新着情報

最高にドキドキした女風呂での混浴

この体験談は約 4 分で読めます。

中学校3年生の時の話です。
自分が通っていた塾では卒業生だけが行ける卒業旅行がありました。
学校にも近い塾であった為、中学校の友達やらが結構いました。
3年生の人数は大体、合わせて20人くらいだったはずです。
塾の中には一応自分が付き合ってた彼女もいたのですが、残念ながら卒業旅行には出席しませんでした・・・。

その卒業旅行は、学校の卒業式の2、3日後に出発して、1泊2日という短い旅行でしたが、県内の温泉地に行き、受験から開放された勢いでみんなはしゃぎました。
志望校に受かった人も受からなかった人も、みんなで思い出話や、これからについて話し合ったり、先生たちと遊んだり有意義でした。

宿泊した場所は、ホテルとかそんな大きいところじゃなく、規模は小さめですが2階建てのコンクリート作りの建物でした。
団体客が泊まる感じと言えば分かりやすいでしょうか。
お風呂も結構広かったし、ご飯も美味しかったです。

そうこうしてるうちに夜になり、はしゃぎすぎて寝るやつもいれば、集まってトランプやら色々するやつらもいました。
僕たちのグループは男子3人女子3人で、色々話したり、トランプやったりと結構盛り上がっていました。
残念ながら、僕の彼女は卒業旅行に来ていないため、みんなに「寂しいだろー」とからかわれたりしました・・・。

いつの間にか王様ゲームをやろうという事になって、トランプの番号を使って王様を決めたりしました。
まあ、まだ中学生って事もあって、あんまり激しいことはしないようにしようって決めました。
最初のうちは、「胸を上から触るー」とかそんな感じでしたが、やっぱり盛り上がってくると、キス(ディープでは無い)をするとかレベルが上がっていきました。
僕が色々したりすると、「彼女に言ってやろー」とかも言われましたが、どうせ来てないし、結構落ち込んでました。

結局、王様ゲームにも飽きて、時間も結構遅くになっていたので、ここで終了!って事になり、みんな寝るムードだったので、僕は自分の部屋に戻りました。
一応、自分の部屋はさっき遊んでた男子3人の部屋でしたが、男子2人はそのまま女子の部屋で寝ちゃったみたいなので、僕一人でテレビとか見てました。

一人でいたらそこにさっき遊んでた女子のうちの一人、N美が来ました。
自分の彼女と比べてもちょっと可愛いかなww
他の女子の2人も寝たらしく、「暇ーー」って入ってきました。
しばらく一緒に話してたのですが、ちょっと寒くなってきたので、温泉に入ろうって事になりました。
男女で風呂は別れていたし、当然別々に入るものだと思っていたのですが、温泉の入り口に来たところで「一緒に入ろう」って言われました。
内心かなりのドキドキでしたが、一応彼女いるって事で断わりました。
しかしN美は諦めず、「一人で入るの怖いから」などと言ってました。
まあそこまで言うならと思い、ワクワクしながら中へ。

女子風呂にはちゃんと鍵が付いており、昼間入った男子風呂には付いてなかったため、“さすが女子風呂”って思いました。
そして服を脱ぎました。
タオル一枚で自分はあそこだけ隠してたのですが、N美はあそこだけ隠して胸丸見え!!!
もうそこからビンビンでした。

N美とちょっと距離をおき、離れた所で適当に体を洗って、湯船の中に入っていました。
しばらくするとN美も湯船の中に入り、隣に来ました。
もう頭の中は見てしまったN美の裸でいっぱい。
まともに話すことも出来ない状況でしたが、なんとかやり過ごしていました。
ちょっとあそこを弄りながら・・・。

しばらくしてお風呂から出ようという事になったのですが、その時、N美の手が僕のあそこを触ったのです・・・。

N美「うゎー起ってるー」

そう言われ、やっとここで自分も吹っ切れました。

僕「触りたいの?」

N美「チョットだけね!」

結構慣れた手付きだなぁと思いながらも、自分もN美の胸を触ってやりました。
お湯に浸かったままだと熱くなってきたので、湯船から上がって床で続きが始まりました。
湯船と違って全部丸見え・・・。
N美の胸はBぐらいでしょうか。
今思えばかなり綺麗なピンク色でした。

そして自分はN美のアソコを触りだしました。
N美は僕のを触るのをやめ、僕がちょっと弄ると、体を動かしたりして結構気持ち良いような感じでした。
そしてN美のアソコを舐めてあげました。
喘ぎ声とかは全然出してませんでしたが、顔は真っ赤になってずっと目を閉じていました。
ずーーと舐めてたら、すごいビクビク動いておっとりした顔をしてました。

N美「次はうちがやってあげる」

そう言ってN美が僕のも舐め始めました。
ずーっと同じ動きの繰り返しでしたが、しばらくすると変な気持ちになってイッちゃいました。
N美は飲んでくれました。

普通、ここまで来たら挿入って感じなのですが、やっぱり最後までやったらまずいと思い、この辺で終わりにしました。

「またやろうね」って言われて、絶対誰にも言わないって約束にしました。

その後、僕は自分の彼女とは別れ、高校に入ってからはN美と付き合うようになりました。
今ではあの時の経験はちっちゃなものですが、本当にあの時はドキドキしました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン