新着情報

悪友と夫婦交換して母乳セックス

この体験談は約 4 分で読めます。

私は、月に1度か2度必ず出張に行き、1泊あるいは2泊します。
それを利用して、支社で働く悪友と“夫婦交換”の計画をしました。
私が出張で家を空ける日を狙って悪友に有休を取ってもらって、出張のふりをしてもらいました。
どういうことかと言うと、悪友の勤める支社に出張する時を狙って、私が悪友宅へ、悪友は私の家へ泊まる計画を立てたんです。

仕事を終え、8時頃に悪友宅に行きました。

私「こんばんは、今晩お世話になりますね」

そう挨拶すると、奥さんはビックリしていました。
それもそのはず、事前に言って断られるとまずいので、お互いいきなり家に行くことにしたんです。

奥さん「え?何も聞いてないんだけど」

奥さんは、すぐに悪友に電話しました。
たぶん悪友は、「言うの忘れてた。あいつも出張って聞いて。不景気で泊まれるホテルがしょぼすぎるからうちに泊まってもらおうと思って」などと言っているはずです。
実は、1時間ほど前に妻から似たような状況で電話があり、悪友と決めていた話をして納得させました。

奥さんは少し困った様子でしたが、「泊まれると思ってホテル取ってないんですよ。今から部屋取れるかなあ」とわざとらしく言うと、「う、うちでよければ」と上げてくれました。

悪友の妻は顔はあれですが31歳と若く、とにかくおっぱいが大きい女で、会うたびに揉みたいと思っていたほどです。
産後4ヶ月ということもあって、おっぱいはさらに大きくなっていました。
(もしかしたら母乳も・・・)なんて想像しているともう勃起しまくってしまいました。

「これ、東京土産です」と、どこにでも売っている見た目が高そうなワインを渡して、「一緒にどうですか?」と勧めました。

「そうですか?簡単なものしか用意できませんが」と言って、料理を作ってくれました。

奥さんは少し遠慮気味に飲んでいましたが、「浩介(悪友)に飲ませるの勿体無いから2人で空けちゃいましょうよ」と言いながら、どんどん飲ませていると酔い始めてきました。
頃合いを見て奥さんの隣に座って、さりげなく太ももに手を置きました。

奥さん「ちょっと困ります」

奥さんは手を退けて拒否しましたが、「もう1年以上してないんでしょ。浩介から聞いてますよ」と耳元で囁いてから首筋にキスしました。

奥さん「ダメ、です・・・あん」

酔っているからか欲求不満だからか最初の抵抗はなく、言葉だけで私の行為を受け入れました。
ちょっと触っただけでビクンビクンと反応してきて、特におっぱいを触るとすぐに呼吸を荒くし始めました。
奥さんのおっぱいは張りがあるのに柔らかく、なんとも言えない感触でした。

乳首の辺りを指でクリクリさせると、「ダメ、出ちゃう。出ちゃう。これ以上触らないで」と首を振りましたが、体は全然嫌がっていませんでした。

服を捲り上げるとブラジャーに薄っすらとシミが出来ていて、甘ったるいような匂いがしました。
ブラジャーをずらすと、ビンビンになった黒い乳首から白い母乳がポタポタ垂れました。

私「こんなに溢れさせて」

憧れの乳首にしゃぶりついて、母乳を吸いました。

奥さん「ダメ、赤ちゃんのなのに」

スカートの中に手を入れるとアソコもヌレヌレで、ビラビラを開いて指を入れると汁がどんどん溢れてきました。

私「もうグチョグチョだよ。これが欲しいんだろ」

奥さんの手を取って勃起したチンポを握らせると、「あん、ダメ。主人には、主人には内緒よ」と言って咥えてきました。
奥さんはいかにも肉棒に飢えた感じで、激しく吸い付いてきました。
妻ともご無沙汰だった私は、濃厚なフェラチオに思わず口の中で発射してしまいました。

母乳を飲んだせいか、私のチンポは萎むことなく、まだ立ったままだったので、パンツをずらして入れました。
今頃、妻も浩介に抱かれていると思うと少し嫉妬してきましたが、それが原動力になって、自分でも信じられないような力とスピードで突きました。
奥さんは狂ったように喘ぎまくって、その声で赤ん坊が目を覚まして泣き出しましたが、溢れ出る母乳を吸いながら腰を振って中に発射しました。
愛液とザーメンでグチョグチョになったチンポをキレイに舐めさせてから、赤ん坊と一緒に奥さんの母乳を吸いました。
赤ん坊が寝るのを待ってから2回目、3回目をしてから一緒にお風呂にまで入り、抱き合うように一緒に寝ました。

翌日も朝から母乳を飲む赤ん坊を挟むようにしてSEXしました。
仕事を終えてまた来ると、まるで夫婦のように玄関でキスして、そのまま立ちバックでしました。
裸エプロンで食事を作る奥さんをまた立ちバックで犯してから、風呂場で母乳を浴びながら1回、寝室で1回と盛りのついた犬のようにしまくりました。

本当は仕事を終えてからそのまま自分の家に帰る予定でしたが、しばらく会えないと思うと自然と悪友の家に足が向いていました。
そして終電に間に合うように最後のセックスをしました。

後日、悪友からメールが来て、うまく妻とセックスしたようでした。
自分も生ハメ中出し以外は詳しくメールで告白すると、悪友は興奮したように妻とのセックスを書いてきました。
それを読んだ私も異様に興奮して、数ヶ月ぶりに妻を抱きました。
妻の感じ方にまた興奮して、それから週に1~2度セックスするようになりました。

また出張夫婦交換計画を実行できる日が来ないか待ち遠しいです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

テレメール

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン