにもう射精感がこみ上げてくる。

俺「奈保子さん、ダメです。もう出ます」

そう言うと、止めるどころか手コキも加えて責めてきた。

俺「あぁ!ダメ!出る!」

そう言ってイッてしまった・・・。
イク寸前に奈保子さんは口に咥えてくれたので、口の中にぶちまけた。

奈保子「凄いね・・・3回目なのにいっぱい出たね」

そう言ってくる奈保子さんはすでに精子を飲み込んでいるようで、口の中は空のようだ。

俺「飲んだんですか?」

慌てて聞くと・・・。

奈保子「あっくんの美味しいよ」

そう言って頬にキスをしてきた。

俺「すみません・・・なんか・・・でも、初めて飲んでもらいました。メチャメチャ嬉しいです」

奈保子「えっ!そうなんだ!悪いことしちゃったなぁ・・・真美さんに謝らなきゃね」

俺「イヤイヤ、ダメでしょ?内緒ですよ!っていうか中出しも生まれて初めてです・・・大丈夫なんですか?」

奈保子「わかってるよw私も言えるわけないしねw中出しも初めてなんだ・・・ホントごめんね・・・私はピル飲んでるから大丈夫だからね」

それを聞いて心底ホッとした。

風呂を出て、リビングでテレビを見ながらくつろいだ。
くつろいだと言っても、奈保子さんのパジャマはスケスケのネグリジェ一枚で、胸もアソコも透けて見えるので興奮してしまって仕方なかった。
しばらくして、そろそろ寝ようという話になって、寝室に入り一緒のベッドに入ると、凄くドキドキした。

しかしその時、微かにベッドの軋むような音がすることに気がついた。
心臓が張り裂けそうになりながら慌てて窓をそっと開けると・・・。

真美「んっ!ハッ!あぁ・・ダメぇぇ・・・イクっ!」

微かにそう言う嫁の声が聞こえた・・・。
それ以降は、声も音も一切してこなかったが、確かに聞こえた・・・。
『イク』と言っていた・・・。
俺が一度も言わせたことのない言葉だ・・・。
グルグル地面が回っている気がした。
絶望感が凄い・・・。

窓際で固まっていると、突然後ろから奈保子さんにチンポを握られた。

奈保子「あれ?真美ちゃんがやられちゃってるのに、こんなにしてるの?」

こう言われて、自分が限界まで勃起していることに気が付いた。
嫁が、隣の家で正人さんにやられてイカされてしまったかもしれない状況だというのに、血管が切れるほど勃起している自分に驚いた。

奈保子「ねぇ・・・さっきの声って、やってる声だよね・・・真美ちゃんがやられちゃうなんて意外だったなぁ・・・」

正人さんが浮気をしたかもしれないという事はどうでも良いのかな?と思ったが、それよりも真美だ・・・。
本当に正人さんにやられてしまったのだろうか?
しかしあの声はどう考えてもセックスしている声だ。

そんな俺の戸惑いなど関係ないように、奈保子さんは俺のチンポを握り続け、後ろから耳を舐めたりしてくる。
そしてパジャマから手を突っ込んで、俺の乳首を摘んだり擦ったりしてくる。
思わず吐息を漏らしながら・・・。

俺「奈保子さん・・・ダメです・・・真美が・・・正人さんが・・・」

奈保子「なに言ってんの、3回も出しといて今さらそれは無いんじゃない?」

そう言いながら俺のズボンを脱がし始める。

俺「そうですけど・・・真美が・・・」

奈保子「こんなにしといて何言ってるの?お互い様でしょ?そんなことよりも、今は私と夫婦でしょ?」

綺麗な奈保子さんの顔に見つめられながらそう言われると、本当にお互い様と思ってしまう。
催眠術にでもかかった気持ちだ。
そして、どちらからともなくキスをし、舌を絡めていく。
奈保子さんは俺をベッドに押し倒すと、上に覆いかぶさってキスを続ける。

奈保子「ほら、口開けて」

そう言って口を開けさせると、唾液を流し込んでくる。
今までしたことのないそのプレイに、電流が流れたように感じながら奈保子さんの唾液を飲み込んでいく。

奈保子「どう?美味しい?」

妖艶に微笑みながら奈保子さんが聞いてくる。

俺「はい、美味しいです!奈保子さん・・・」

喘ぐようにそう言うと・・・。

奈保子「私にも・・・」

そう言って仰向けに寝て口を開ける奈保子さん。
言われるままに奈保子さんの口に唾液を垂らしていく。
それを音を立てながら飲み下していく奈保子さん。
たまらなくエロい・・・。
夢中でキスをして舌を絡めていると・・・。

奈保子「正人も唾液交換好きなんだよ。真美ちゃんも飲まされてるかもね・・・」

いたずらっ子のような顔でそう言う奈保子さん。
嫉妬や焦りや色々な感情がグチャグチャになるが、どうしようもなく興奮している自分に戸惑う。
そしてまた俺を仰向けに寝かせるとフェラチオを始める。

奈保子「あぁ・・凄いね・・・大きい・・・こんなの初めて・・・奥まで入らないよ」

そう言いながら、うっとりとした表情で俺のチンポを舐め上げていく。
そして咥えて奥まで入れていく。
剣を飲み込む大道芸のように、驚くほど奥まで入っていくが、さすがに全部は入らない。
喉の奥に亀頭が当たるのを感じながら、複雑に絡んでくる奈保子さんの舌に腰が抜けそうになる。
すると、奈保子さんの舌が俺のアナルに移動する。
アナルを舐められることなど初めてで、思わず・・・。

俺「ダメです!汚い!あぁ・・奈保子さん・・・」

拒否しようとするが、すでに快感が体を支配していた。
恥ずかしさと気持ちよさが一気に高まり、声が漏れそうになる。
奈保子さんの舌がアナルに押し入ってくる。

俺「あぁぁ・・・ダメです・・・」

奈保子「なぁに?あっくん、女の子みたいな声出して・・・可愛い・・・」

そのまま奈保子さんにいいように責められていると、イキそうになってくる。
さっき3回も出したのにもう出そうになっていることに驚いた。

奈保子「あっ!あっくんの硬くなってきた。イキそうなの?」

また妖艶な笑顔を浮かべて奈保子さんが言う。
返事するまもなく、奈保子さんはアナル舐めと手コキを止めて・・・。

奈保子「じゃあ、いただきます」

いたずらっ子のような笑みを見せながら上に乗っかってくる。
一気に奥まで挿入すると・・・。

奈保子「が・・・はぁ・・・やっぱり・・・だめ・・・だ・・・あぁ・・・あっ!」

亀頭に奈保子さんの子宮を感じながら、そのキツすぎる膣の締め付けを感じて、俺もたまらなくなる。
奈保子さんが腰を上下に動かすと、カリに肉壁が絡みついてくる。
鍛えているせいか、真美の膣よりもキツく締め付けてくる奈保子さんの膣はたまらなく気持ちいい・・・。

奈保子「あっ!はっ!はっ!あぅぅあ・・・こんな・・・やばい・・・あぁ・・・奥が・・・あぁぁっ!あっくん・・・動い・・・て・・・ぇ・・・」

そう言うと、力なく俺の胸に倒れ込んでくる奈保子さん。
そのまま下から奈保子さんを突き上げると・・・。

奈保子「あぐっ!はがっ!あっ!はぁっ!壊・・・れる・・・う・・・うわぁぁっ!がっ!がっ!イクっ!イクぅっ!」

全身を痙攣させながらイッてしまった奈保子さんは、よだれも垂らしながらぐったりしている。
過去の女性関係の中で、俺のデカいチンポで激しく乱れる女性は多かったが、奈保子さんはちょっと怖いくらいに感じてくれている。
ここまでリアクションが良いので、こちらも本気になって堕とすセックスに切り替える。
奈保子さんを仰向けで寝かせて、腰とベッドの間にクッションを挟み込む。
そして正常位で挿入して、一番奥まで突き上げて止める。
そのまま腰を前後ではなく円を描くように、子宮に亀頭を押しつけるように動かす。

奈保子「ぐぅぅ・・・あぁ・・・あっ!ダメ・・・ダメェ・・・チンポ当たるぅ・・・大きいチンポがナオの子宮潰してるぅ・・・あぁぁがぁぁ・・・」

うわ言のようにそう言いながら、泣きそうな顔になっている奈保子さん。
チンポを抜けそうになる限界まで引き抜き、また奥まで入れるというロングストロークで責め上げると・・・。

奈保子「が、はぁ・・あがっ!引きずり出されちゃうよぉ・・・ナオの子宮が・・・あぁぁ・・・抜かないでぇ・・・あがっ!あぁぁ・・・奥が・・・死んじゃう・・・あぁぁっ!」

キスをして、激しく舌を絡めながらロングストロークで責めると、ビクンビクンと奈保子さんの体が大きく跳ねた。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い急募 セフレQQ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン