新着情報

満員電車の中、友達の目の前で友カノに痴漢

この体験談は約 3 分で読めます。

ある日、TとTの彼女とTDLに遊びに行くことになった。
朝の電車は超満員で、Tは奥に、俺と彼女はドア付近に一緒になった。
そして電車は発車したのだが、発射した時の拍子で彼女が自分に寄りかかってきた。

その時、俺のペニスが彼女のお尻に埋まる形になったのだ。

その柔らかさを堪能していると、俺の中にイタズラ心が芽生えた。
彼氏の前でやらしいことしたら、どれほど気持ちいいだろうかと。
実は以前、彼氏と喧嘩中の彼女と酒に酔った勢いで寝たことがあったのだ。
彼女はもう二度としないと言って後悔していたが、俺はまた彼女とヤリたいと思っていた。

そんな俺がこのシチュエーションを逃すはずがなかった。
俺は彼女のお尻にペニスをギュッ~っと押し込んでいく。
彼女も気づき、こちらに顔を向け、「やめて」と驚いた顔で小さい声で言ってきた。
だがそれを気にする自分でもない。
Tが窓の外を見ている隙に彼女の耳に顔を近づけ、「気持ちいいよ♪」と言い、耳をぺロっと舐めてあげた。
彼女もTに気づかれるのが嫌なのか激しく抵抗してこない。

調子に乗った俺は右手でフレアスカートの中に手を入れ、パンツ越しに彼女の秘部を刺激していく。
パンツのつるつるした感触と、ぷにぷにとしたまんこの感触がたまらなかった。
さすがに彼女も抵抗しようとするが混雑して思うように体を動かせなかった。
Tを見ると携帯を弄っていて気付いてないようだった。
それを確認し指を彼女の中に指を入れていった。
彼女も足を閉じて防ごうとしたが無駄だった。
指を一本そして二本、そして少しずつ刺激を強くさせていった。

するとTが自分達に話し掛けてきた。
彼女がビクッとし、中がキュっとキツくなった。
バレたかと思ったが、Tはアトラクションの話や昼食などの話をしてきた。
彼女と笑顔で冗談を言い合う最中も、彼女の中をかき混ぜていった。
彼女も笑顔で返事はするがぎこちなかった。
その時には彼女の中はトロトロで、時折ビクッとし、足が震えていた。

さすがにTも違和感に気付いたのか、彼女の心配をし始めた。
だが彼女も心配かけまいと、「昨日から寝不足で体調が悪い」と話した。
彼女が話してる間、俺はズンッズンッと力強く突いたので彼女の声が裏返ったりしてい面白かった。
Tも納得したらしく、また携帯を弄り始めた。

彼女は振り返り、上気して今にも泣きそうな顔で、「やめて」と小さな声で言ってきた。

俺が「あのことバラすよ」と言うと、彼女は唇を噛んで前を向いて俯いた。

その表情と、先ほどまで堪能した快感で俺のアソコはギンギンになっていた。
もう我慢の限界になり、自分のペニスを取り出し、スカートの中に侵入させ、柔らかいマシュマロのようなお尻に埋め込こんだ。
彼女も驚き、手を伸ばして止めようとするが女の子の力で止められるはずがなく、されるがままだった。

彼女のお尻の弾力とパンツの生地にペニスが擦れて、いつもと違った感触がたまらなかった。
それに周囲にバレるかもしれない緊張感と、Tの目の前でTの彼女を欲望のままに凌辱しているという優越感がさらに興奮させた。
俺はもっと気持ち良くなりたいとさらに押しつけ、擦りつけていった。
彼女もお尻を振って逃れようとするが、逆に新たな刺激を与えるだけだった。
俺はそのお尻の動きがメスがオスのペニスを求める求愛行動のように誘惑しているように感じてしまった。

俺もそろそろ限界が近づき、まるで歪んだ自分の心のようなドロドロとした精液をお尻に万遍なくドプッと吐き出した。
パンツには精液がべっとりついて、太ももにも垂れていた。
俺は陶酔するほどの満足感に浸りながらスカートでペニスに付いた精液を拭き取った。

目的地の駅に着くと彼女はすぐにトイレに向かった。

T「今日の彼女は変じゃないか」

そう尋ねてきたので・・・。

俺「寝不足だって言ってたしね~♪」

T「なんか機嫌いいじゃん。何か良いことあったのか?教えろよ」

俺「とっても(気持ち)いいことがあったんだよ。いつか教えてあげるよ」

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Club Bunnys

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン