新着情報

マリッジブルーの先輩OLに尻射、ゴックン、生中出し!

この体験談は約 5 分で読めます。

同じ会社にいる智子先輩が婚約中だった時の話です。
智子先輩は仕事は厳しく、でもプライベートでは気さくで男っぽいところもあり、性格もざっくばらんとして好きでした。
いわゆるマリッジブルーに智子先輩はなっていました。

先輩「結婚の準備は大変だし、彼も私もマリッジブルーでお互いよくケンカしてるし、私もすごくストレス溜まってるのよ」

僕「でも旦那さんラッキーですよね。智子先輩可愛いし、オッパイもお尻も大きそうだし」

先輩「いやだ。私、そんなに大きくないよ」

僕「智子先輩のムッチリパンツスーツ姿はエッチですよ」

先輩「あはは、ムッチリ?単にお肉がついてるからだよ。大きいというよりは少しお肉が多いだけ。単におデブ?(笑)」

僕「全然おデブじゃないですよ。僕、智子先輩のこと・・・ずっと前から好きでした」

先輩「ありがとう。なんか私嬉しい・・・私もT君の事、前から気になってたんだ。結婚前の私で良ければ・・・T君ならいいよ」

僕「智子先輩、結婚するんでしょ・・・婚約してる人に悪いですよ、そんなこと・・・」

智子先輩はいつものパンツスーツを僕の足に絡ませるように間に足を入れてきて、股を押し付けてきて僕の足にスリスリ。
まるで女性の角オナニーみたい。

先輩「あぁ、T君の足で気持ちよくなってきちゃう」

智子先輩の方から積極的にキス・・・。

先輩「T君のせいで私、暑くなってきちゃったじゃん」

智子先輩は白のブラウスのボタンを自分でひとつひとつ外し、ブラウスを脱ぎました。
智子先輩はキャミソール姿に。
キャミソールの肩ヒモを自ら肩の外側へズラし、ブラも自分から外し、他人の花嫁になる智子先輩のボリュームのある大きなオッパイがブルンッと目の前で大きく上下に揺れました。
憧れの智子先輩の大きい弾力のありそうな色白のオッパイが目の前に。

先輩「ほら、どう?結婚前の私のこのオッパイでT君は興奮してくれる?」

乳輪は少し大きめでしたが、きれいなピンク色でした。
智子先輩は自分でオッパイを両手で持ち上げながら僕の顔に近づけてきました。
智子先輩は僕の唇に柔らかいオッパイを押し付けるようにしてきて・・・。

先輩「ほらぁ、智子のこのオッパイ、T君の好きにしていいんだよ。ほらぁ・・・」

僕は弾力のある胸を揉みながら、乳首を舐めるとピンッと立って硬くなりました。

先輩「T君、いいの・・・彼より上手・・・ああっ私、乳首すごく感じるの・・・」

今度は智子先輩はパンツスーツを自分でお尻の方から膝まで下ろしました。
目の前にはガッシリとした大きなお尻とパンティが。
白のシルク生地のようなパンティを膝まで下ろして脱ぎ、モッチリとしたお尻の肉を自らの手でギュッと拡げ、肛門を僕に見せつけるようにして顔に近づけてきました。
ガバッと拡げた尻穴から智子先輩のウ◯コのニオイがしてくるくらいの距離まで。

先輩「ほらぁT君、私のお尻の穴、愛してくれる?舐めて欲しいの・・・ほらぁ・・・」

手で頭を掴まれ、お尻に顔を押し付けられた僕は智子先輩のアナルを激しく舐めまくりました。

先輩「あっ、あ゛あんっ、すごいぃっ、いぃっ!!こんな気持ちいいの初めてだよっ!!気持ち良いすぎて私、オナラ出そうになっちゃうよぉ!!もっと、もっと奥まで来てぇっ!!」

僕「智子先輩、きれいですよ。すごくきれいなお尻の穴」

今度は智子先輩のクリトリスを指で愛撫。

先輩「も、もう私ガマンできない・・・オチンチン欲しい。T君の欲しいよっ、立ったまま後ろから入れてっ」

僕「い、いいんですか?智子先輩っ?」

智子先輩の両手を会社のデスクにつかせて立ちバックでナマで挿入。
柔らかい尻肉を揉んだり、大きな弾力のある胸を両手で後ろから揉みながら。
智子先輩のアソコは肉厚なアワビのようなマンコ。
ペニスを挿入すると智子先輩の肉厚なビロビロがペニスにまとわりついてきて“肉のリング”みたいになっている。
智子先輩の膣穴はすごく気持ちイイ。
突くたびに空気が出入りしてブチュッ、ブポッ、ブニュッとチナラの音が。

先輩「いやぁ、T君、恥ずかしい。変な音、出ちゃう!」

僕「智子先輩のマンコの穴からオナラみたいなすごい音、出てますよ。いやらしいなぁ」

先輩「オナラじゃないからオナラとか言わないで。でもすごく気持ちいい・・・」

立ちバックで突きながら、大きなオッパイを後ろから揉んだり、乳首を摘んで指でコリコリしたりするのが好きな僕は最高の気分でした。

先輩「最近・・・私、彼とケンカばかりの毎日でイライラしてたから・・・私のことムチャクチャにして欲しいの!・・・結婚する彼から私を奪ってぇ!!私の心もカラダも全部、奪ってぇ!!もっとT君のオチンチンが欲しいのぉ!!ああんっすごい!!壊れちゃうっ!!き、気持ちいいのぉ!!あっ・・いやんっ・・・ダメだよ、T君まだイッちゃダメだよ。待って、私、もうすぐイケそうなのっ、イクの私が先だからぁっ!!私が先にイクんだからぁっ!!あっ・・あんっあんあんっ・・・智子イッちゃう、イッちゃうの!・・・んんっ・・・っ!!・・イ゛グッ、イクッ、イックっぅ!!」

智子先輩のカラダが痙攣したようになって、はっきりイッたのが分かりました。
イッた影響で少し膣も締まってきて、僕もイッてしまいそうになりました。

僕「智子先輩の中、締まってきてる、智子先輩っ・・あっ・・出そう・・あっ・・」

妊婦の花嫁にしないように、イク寸前で肉棒を素早く抜いて、智子先輩のモッチリとしたボリュームのあるお尻の上に白濁液を出し、途中から智子先輩の茶色い肛門に向けビュビュッと射精。
婚約者の許可なく、自分の精液で、他人の花嫁のお尻を汚していく上からの眺めは最高でした。

先輩「ふふっ、さすが若いねー、また立っちゃったの?口でしてあげる・・・」

智子先輩が膝をついてのフェラ。
下唇が厚めなのでペニスの下の方がすごく気持ちいい。

(もうすぐ花嫁になる人とこんなことに・・・)と思うだけで興奮しました。

智子先輩は、玉袋まで大きな口で咥え、金玉を口の中で転がしながら・・・。

先輩「T君、浮気しちゃダメだよ。もし浮気なんかしたら、ココ、噛んじゃうから(笑)」

智子先輩はチンポを手コキしながら僕のお尻の穴まで舐めての大サービス。
仕事では厳しい先輩なのにこんな丁寧なご奉仕をしてくれるなんて感動。
肩くらいまであるいい感じの茶髪をグイっと掴んで少し乱暴にフェラさせると征服感があって気分がいい。

僕「僕、智子先輩に全部飲んでもらいたいです」

先輩「んっ、んっ、いいよぉ、いいよぉ・・・いっぱい口に出してっ、まだ彼のは飲んであげたことないけど、T君のなら全部飲んであげる・・・」

乱暴に頭を掴んで、まるで先輩の口をオナホール扱いして前後に激しくストローク。
智子先輩の髪の毛はクシャクシャになっていました。
仕事の時ではありえないこの上下関係に興奮。

僕「あっ、と、智子先輩っ、オレっ、あっ、イックッ・・・」

智子先輩の頭を乱暴に掴んで激しくストロークさせる。

先輩「んぐっ、あっはぁっ、んぐっ、うっ、んぐっ・・・」

少し苦しそうな顔の智子先輩の喉がゴクッと鳴り、精子を全部飲ませました。

先輩「T君の全部ゴックンしてあげたよ。T君の精液が私の体に入ってくのが嬉しい。私の胃腸で消化吸収されて私の体の一部になる感じ(笑)」

智子先輩が愛おしく思えて、床に寝かせて正常位で密着しながらセックス。
僕が上になったり、智子先輩が上になったり。
激しく二人で求め合い、愛し合い、あまりの興奮に、結局最後は婚約中の智子先輩の膣穴で果ててしまいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

恋愛横町

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン