新着情報

サッカー部の合宿中、キャプテンと押入れの中で

この体験談は約 5 分で読めます。

高校時代の部活の合宿はだいぶエッチだったなあ。

高校時代、私はサッカー部のマネージャーをしていました。
夏休みはもちろん合宿があり、男だらけの部員の中で女はマネージャー3人だけでした。

場所は苗場で、宿に着くとさっそく練習があり、マネージャーも着替えてグラウンドに行きました。
遅くまで練習や試合があり、帰ってきたらマネージャーは何杯もの洗濯物や、練習の時に出す水のボトルやコップの洗い物で大忙しでした。
ごはんを食べ、全ての片付けが終わり、お風呂に入ってからマネージャー3人が部屋に戻ると、すでに部屋にはキャプテンと、他3人ほど部員が宴会をしていました。

「マネの部屋で何やってんの!」

とは言いつつも、部員の中ではカッコイイ先輩達が揃っていたので、追い出しもせず一緒に飲んでいました。
しばらく普通に飲んで喋ってるだけだったけど、なぜか恐い話をみんなで始めた。
部屋を暗くして一人ずつ、知ってる恐い話をしていきました。
一人のすごくビビリの先輩が、「俺、便所行ってくるわ・・・。マジ恐いんだけど誰か一緒に行かない?」と言いましたが、みんな、「一人で行ってきなよ!」と言って一人でトイレに行かせました。
部屋からその先輩が出た途端、キャプテンが「隠れるぞ!」とみんなに言い、押し入れなどにみんな隠れました。

私が押し入れの上の段に入ると、キャプテンも同じ所に入って来ました。
狭い押し入れで、私は背を向けてキャプテンの足の間に座っていました。
するといきなり後ろからぎゅっとキャプテンが抱いてきたのです。
私は初め、ふざけてるんだろうなぁと思っていたのですが、胸を揉まれ首筋を舐めたり、耳に舌を入れてきたりしました。

キャプ「Aちゃん(私)がマネで入った時からこうしたかったんだよね。彼氏いないでしょ?それから、みんなもう部屋にいないから・・・」

実は、押し入れに入る所までみんなに仕組まれていたのです。
内緒にしていたのですが、私は合宿に来る直前にサッカー部の先輩と付き合い始めたばかりでした。
けれど怪我をしてしまい合宿には来ていませんでした。

私「実は私、O先輩と付き合ってるんです・・・」

キャプ「は?マジで!?OにもAちゃんのこと相談してたんだけど・・・。裏切られたってことかよ」

私はびっくりしたのとショックでしばらく黙っていました。
沈黙が続き、私は耐え切れなくなって、「みんな呼んできますね」と押し入れから出ると、「もう少し2人でいようよ」と言われたので、私はそれに従い、今度は布団の上で手を繋ぎながら色々話していました。

お互いにそうしているうちにだんだんエッチな気分になってしまい、会話が途切れた時に、私からキャプテンにキスをしてしまいました。
キャプテンもスイッチが入ったみたいに舌を絡めてきます。

キャプ「・・・Oはいいの?嫌だったら止めるけど?」

私が黙って首を振ると、それが合図かのように服を脱がし始めました。
耳、首筋、乳首、色々な所に舌が這われ、「はぁぁっ!」と何度も声が出てしまい、その声を塞ぐようにキャプテンは舌を私の口に入れてきます。
キャプテンの手が私の太股に這い、短いデニムのショートパンツ脇から指で刺激されると、「あぁぁっっ!」と泣くような声をあげてしまいました。

ショートパンツのボタンが外され、下着だけになると、パンツの脇から舌を入て来ます。
クンニされ慣れてなかったのと、恥ずかしさですっごく濡れているのが自分でも分かりました。
パンツも脱がされ、指と舌先でチロチロ刺激されて気がおかしくなりそうな時に、キャプテンはいじわるそうに、「俺に抱かれてこんなに濡れちゃっていーの?」とか、「Oはどんな風にするの?」とか聞かれ、私はそんな言葉責めにも弱く、体が正直に反応します。

ありとあらゆる前戯が終わり、「入れるよ?」と言われ頷くと、私の両足はキャプテンの両肩に担がれました。
ゆっくりとキャプテンのモノが私の中に入ってきます。

私「はあっ。あぁぁん!はぁっ」

私の声がキャプテンの動きに合わせて部屋に響きます。
座位で突き上げられ、さらに大きな声を出すと、コンコンとノックする音が聞こえました。
鍵は閉めてあるし、開けられないだろうと思って黙っていると・・・。

O「俺だけど・・・」

なんとなんと、その声はO先輩じゃないですか!
ガチャガチャとノブを回す音が聞こえます。

O「お~い?誰もいないの?」

ドアの向こうから聞こえるのはO先輩の声。
キャプテンと私は顔を見合わせてまさかと思いながらも、急いで服を着て電気を点け、ドアを開けました。

「どうして来たの!?」と聞く私を無視して、部屋の中の様子を見てOは、「お前ら何やってたの?」と。

私「みんなで飲んでて、2人だけ先に酔って寝ちゃっててさ・・・」

下手な言い訳を信じる様子もなく、「ふうん。じゃあ俺も飲むわ」と、座ってOが飲み始めました。

そうして3人で飲み始めると、Oはわざと私に絡んできます。
キャプテンと私はさっきの気まずさもあり、ずっと半笑いのまま適当に話を合わせていましたが、Oはあからさまに私の体を触ってきます。
(Oの怪我は思ったより大した事がなく、合宿代が勿体無いから来たそうです)

そんな所を見たくなかったのでしょう、キャプテンは「俺、じゃあ部屋戻るわ」と帰ってしまいました。
キャプテンが出て行ったと同時に私はOに押し倒されました。

「G(キャプテン)とやったの?」と聞かれた私は、「そんなわけないじゃん」と笑って答えました。

Oは黙ってキスをしてきました。
するとまた、コンコンとノックが聞こえ、「入るよ?」と他のマネージャーの声が聞こえました。
キャプテンが私を心配して送り込んできたんです。
私は飛び起きてドアを開けました。
Oは気まずそうに自分の部屋に帰って行きました。
マネージャーのCとMはキャプテンから全て事情を聞いたようで、様子を見にきたそうです。

C「Aの好きなようにしていいけど、210号室でキャプテン待ってるよ・・・」

少し戸惑いましたが、私は210号室に向かいました。
行く前に、Oにはもう寝ることを伝えました。

210号室に入ると、自然にさっきの続きが始まりました。
すごく長いキスの後、さっきよりも激しくお互いを求め合いました。
全身をキャプテンの舌が全身を這い、私は何度も絶頂に達しました。
全て終わり、布団の中で・・・。

キャプ「Oのこともあるし、順番が逆だけど、俺と付き合えないかな?」

私は迷わず頷きました。
Oとは告白されて、あまり深く考えないで付き合い始めたので、後悔することはないだろうと思いました。

次の日、朝起きるとキャプテンと私でOの所に向かいました。
3人でマネージャーの部屋で話をしました。
私はキャプテンが好きで、昨日の夜も嘘をついて2人でいたことを伝えると、思いっきりキャプテンが殴られました。
一発だけ殴るとOは部屋から出て行ってしまいました。
Oは顧問に、「やっぱり足の調子が悪いので・・・」と言って合宿から帰ってしまいました。
私は罪悪感にさいなまれながらも、キャプテンと付き合えたことが嬉しくて、合宿の間ずっといちゃいちゃしていました。

合宿から帰ると、Oが家の前に立っていて、「やっぱり諦めきれなくて・・・」と言いました。
悪いことをした気持ちでいっぱいでしたが、2人で泣くまで話し合い、「友達やろうね」ということになりました。

それから2年ほどキャプテンと付き合っていました。
しかしキャプテンが引っ越してしまい、遠距離はお互いに無理だったので、結局別れてしまいました。

今年、私は結婚します。
相手はOです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

My Slave

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン