新着情報

女の子3人とカーセックスを覗き見してたら

この体験談は約 5 分で読めます。

20歳の女友達とその友達3人とドライブしてて、俺には別に彼女がいるのも知ってる子達だったのですが、4人で夜景と星が綺麗に見える高原のキャンプ場へドライブに出かけました。

途中コンビニでジュースやお菓子を買い込み、麓から10分ほどゆっくり走ると目当てのキャンプ場の駐車場へ着きました。
周りは建物も無く、市街地からも離れてるので星が綺麗に見える場所で有名なのですが、やっぱりこの日も何台か車が止まっていて、ある1台の車とスペースを空けて隣に駐車して夜景と星空を見ながら話をしていました。

一人の子が隣の車を指差して・・・。

「ちょっと見て」

見ると5~6メートル程離れたその車は、窓が曇って上下に揺れています。

「カーセックスしてるんじゃない?」

俺がそう言うと、他の子達も「うそー」と言いながら息を殺して見入っています。
揺れてる車を見ながら、ひそひそと話し始めていました。

4人とも車の左側の窓から覗いてたので、俺は助手席の方に乗り出し、横に乗っていたNちゃんの上に覆い被さるようになっていたんですが、ちょっと体勢を崩したときにNちゃんの胸を触ってしまい・・・。

「あ、ごめん」

そう言いながら、揺れてる車に対する妄想と、胸を触ってしまったことで意識してしまって、勃起してしまいました。
Nちゃんは胸を触られた仕返しなのか、右手を動かした弾みに俺の股間をタッチしてきて、「あー、Tさん固くなってるよー」と他の2人にばらしました。

「ばっか、男ならしょうがないべ」

誤魔化そうとしましたが、そこから変な話に流れが変わってしまい・・・。

「勃起してるところ見せて」とNちゃんが言うと、他の2人もノリだして「見せろー」コールが始まってしまいました。

俺以外の3人は、缶チューハイも飲んでいたらしく、あまり酒に強くなかったのか、やけにハイテンション。

「ただ見せるだけじゃやだからお前らのも見せろ」

・・・と、俺が条件を付けても、「いいから脱げー」と俺のズボンのベルトを外しにかかります。
俺一人このハイテンションについて行けず、ちょっと引きながらも腰を浮かしてGパンを膝まで下ろすと、トランクス越しでも勃起してるのがバレバレで、Nちゃんがおっかなびっくり、その勃起を触ってきます。

「うわー」とか言いながら、車内はおかしい雰囲気になってて、Nちゃんの手がパンツのゴムにかかったときに、後ろの2人が“ゴクッ”と唾を飲む音が聞こえました。

パンツが下ろされ、露出してしまったペニちゃんを見ると、「おおー」とか歓声を上げつつ、凝視したり目を逸らしたりしてました。

Nちゃんはわりと経験有りそうで、「見ててー」とか言い出すと、ペニちゃんを手でしごきだしました。

「男の人ってこうすると気持ちいいんだよー」

後ろの2人に説明しながら手コキしてたんだけど、俺はこの状況ならもしかして!と思い、「俺だけ見せてるのずるくないか?お前らの胸でも見せろー」と後ろのMちゃんの胸を触ってみました。

Mちゃんともう一人、Cちゃんはたぶん処女で、彼氏も居ないって言っていたので男に胸を触られるのも初めてだったと思いますが、「いやー」と小さい声を上げつつも、胸を触る俺の手の上から自分の手を添えるだけで、拒否はされませんでした。

Nちゃんは相変わらず手コキをしていましたが、後ろの二人を見回して、「じゃ次ー」と言いながらペニちゃんに口を近づけて、パクっと言いながら咥えてしまいました。
MちゃんとCちゃんは、「うそー」と言いながら、Nちゃんがペニちゃんをしゃぶってるところを凝視して、「すごい」とか言っていました。

Nちゃんが頭を上下し出すと、俺は気持ちよさで顔が変になってたらしく、Cちゃんからからかわれてしまい・・・。

「男でも女でも気持ちいいときはこんな顔になるんだよ」と言い訳して、「お前らも気持ちいいと顔変になるに決まってる」と言って、Cちゃんの胸を揉んでみました。

NちゃんとCちゃんはスカートで、MちゃんだけGパン穿いていたので、とりあえずCちゃんをターゲットに、スカートの中に手を伸ばしてみました。
Cちゃんのパンツに触れてみると、ちょっと湿っていて、Cちゃんは俺の手を押さえて触らせないようにしていましたが、強引にあそこに手を伸ばして揉み始めると、喘ぎ声を出して手の力が弱くなりました。
チャンスと思い、まだ誰も触れていないと思われるCちゃんのあそこを、クリを中心に触ったりしてました。

Nちゃんの頭の動きで、そろそろやばくなってきてしまい・・・。

「やばい、出そう」

そう言うと、Nちゃんは、口を離して手コキを始めました。

「みんな、男がイクとこ見ててー」

ティッシュを引き出し用意すると、みんなが見てる中でティッシュの上に出してしまいました。

「うわー、ぴゅっぴゅ出てるー」

初めて見る男の射精にびっくりしながら、結局最後まで見られてしまいました。

ここでNちゃんが、「フェラチオ教室ー」とか言い出して、後ろの2人にもどうやったら気持ちよくさせられるのかレクチャーを始めて、MちゃんもCちゃんも興味津々で聞き入っています。
俺はペニちゃんを出したまま、とりあえずNちゃんの胸を触ったりしていたんですが、「今度は実践」とか言い出して、NちゃんとMちゃんが場所を入れ替えました。

Nちゃんの指示で、「しゃぶってみて」って言われるMちゃんですが、さすがに初フェラらしいので躊躇していましたが、その場の雰囲気に酔っていたのでしょうか、恐る恐る俺のペニちゃんに顔を近づけて来ます。
舌をのばして、チロっと亀頭を舐めると、決心したのかパクっと咥えて来ました。
さすがに上手いはずもなく、歯が当たったりで痛かったのでそう言うと、Nちゃんが指示していき、それなりにフェラが出来るようになっていました。

「音も立てると男の人は興奮するんだよ。唾溜めてジュクジュクって音立てながらやってみて。時々男の人の顔も見上げながら、添えてる手も動かして、舌でカリのところも刺激するんだよ」

Nちゃんの指示で、だんだんと上手くなっていくMちゃんでした。

俺は左手をMちゃんのGパンのお尻に伸ばすと、ヒップを触って遊んでました。
一度Mちゃんに口を離してもらい、MちゃんのGパンのホックとジッパーを下げると、Gパンを少し下げて直接お尻を触れるようにしてもらい、改めてフェラさせると、Mちゃんのパンツの中に手を伸ばしてあそこを触ってみました。
あそこに手を触れると、びっくりしたのか感じたのか、咥えてるまま呻いたので歯で噛られるようになって、逆に俺が悲鳴を上げると、Nちゃんが、「噛んじゃだめ」と言って続けさせました。

びっしょり濡れているMちゃんのあそこを触ってるうちに、車の中はMちゃんのあそこの匂いがしてきて、余計に興奮してきます。

そのとき、Nちゃんが「じゃ交代ね」と言って、Cちゃんを助手席に来させようとしたので、Mちゃんは後ろに移りました。

Cちゃんはいきなりパクっと咥えると、Nちゃんのように顔を上下に動かし、初めてとは思えないテクニックで俺は出そうになってしまいました。

「出そうだよ」と伝えると、Nちゃんは「口の中で受けてみて」と言って、そのままフェラを続けるよう指示して、俺はCちゃんの口の中に出してしまいました。

男の俺には分からないのですが、精液の味にしかめっ面でティッシュを取り出し、そこに吐き出すとCちゃんは、「へんな味」と言いながら、顔を上気させてジュースを飲みました。

とりあえず3人にフェラしてもらって、俺だけ気持ちよくなったんですが、一人経験済みのNちゃんが、「エッチしたくなっちゃった」と言って助手席に移動してパンツを脱いでしまいました。

俺にも助手席に来るように言うと、Nちゃんは助手席を倒し、俺に寝るように言うと腰の上に座ってきます。
2人に見られながら車の中でNちゃんとエッチ始めたんですが、俺は2回も出してるので、俺がイク前にNちゃんが自分で動いてイッてしまいました。

フェラチオ大会が終わって、窓を開けてクールダウンして、それぞれを家まで送っていったんですが、帰りの車の中で、MちゃんとCちゃんが処女を捨てるのに協力することになり、後日ラブホテルで4人でロストバージン式があったんですけど、スレ違いなのでこの辺で。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

SOKUAI

スポンサードリンク

最強媚薬エロティカセブン