新着情報

一度だけフェラしてくれた同期入社のエリ

この体験談は約 4 分で読めます。

俺が新卒で就職した会社での話なんだけど、規模の小さな会社で同期入社は俺を含め男5・女3。
先輩達も言ってたけど、女の子達のレベルが高く、「今年から面接は見た目重視に変わったのか?」と冗談交じりに言ってたぐらい。

で、そのうちの一人のエリって娘は美人というよりもカワイイってタイプで、打ち解けやすく気が合ったので、仕事後によく飯を食いに行ったりしていてた。
その頃にはお互いに付き合ってる相手がいることも分かったので、お互いの相手の愚痴や、際どいエッチ話を出来るぐらいに仲良くなれた。

6月にボーナスが出たので、同期8人で飲みに行った時に2次会のカラオケでエリとの間で起きた時の話。

初ボーナスは雀の涙程度だったけど、なんかやっと社会人の仲間入りしたみたいな感じがして、いつもの仕事帰りに飲みに行く時よりも、既に皆のテンションは高かった。
予約していた新宿の鶏料理の店に入ると、なんと座敷!
女の子達は揃ってミニスカートだったので、「え??!!」と幹事に大ブーイング。
俺達は思ってもみなかった幸運と幹事のGJにハイタッチw

文句をたれながら彼女達も席に着き、幹事の発声で乾杯。
料理を取り分けてあげたり、アルコールの力もあって彼女達の機嫌もすぐに直り、結構すぐにみんなイイ感じに出来上がってきた。
そうするとお決まりの猥談スタート!
体験人数やら、屋外でエッチした時のシチュエーションとか、今までの付き合ってきた相手の性癖の話とか・・・。
腹抱えて皆で大爆笑してたりしたので、周りの客はイイ迷惑だったと思う。
それに俺の隣にはM子が座っていて、チンポが立っちゃったのをバレないようにするのも大変だった。

それから一段落ついて、二次会の場所の相談をしてる時に席を外してトイレに行った。
トイレから出てきたら、エリがちょうどトイレに来たとこで「ヒロ(俺)ってそんなにフェラ好きだったんだ?」とさっきの話を持ち出してきた。

「好きなんだからしょうがないじゃん」と言うと、カワイイ感じで笑って「私も結構褒められるし、フェラって好き」なんて言ってきた。

俺も酔っ払ってるのが幸いし冗談っぽく、「じゃあ確かめてみたいな」とストレートに言ってみた。
そうすると笑って「冗談ばっかり!」と言ってトイレに入っていった。

ここで待つのもイヤなので座敷に戻り、皆で精算して外に出て、二次会のカラオケへ向かった。
8人で目当てのカラオケBOXに行ったが、8人以上入れる部屋が満室。

4人部屋なら1部屋空いていると受付に言われたが、もっと広い部屋が空くまで待とうかどうか迷っていると・・・。

「とりあえず4人部屋に無理矢理に詰めて入って、広い部屋が空いたら移れるようにしてもらったらイイじゃん?」

女の子のIの一言で詰めて部屋に入ることになったw

でも思った以上に部屋は狭く、大人の男が詰めても両サイドに3人・3人が座って精一杯。
そこで、ジャンケンで勝った奴はシートに座り、負けた2人だけ誰かの膝の上に座る事にした。
こういう時って女はジャンケン強い。

負けたのは二人とも男w

「気持ち悪いからどけよ!」とか、最初の方こそ大混乱だったけど、トイレの入れ替わりなどで席も自然と入れ替わっていた。

エリも俺の膝にも自然と座って(酔っ払っているからなんだけど)竹内マリアを熱唱していた。

その時、店員が「大部屋が空きましたけど、どうされますか?」と聞いてきたので速攻で移ることにした。

1フロア上の大部屋に移ると気持ちイイぐらいの広さ。
でもそれまでのハイテンションで男二人は潰れて寝てしまい、おまけにM子は気持ち悪くなってきたのでタクシーで帰ってしまう始末。
部屋がタバコの煙と熱気で暑かったので、非常口を開けて非常階段に涼みに行きタバコを吸っていたら、エリが非常階段にやってきた。

エリ「なんかダレてきちゃったね。そろそろ解散する?」

そう言って、それから突然悪戯っぽく笑って「さっきヒロの膝に座った時、硬くなってたの分かったよ」と言われた。
なんか酔いも覚めてきていたので超恥ずかしくなったけど、強気に「尚更、確かめてみたくなった?」と何気なく言ってみた。

エリ「みんなには内緒にするって約束してくれたら、してあげる」

当然、二人だけの秘密にすると言って、ベルトを外してたっぷりと舐めてもらった。
非常階段で誰かが来たらどうしよう?ってドキドキ感と、仕事をしてる時の表情とフェラしてくれてる時の表情のギャップが堪らなくて、たぶん5分ぐらいでイッちゃいそうになってしまった。

彼女にしてもらってる時には口にそのまま出していたので「このまま口に出してもいい?」と聞いてみたくなった。
そうしたら案の定、眉根を寄せたのでやっぱりダメかと思ったら・・・。

「しょうがないな?」と嬉しい返答。

少し早いけど思いっきり口に放出してしばらく放心状態でいると・・・。

エリ「どう?上手だった?」

俺「彼女と同じくらいかな?」

エリ「そう。じゃあ、もうしてあげない!」

そう言って笑った顔がメチャ可愛かった。

・・・でも、それって、またしてくれるって事か!?
と、その後もチャンスを狙ってみたけど、やっぱりこんなラッキーな事がそうあるはずもなく、清い関係のダチに戻りました。

仕事の打ち合わせで二人だけで話す時に、エリに「舐めてもらったの忘れないよ」って笑って言ってみた。
そうしたら「さあ?何の事?」って言って笑ってはぐらかされたw

以上です。

長文駄文申し訳ないm(__)m

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

お隣さん

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン