新着情報

鍋パーティー中にコタツの中で足コキしてきた彼女の女友達

この体験談は約 3 分で読めます。

悪女って本当にいるんだなっていう経験を過去にした事があります。

20代前半の頃の話です。
その当時付き合っていた彼女と彼女の親友と、俺と俺の親友の4人で鍋をしました。
その時1人暮らしをしていた自分の家に集まって、みんなで食材を買い出しに行って、お酒も買ってコタツで鍋パーティーをしました。

彼女の親友のA子はコタツの中で俺のアソコに足を押し付けて擦ってきました。
最初は偶然当たったんだろうと思っていました。
でもA子の方を見てみると不敵な笑みでこっちを見つめていました。
その瞬間俺は“この女は悪女だな”と確信しました。

彼女が隣にいるこの状況は最悪過ぎると思いつつも、俺のアソコは反応してしまっていた。
足で擦られる度に自分のアソコが大きくなっていっているのが分かった。
俺は我慢ができなくなり、自分のズボンのチャックを下ろしてコタツの中でアソコを丸出し状態のままになってみた。
A子は足の感触で、俺がアソコを丸出しで出しているのに気付いて足を引っ込めた。
俺はさすがに引いてしまったかと思い、少し残念な気持ちになった。
残念な気持ちになった俺はアソコも少し小さくなっていた。

そしてチャックを元に戻そうとした次の瞬間、なんとA子はさっきまで履いていたニーソを脱いで素足の状態になっていた。
そして素足で俺のアソコをまたシコシコしごいてきたのである。
このスリルな状況と初めての経験で興奮値はマックスになり、足コキ5分ぐらいでイッてしまった。
それからは普通に鍋パーティーを楽しんで、何事もなかったのように解散した。

次の日、A子からメールが入った。
『昨日、ニーソを忘れちゃったから、今から取りに行って良い?』という内容だった。
俺はその時、(絶対、わざと忘れていったろ)と心の中で思いつつも、メールで『良いよ』と返事をした。

1時間ぐらい経ってA子が俺の家にやって来た。
俺は玄関のドアを開けて、ニーソを入れてある袋を、「どうぞ」と言って渡した。
A子は俺にありがとうと言って5秒黙った後、「私ね、足でしたの初めてなの」と言ってきた。
俺はその台詞を聞いて不覚にもアソコが反応してしまい少し大きくなった。
そして俺はA子に、「俺も足でされるのは初めてや」と言った。
A子はまた不敵な笑みを浮かべて、「嬉しい」と言った。

そして俺の中で何かが切れてしまった。
たぶん理性と言う名の糸が切れたのだと思う。
そして気づいたら俺はA子と玄関でキスをしていた。

A子が舌を入れてきたので俺も舌を入れて絡ませながら胸を揉んだ。
A子も俺のアソコを触りながら息遣いが荒くなっていった。
そしてA子は俺に、「舐めたい」と一言言ってきた。
俺はすぐにズボンを脱いでビンビンになったアソコをA子の顔に押し付けた。

A子の舐めるテクニックは極上のものだった。
舌先で玉の方から舐めて口の奥まで入れてジュボジュボと音を出しながら舐めてくれた。
俺はもうそれだけでイキそうになったが、ここでイッてしまったら勿体無いと思い、「次は俺の番」と言ってA子のアソコを舐めまくった。
舐めながら指でGスポットを攻めまくった。
そしたら徐々にA子のアソコの中が膨らんできたのがわかった。
俺は更に激しくA子のアソコを攻めまくった。
そしてA子のアソコから大量の潮を吹かせた。

A子はハァハァハァと息遣いが荒くなりつつも、「入れて・・・生で入れて・・・」と言ってきた。
もう俺はどうにでもなれと思い、そのままA子を四つん這いにさせて後ろから入れてやった。
今までこんなにも激しく突いたことはないと言うほど突きまくった。
騎乗位の時のA子の腰使いは最高であった。
そして正常位になって最後は思いっきり顔にぶっかけてやった。

こんなに激しくて気持ち良くてスリルのあった経験は今だにその時だけである。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

エクスプレス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン