新着情報

部活で忙しい弟の彼女は処女だった

この体験談は約 4 分で読めます。

一昨年の夏、弟の彼女に中出しをしてしまった。

彼女は高校2年の17歳で弟と同じ高校に通っている。
目がクリッとしていて髪は肩より長く、制服のスカートは短くルーズソックスを履いていた。
とても制服の似合う子で、笑顔が可愛らしかった。

6月に弟が彼女を初めて家に連れてきて、思わず一目惚れしてしまった。
俺にも彼女がいたので、その時は弟の彼女という態度で接したが、不運にも7月末に喧嘩別れをしてしまった。
そして偶然というべきか、親が旅行に出かけていて、弟がまだ学校から帰ってきていなかった時、彼女が弟を訪ねてきた。
親と進学のことで意見が食い違い大喧嘩をしてきたらしく、弟に相談するつもりで来たらしいのだが、弟は本日クラブ中。
サッカー部でMFをやっているアイツは忙しいようで、彼女ともしばらく全然話していないらしい。

弟の帰りを待ちながら彼女の相談に乗っていたのだが、偶然にも彼女が足の位置を変えようと足を動かした際にスカートの中が見えてしまったのだ。
本人はさほど気にしていないようだったが、こっちはどうにも欲望が抑えられなくなってしまい、ついに押し倒してしまった。
彼女は抵抗したが、「君がいけないんだろ。一人でこんな所に来て、いつもアイツ(弟)とやってんだろ?こんなに可愛いのに、アイツなんかには勿体無い。君が好きだ」と胸を愛撫しながら彼女に言うと急に抵抗をやめた。

里奈「私も和俊さんのこと、いいなって思った。でもヒロ君(弟)がいるし・・・それにね、私処女なの!!」

相当びっくりした・・・。
弟と彼女が付き合いだして半年以上経つと聞いていたし、17歳の高校生だ。
まさか処女とは思わなかった。

「里奈(彼女)が好きなんだ。いいだろ?」と言うと、小さな声で「うん・・・」と答えてくれた。

ゆっくりボタンを外すと、白い肌に可愛らしい薄いブルーのブラジャーが姿を現した。
ブラの上から胸を愛撫しブラの下から手を入れ直に胸に触ると、彼女の顔は真っ赤になり、すごくドキドキしているのが伝わりとても愛くるしかった。
ブラを上にずらし乳首にしゃぶりつくと、思わず里奈の声から声が漏れる。
今度はスカートに手を伸ばし、スカートを捲り上げ、手をパンツの中に入れると、すでに濡れていた。
濡れているとすぐに入れるのがいつものパターンだが、処女の里奈にはキツいと思い、パンツを脱がし、ゆっくりとまず指を一本優しく入れてみた。

里奈「痛っ!」

里奈が声を荒げた。

俺「ごめん、大丈夫だから」

続けて二本入れてみた。

里奈「だめぇ、痛い・・・」

里奈の目から涙がこぼれる。
里奈が痛がってる。
やめたほうがいいなと思ったが、その涙を流す姿を見て欲望を抑えることが出来なくなってしまった。

ついに正常位でモノを挿入。
里奈の顔が痛みで歪んでいるのだが、その顔がまた俺をそそる。
ゆっくりと奥まで挿し込み、腰を徐々に振る。
ついにものに出来たという喜びと、やはり処女の締まりが良いというのは本当だと思う。
ものすごく気持ちよく、入れていきなりイキそうになった。

腰の動きに合わせて里奈の口から喘ぎ声が漏れる。
前の彼女はSEX中に声を出すことが少なく、正直あまり興奮しなかった。

でも里奈は・・・。
弟の彼女、しかも制服で、そして処女。
まるでAVを自分が演じているかのようだった。

モノを抜いた時、彼女の股の間から赤い血がツツゥーと滴る。
続けて今度はバックで挿入。
里奈が声を激しくあげる。
その声にそそられ、俺の腰の動きはますます激しくなる。

里奈が「もうだめぇー!!やめてぇー!!」と叫んだ。

「じゃあ、やめるね?」と俺はモノを抜いた。

すると里奈が驚いた顔をした。
『本当にやめちゃうの?』
里奈の顔はそう言いたかった様だ。
キョトンとしている里奈を強引に床に押し倒し、もう一度正常位で挿入。

里奈「やめてぇー!もうだめ・・・」

再び里奈が叫ぶ。

俺「里奈、出していい?」

里奈「だめ、できたら困る・・・」

俺「大丈夫だよ、俺の薄いし」

里奈「だめ、ヒロ君にばれちゃう・・・だめ・・・」

その答えを無視して俺の動きはますますパワーアップ。

里奈「だめーーお願い!!だめーー」

里奈が訴える様な目で俺を見てくる。
でも、それがたまらないんだ。
ドピューと発射。
あの感触は一生忘れられないだろう・・・。
モノを里奈から抜くと、精液がタラッと足を伝う。
それがなんともいやらしかった。

その後、半ば放心状態の里奈に服を着せ、彼女を駅まで送った。
後日電話すると、里奈は俺にもう会いたくないと言う。
そりゃそうだろう。
自分の彼氏の兄に半ば犯されたようなもんだし、しかも中で出されているんだから。
里奈はまだヒロと付き合っている。
ついに弟と寝たんだろうか?

里奈とやってからちょうど半年経って、また里奈と二人っきりになるチャンスが訪れた。
何も知らないヒロは、出かけている間、俺に里奈を預けた。
馬鹿な奴だ。

再び里奈に「しようぜ?」と持ちかける。

当然里奈は嫌がったが、「ヒロに言ってもいいのかな?」と言うと大人しく中出しをさせてくれた。

里奈とは今でも続いている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

SOKUAI

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン