新着情報

連れ子の娘を電マでイカせまくった

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は45歳で、彼女は39歳の母子家庭です。
彼女と知り合ったのは飲み会の2次会で流れ込んだ飲み屋でした。
その後同伴して食事する仲になり、エッチもするようになりました。
彼女は奉仕するのが大好きみたいで、フェラや俺のアナルばっかり攻めてくるちょい変態の入った女ではあるが、顔の偏差値はかなり高めなのでそれなりに楽しんでます。

何度目かのエッチの後、その彼女の娘たち2人と一緒にご飯を食べることになりました。
会ってびっくりしたが、2人とも母親似ですごく可愛い。
中2と高1で特に高1の娘が可愛い。
彼女は昼も夜も働いているせいかすごく娘たちに甘いんです。

そんなことが続いてきて、夜、子供たちだけにするのはどうなんだろうと思ってきて、彼女のアパートに寝泊りするようになりました。
彼女は夜7時半ぐらいに飲み屋の仕事に出掛けます。
最初は娘たちとぎくしゃくしていましたが、基本俺は怒らないので友達的な関係になっていきました。
娘たちも最初は隠れて着替えたりしてましたが、だんだん下着のままでうろついたりします。

そんなある日の夜、上の娘と彼氏の話になった。
娘はすでにエッチは済ませていて、「もう別れる」って言ってました。

俺「その子と別れたら、俺とデートでもするか?」

娘「いいよ。どこ行く?」

俺「奈良でも行って鹿にせんべいでもやる?」

娘「うんうん。今週の土曜日行こうよ」

俺「まぁいいけど。気が早いなぁ」

娘「いいやん、いいやん。行きたいもん」

てな展開になり、長女を連れて奈良にいくことになりました。
土曜日に奈良に向かう途中にラブホテル群があって・・・。

俺「ラブホテルって行ったことあるの?」

娘「ないない」

俺「エッチは彼の家?」

娘「そうだよ」

俺「ラブホテル入ってみたい?」

娘「行ったことないから行ってみたいよ」

俺「なら一度入ってみる?」

娘は、「うん」といつも通りの脳天気w
ラブホテルに入ると娘はテンション上がり、テレビのリモコン弄ったり、照明弄ったり。

俺「ここまで来たんだから一緒にお風呂でも入るか?」

娘「それは恥ずいじゃん」

俺「でもガラス張りだし、一人で入っても丸見えだよ」

娘「まぁそうだけど・・・」

そんなやり取りをしながら口説き落として一緒に入ることになって、初めて長女の全裸を見ました。
タンクトップの隙間から乳首だとかそういうのは見たことは何度もあるけど、まじまじと見るとやはり成長しきってない。
胸はBカップあるかないか程度で乳首がまだ子供です。
乳首は男の子と変わらないぐらい小さい。
下の毛も薄っすら程度でかなり薄く、まだ“割れ目ちゃん”で、女性器も子供的で新鮮でした。

俺「洗っこしよう」

娘「・・・」

俺「ここに座って」

娘「うん」

娘の胸は小さいながらも張りがあるっていうか、何十年かぶりに固い胸を触りました。

俺「じゃ交代」

娘「彼のより全然大きい・・・」

俺「そうなん?綺麗に洗ってね」

娘「わかった・・・」

俺「洗い終わったらお口でして」

娘「こんなの口に入らないよ」

俺「したことないの?」

娘「したことはあるよ」

俺「ならお願い」

ぎこちないフェラに新鮮さを覚えましたw
そんなこんなでお風呂からあがってベッドになだれ込みました。
俺は備え付けの電マを手に取り・・・。

俺「これ使ったことある?」

娘「あるわけないし」

俺「これも経験だよ」

俺が電マを股間に当てるとすぐ逃げ出してしまいました。

娘「強烈すぎるよ・・・」

俺「かもしんないけど、ちょっと我慢してよ」

再び股間に当てると娘は必死に耐えてました。
そしてようやくエッチな声が出るようになってきました。
過去に色んな女性とエッチしてきましたが、こんなエビ反りになるのは初めて見ました。
足はピンと伸ばし、頭がお尻に届くのではないかというほどのエビ反り。

俺「もっと大きな声出していいよ」

娘「あ・・・ああ・・・ん。だめだめ」

娘は果ててしまいました。

俺「イケた?」

娘「うん・・・初めてイッた」

俺「えっ、そうなの?」

娘「人でイクのは初めてだよ」

俺「オナではイケる?」

娘「それでしかイッた事ない」

俺「ならもっとイッちゃおうね」

「もういいよ」と言う娘の反対を押し切り、再び電マ攻撃、またまたエビ反りwww
エビ反りが面白くて30回以上イカせちゃいました。
潮?おしっこも漏らし放題状態w
娘は痙攣が止まらないようでずっとピクピクwww

俺「どう?」

娘「違う世界に飛んでたよ・・・」

俺「そういうのは初めて?」

娘「うん・・・」

俺「そろそろ入れるよ」

娘「うん」

すっかりイキ癖がついたみたいで挿入後もイキまくり。
エビ反りになりすぎて正常位はやりくいので後ろから入れると、これもまたエビ反り。
顔と顔が正面に向き合う。
目は白黒させてるし、よだれたれてるし・・・。
でも逆に萌えちゃいましたね。
終わったあと20分ぐらいは痙攣してました^^;

俺「どう?また俺とする?」

娘「うん。いいよ」

俺「嬉しいよ」

娘「エッチがこんなにいいなんて知らなかった」

俺「病み付きになりそう?」

娘「うんうん。次はきっとうちから誘っちゃうw」

俺「オナはどれぐらいでやっての?」

娘「たまにだよ」

俺「正直にいいなさい。毎日でしょ?」

娘「はい・・・、うちだけじゃないもん?」

俺「ん?どういうこと?妹?」

娘「うん。見たこと1回ある」

俺「そうなんだ・・・まだ中2やん」

娘「うちもそれぐらいからしてたもん」

俺「そういうものなんだね。今度1回見せてね」

娘「死んでも見せないし・・・」

俺「あははwww」

そんなこんなで週に1、2回は娘としてます。
もちろんお母さんともやってます。
お母さんの方はもっぱら俺が受身で、フェラとアナル舐めと騎乗位。
SとMが両方味わえてる俺は今幸せです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ミドルラヴ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン