新着情報

兄貴の彼女がしてくれた手コキがエロ過ぎる件

この体験談は約 9 分で読めます。

昨日、久しぶりに一人暮らししてる兄貴んちに行くことになったんだ。
夜の10時頃に行くと、なんと兄貴が彼女連れてきてたw
おいおい、話と違うじゃんか・・・。
焦りつつも仕方なく同席することに。

「彼女がさ、どうしても俺の弟見たいって言うから連れて来た」

兄貴はオレにそう言うと紹介し始めた。

「あっ、はじめまして・・・弟のあきらです・・・」

緊張しながらもぺこぺこ頭下げた。

「コウ(兄貴)に似ず、イケメンじゃん」

兄貴の彼女は少し酔ってるらしく、ふざけながら話し掛けてきた。

「オレの方がイケメンだろ~、りさ(兄貴の彼女)」

兄貴も酒が入ってるらしく顔を赤らめながら俺の頭を意味不明に叩いてきた。
久しびりに会うんだから酒がくらい控えろよ。
そう思いつつもオレも酒を勧められてた。
ちっちゃなこたつに足を突っ込んで、三人でしばらく酒を飲んでた。

りささんは見た目がギャルっぽくて、はじめは話が合うか心配だったけど、酒を飲むにつれて話も合い、盛り上がっていった。
やっぱ兄貴の彼女だけに俺とも気が合うんだな。
この時、なんか血の繋がりの偉大さを無駄に覚えたw

オレも他の二人と同じように顔が赤くなってきてた。
オレは酒があまり強くないから、この時すでに結構頭がぼんやりしてた。
でも、りささんのある行動で、そのぼんやりが吹っ飛んでしまった。

「あたし、ちょっとトイレ」

りささんはそう言うとこたつから足を出し、洗面所の方に歩いて行った。
この時になって俺は、初めてりささんの脚を、というか下半身を見ることになった。
と言うのも、俺が来てから彼女はずっとこたつに入りっぱなしだったため、白っぽいセーターを着てる姿しか見ていなかった。
まあ下はスウェットとか適当にラフな格好なんだろなとは思ってた。
でも驚いたことに、彼女はセーターに隠れるか隠れないかくらいの、かなりミニのホットパンツを穿いてた。
太もももムチムチで尻を振る感じでトイレに向かっていった。

「りささん、かなりの美脚やね」

ホットパンツフェチの俺は無意識に兄貴にそう言っていた。

「いい女やろ?お前もはよ女作れよ」

兄貴はニヤニヤしながらビールに口をつけてた。
もう兄貴は完全に出来上がってた。
奥で音がするとりささんが戻ってきた。
彼女がこたつに入るまで、オレは彼女の太ももをガン見してた。
酒の勢いで照れとか吹っ飛んでた。

「あきらくん、そんな恐い顔してどうしたの?」

りささんはこたつに入るなり、くすくす笑いかけてきた。

「こいつ、お前の太ももやらしい目で見てるぞ」

兄貴は茶化すように俺をからかってきた。

「い、いや、そんなんじゃないですから。兄貴、余計なこと言うんじゃねーよ」

なんか、りささんには悟られたくなくて恥ずかしかった。

「あきらくんもコウと同じでエッチなんだね~」

りささんも俺を茶化すように上目遣いで話してきた。
オレはよく痴女モノで抜くことが多かった。
だから、りささんのこの態度は決して嫌なものではなく、むしろもっと言ってくれよ、みたいに思ってた。
この時アソコは半立ちくらいになってた。

「じゃあ、オレ、先に風呂入ろっかな」

酔いも少し覚めた頃、兄貴は風呂に入ると言い出した。

「オレ上がったらあきら、次入れよ」

「わかった。りささんはどうするの?」

オレは兄貴とりささんを交互に見ながら言った。

「あたしは今日終電までに帰るし、気にしなくていいよ」
「えっ、お前、今日泊らないの?」

「うん。弟さんとゆっくりしなよ」
「おーそうか。まっ、だるくなったら泊まってけよ」

兄貴はそう言って風呂場へと消えていった。
そして・・・オレはりささんと二人っきりになってしまった・・・。
下心なんてあるわけもなく、むしろ緊張しまくってたw
年上だし。

「あきらくんは今、彼女とかいるのー?」
「え、いや居ないよw」

「何でwイケメンなのにw」
「何でって言われても・・・むしろどうやったら出来るのか知りたいよw」

「よし、じゃあお姉さんが教えてあげましょうw」

平静を装うが、二人きりになって初めて名前呼ばれて内心すげドキドキしてたw

「何か秘策でもあんの?w」

「そうだなー、例えばさ」

ここで、ずっと対面に座ってたりささんが俺のすぐ隣に移動した。
何かと思ったらいきなり手を握られた。

「こうやって、手を握られたらドキドキしない?ww」

「するかもw」

酒もあってか心臓がすごい勢いで動いてた。
音聞こえるんじゃねーのってくらい。
さらにりささんは俺の顔にかなり近いところまで顔を近づけてきた。

「こうやって顔が近いとドキドキしない?w」

この時点で俺の息子は全力で主張しまくっていた。

「確かにドキドキするねwww」

「でしょw」

ここでりささんは元いた場所に戻る。

「こうやってドキドキさせれば良いんだよw」

「はーwなるほどね」

と、ここで兄貴が帰還。

(はえええwwwっていうかあぶねえwww)

もうちょっとで兄弟の関係がぶっ潰れるところだった。
兄貴に促されて風呂へ行くオレ。
全力で主張してた息子と親子のコミュニケーションを図る。

オレ『(すまんな、ぬかよろこびさせて)』

息子『(いいでやんすwwwいつもでやんすwww気にしてないでやんすwww)』

オレ『(おおお!そうか!さすがは俺の息子!)』

とか何とかやってたら、いつの間にか40分くらい風呂に入ってた。
風呂から出ると、りささんは更に酔いが回ってるみたいだった。
俺は息子とのコミュニケーションとお風呂でかなり酔いが覚めてた。

「おかえりー」

「長風呂だったなwお前オナニーしてただろw」

「してねーよwww」

ちなみに兄貴は俺のオナニーが風呂派なのは知っている。

「しょうがないよwww10代だもんw」

りささんも乗ってくる。
ていうか、あなたのせいなんすけどww
で、そこからまた酒を飲みながらボンバーマンとかで盛り上がる。
りささんがガチ強くてフルボッコにされたw
気が付くとかなり遅い時間になっていた。

「りさ、お前電車もう無いんじゃない?」
「んー、そうかもー。泊まってっていい?」

「いいよ」
「じゃあ、お風呂借りるねー」

りささんが風呂へ行き、兄貴が布団とトランプを持って来る。
兄貴にりささんとの馴れ初めとかを聞く。
向こうからアタックしてきたらしい。
かなり積極的なのは分かったが、話を聞きながら自分がちょっと嫉妬している事にびっくりした。

「ただいまー」
「おう。さあ、早く席につけ!ボンバーの借りは大富豪で返す」

「りささん、僕達兄弟のコンビネーションに勝てますかね・・・ほほほ!」
「なんで結束してんのw」

そこから大富豪で盛り上がる。
途中で酒が無くなり、兄貴が買い出しへ行くことになった。

「いってらっしゃいー」

「いってらー。あ!プッチンプリンね!」

「はいよ」

ガチャン。

あの兄貴のことだから、きっとヤンジャンとバキ読んでくるだろう。
40分くらい、りささんと二人だけで居るとか。
さっきの話のことを考えていたら息子は再び雄叫びをあげていた。

「どうしたのw」

りささんの目を見てると不思議と吸い込まれてしまいそうになるので、大富豪の時から目を合わさないようにしていた。
大富豪中は不思議には思われなかったのだろうが、二人きりとなると『相手の目を見ないのは失礼です!』っていう先生ばりの空気が漂う。

「いやwなにがw」

「何かそわそわしてない?w目線キョロキョロしてるし」

うるせーよwww
目を見たら息子がクーデター起こして女の子になっちゃいそうなんだよ!!

「いや、別にそわそわしてないよww」
「じゃあ何でキョロキョロしてるのw」

「キョロキョロしてるかな?」
「してるよwwwめちゃくちゃwこっち見てよw」

「してないですwww見たくないですwww」

この時点でちょっと言い訳するのが苦しくなっていた。

「なんで?」

「なんでって」

目を合わせてしまった。
やばい、ちょっともう無理かもしんない。

「あの、笑わんといてねw」

「え?」

「ドキドキするので目線合わせたくないんですww」

当然爆笑される。
分かっていた!
分かっていたけどちょっと酷い!

「あっははははwwwwばかじゃんwwww」

「あの兄貴と血が繋がってるんで・・・」

「確かにwwwwそうかもねwwwじゃあしょうがないねw許すww」

何を許されたのかよく判らなかったが、まあ良い。
何か吹っ切れたw
ここぞとばかりに、りささんをガン見してみる。

「ん?w」

首をかしげて若干上目遣いで見てきやがるwww
絶対わざとだこいつw

「いやw見てるだけw」

「そっかww」

「うんw」

何か色々楽しくてニヤニヤが止まらなかったと思うw
ついでに息子のムクムクも止まらなかった。

「そんだけ目力あればきっと彼女できるよw」
「えw」

「君の目、っていうか君たちの目。すっごい良いよwやっぱ兄弟だねーw」
「目?って?」

「いや、君たちの目力やばいよw結構女心をくすぐる感じなんよw」
「へーw」

目力がどうのって初めて言われたから良く分からんかったけど、何か褒められている気がして嬉しかった。

「じゃあ、こうやって見てたら、りささんもドキドキするの?w」

「えwうんwwwちょっとwww」

たぶんその10倍は俺がドキドキしていたと思う。
と、ここで兄貴から電話が・・・。

「すまん・・・飲酒運転で捕まった。先寝てて」

バカ兄貴wwwwwwwww車で行きやがったのかwwwww

いやでもここは、敢えて言おう。
バカでありがとうwwwwwww
俺の心と息子がwww踊りだすwwwwwww

「兄貴・・・バカかよ・・・」
「ね・・・」

「・・・」
「・・・」

微妙な空気になる・・・。
兄貴何やってんだ。
まじでりささんと二人きりなのは正直嬉しいけど、今会社とかにも知らされるかもしれないんだぞ?
それで兄貴、クビとかになってしまうかもしれんのに・・・。

「・・・」

「ボンバーする?w」

りささんが気を利かせてくれて、再びボンバーをやることに。
残った酒をちびちび飲みつつボンバーでフルボッコにされる。
正直ちょっと楽しくない。

「何か賭けようかw」
「え?」

「いや、ほらwあきらくんのやる気出るかと思ってw」
「でもw俺、負けっぱなのに賭けても勝てる気がしないw」

「んーwじゃあこうしよう。私に勝てたら、何かひとつ言う事を聞いてあげようじゃないかww」

よろしい、ならば全力だ。

だがしかし、りささんは強かった。
あり得ない。
ボムキックの使い方が神すぎる・・・。

だがここで、最強ブレインあきらは一つの必勝法を見つける。
最初自爆して、ミソボンで倒せばいいんじゃね?
この作戦を思いついた瞬間ニヤニヤが止まらなかった。
息子も俄然やる気になった。
後は実行に移すだけだ・・・。
ははは!もやはこの勝負もらった!

「ちょwwwそれは卑怯www」

「卑怯でも勝ったもんww」

「さいてーだwww」

妙案の末、勝ち取った勝利とご褒美にドキドキが止まらなかった。

息子『(これはwwwwいよいよでやんすwwwwやっと私の出番でやんすwwww)』

オレ『(そうみたいだな!!ここからの主役はお前だ!!!)』

息子『(精一杯頑張るでやんすwwww)』

「でw何すればいいですかw」
「えっと・・・wどこまでいいのw」

「どこまでってwww何させるつもりなのwww」
「えwwwそりゃあ・・・10代ですからww」

「まじでw」
「割とまじです」

「・・・いいよwでもエッチはなしねwwさすがにコウに悪いから」
「でもひとつだけねw」

「あー!そうか・・・w」
「うんwww」

何て言えば一番楽しめるだろうか?
恐らくオレの人生で一番脳味噌の稼働率が高かった。

「よし!決めたw」
「はいwどうぞw」

「えっと、俺を気持ちよくしてください」
「wwww」

「笑うなw」
「それは肩でも揉めばいいの?w」

「いや・・・あのw性的な感じでお願いしますw」
「しょうがないなーwじゃあ、そこに寝て」

布団に横になると、りささんが上から跨がるようにして俺に覆いかぶさってきた。
まず耳のすぐ下の首筋にキスをされた。
その辺りを舌でなぞるように舐められた・・・。
息子がもう主張しすぎて、スウェットだったからかなり大きな山を形成していた。
そして、りささんは服の上から乳首をツンツンすると、「どこ触って欲しいの?」と聞いてきた。
『Sの人がおるでー!!!』と全力で騒ぎたかったが、吐息しか出てこなかった。
最高にドキドキしてた。

そこから順番に胸の下、お腹、おへそを、「ここ?ここ?ここ?」と言われながら、ツンツンと指でつつかれた。

「ここ?ここ?ここ?」

順番に胸から下の方に指でツンツンしていくと、最終的に俺の息子に辿り着いた。

「ここ?触って欲しいの?」

「うん・・・」

「いいよw」

服の上から手全体を使って包み込むように擦ってくれた。
次第に触る強さが強くなり、擦るから撫でるになっていき、りささんは俺のスウェットの中に手を入れた。
直に俺の息子を触りながら、首やら耳やらを舐めるりささん。

「脱いで」と言われて、下を脱ぐ。

「わーwすごいベトベトなんだけどw」
「ごめんなさいw」

「エロいなぁw」
「りささんもw」

「うんwww知ってるww」

そう言って、りささんは俺の息子に舌を近づけた。
袋を舐めながら、りささんの手は動く。

「やばい・・・もうイキそう」

「いいよ、出して」

りささんの手が速くなる。
りささんを見ると、りささんもこっちを見ていた。
上目遣いで舐めながら手でしごきながら、こっちを見ていた。

(この女・・・出来る・・・)

とか思う間もなく、息子から大量の精子が飛び出した。
よく女性が感じている表現で『電気が走るよう』ってのがあるけど、そんな快感。
男には味わえないだろwwとか思っていた。
しかし、この時、本当に電気が走るように気持ちが良かった。
自分でするのと人にしてもらうのとこんなにも違うもんなのかと。

「いっぱい出たねw」

「・・・うん・・・、ふう・・・」

「よーしよし、疲れたねwwよーしよしw」

精子をティッシュで拭き取ると、りささんはキスをしてくれた。
布団で30分くらい、抱き合ったり、キスしたりしてまったりしていた。
今思うと、途中で兄貴が帰って来てたらどうしてたんだろうかw

「気持ち良かったですか?w」とりささんは聞いてきた。

出た瞬間の俺ならば、「はい」と即答していたに違いない。
だがしかし、ハイパーブレインあきらはすぐさま最良の答えを導きだした。

「あ、えっと。いや!www気持ちくなかったですww」

「まじすかwwww」

「まじです!なので、今度、もっかいしてくださいww」

これが最良の答えだ!
これならばもう1回してくれるかもしれない!!

「お願いひとつだけでしょwwwずるくない?w」
「いや、だってまだ気持ち良くなってないしw」

「あきら君、きみは悪い男だなwww」
「いやいやwりささんには敵いませんよww」

気持ちかった。
とても気持ちかった。
しかし同時に、何かよくわからない感情が出てきたと思う。
たぶんこれは、ドキドキの向こう側にある感情だ。
でも、兄貴の彼女なんだよな、うん。
どうしようかなwwwこれwww

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Love Treatment

スポンサードリンク

最強媚薬エロティカセブン