新着情報

お兄ちゃんのように慕っていたバイト先の先輩と

この体験談は約 5 分で読めます。

この間バイト先の人とエッチしちゃいました。

相手は3つ年上で、お兄ちゃんのように慕ってるこーちゃん。
こーちゃんとは普段からかなり仲良しで、一緒に帰ったり飲みに行ったりしてた。
こーちゃんには同棲してる彼女がいて、あたしにも彼氏がいるんだけど、2人共そんなの関係ないって感じで本当の兄妹みたいにいつもじゃれあってた。

あの日も上がりの時間が同じで、終わってから休憩室でテレビを観てて、他の人は全員帰って「俺らもそろそろ帰るかー」ってそれぞれ更衣室へ。
更衣室で着替えてたら・・・。

ピカッ・・・ゴロゴロドッカーン!!

勢いよく雷が鳴って雷が大っ嫌いなあたしは悲鳴をあげた。
こーちゃんが隣から飛んで来てくれて泣きながら抱きつくと・・・。

「まこは本当に怖がりだなー」

めそめそしながら震えるあたしを抱き締めて髪を撫でてくれた。
しばらくして近くにあったジャケットをかけてくれて、こーちゃんが離れようとしたけど、まだ雷は鳴っていて怖くて背中に腕を回してしがみついた。

「もうちょっとだけ・・・」と言うと、こーちゃんは「いや、無理」と言って離れようとする。

「やだ、怖いよー」
「いや、まじやばいって」

「やだぁー」
「無理だから」

「いいのー」
「よくねぇよ!!」

そう言って無理やり腕をはずされた。

「何でー?」

「まこ、その格好・・・」

気付いたらあたしは下着だけ、こーちゃんもパンツにTシャツだけだった。

「ごめっ・・・」

我に返って恥ずかしくて真っ赤になる。

「もー無理!」

こーちゃんに抱き締められた。

「ちょっと!!」
「俺、ちんこ勃ってんだけど」

「やだー」
「まこのせいだろ」

「そんなこと言われても・・・」

離れなきゃ!!と思って見上げるとキスされた。

「んーっ」

・・・前に酔ってしたことがあるんだけど、こーちゃんはキスが上手い。
気づいたら舌が入ってきて、ぴちゃぴちゃという音が響いていた。

「んんっ・・・ふぅ・・・」

声が漏れる。
頭がぼーっとして首に手を回す。
器用に片手でブラを外されて唇が離れる。

「すげ・・・きれー・・・」

そう言ったと同時に胸にしゃぶりついてきて、そのまま畳に押し倒された。
ごつごつした大きな手で胸を揉まれながら、唇で乳首を挟まれて舌先でチロチロされて声が漏れる。
普段からエロ話ばっかりしてるから、あたしがどうしたら感じるかもわかっていて重点的に攻められ続ける。

「んっ・・・ぅんっ・・・あっあんっ・・・」

気持ちがよくて、こーちゃんの頭を掴んで髪の毛をくしゃくしゃしてただ喘いでいた。

「まこ、すげー可愛い・・・俺ずっとこうしたかった」

こーちゃんはそう言ってするっとパンティーの紐をほどいて割れ目に手を伸ばした。

「やぁっ・・・」

「嫌じゃないだろ、もう溢れてこぼれてきてる・・・」

そのまま指を二本入れられて掻き回された。
指で攻めるのが得意と言ってただけあって、感じるところを確実に突いてくる。
指を深く出し入れしながら同時にクリも強くこねられて・・・。

「あんっ・・・あっ・・・んーっ・・・あぁんっ・・・はっ・・・やぁっ・・・」

あたしは腰をうねらせながら、ただひたすら喘いでいた。
指が奥深くまで入ってきて一ヶ所を擦られた時に、今までに感じたことのない感覚が襲ってきた。

「あー・・・っ!!」

今までにない大きな声が出てしまい、恥ずかしいのに抑えられない。

「ココ、いいの?」

そう聞かれても、ただ声を上げたまま頷くことしかできない。
一層強く擦られて頭の中で何かが破裂した感じがして何かが勢いよく出た。

「まこ、潮!!」

乱れた息を整えて畳を触ってみると、まさにお漏らしをしたようにびしょ濡れになっていた。

「やばい、こんな気持ちいいの初めて・・・」

「まじで?すげー嬉しい・・・もう俺も限界、入れてもいい?」

「今度はまこがしてあげる」

そのままこーちゃんの大きくなったちんちんを咥えた。
特別大きいわけではないけど、かなり反り返っていてカリの部分が引っかかる。
指で玉とアナルを刺激しながら反対の手でしごき、亀頭を咥えて尿道に舌をねじ込むように強く舐めあげると「あぅ・・・うっ・・・」と低い声が聞こえる。
我慢汁がどんどん出てきて・・・。

「やべ・・・もう出る・・・」

そう言われて奥まで咥えて、口全体でしごきながらちんちん全体を吸い上げた。

「ぅっ・・・」

その声と同時に大量の精子が流れ込んできた。
そのままごくんと飲み込んで、今度はこーちゃんの乳首を口に含むと、驚いた声を上げられて、それでもそのまま舌先でチロチロと舐めたり軽く噛んだりしてみた。
ちんちんはみるみるうちに角度を増して、また先っぽから我慢汁が出てきた。

「ひっ・・・んんっ・・・ぁんっ・・・」

こーちゃんは女の子みたいに上擦った声を出していて、その声であたしのあそこがまたくちゅくちゅしてるのが自分でもわかった。

「やべ・・・すげー気持ちい・・・俺こんな声出したの初めてだよ」

ちんちんが復活したところで対面座位で挿入。
少し入れたところで、やっぱりカリの部分が引っかかった。
浅いところで擦れるのがたまらなく気持ちよくて・・・。

「こーちゃん・・・そこ・・・んんっ・・・あっ」

しばらく浅いところで動かしてもらっていると一気に奥まで突かれた。

「あぁぁっ・・・んんーっ」

少し動くだけでも擦れて声が出る。
そのままの体位でしばらく腰を動かされながら乳首を舌が這いまわって強く吸われて・・・。

「あっ・・・んっ・・・んんっぁっ・・・はぁっんっ・・・んーっ・・・やぁっ・・・」

気持ちがよすぎて涎を垂らしながら喘いでいると、くるっと体の向きを変えられてた。
ちんちんを入れたままバックの体位にされた。

「まこはこれが好きなんだろ?」

そう言ったと同時に腰を強く掴まれて、勢いよく突かれた。
同時にクリを強く摘まれたり、あたしの一番感じるクリと皮の間のところを爪で引っかかれて、腕で体を支えることも出来ずにクッションに突っ伏したままイッてしまった。

こーちゃんはそのまま激しく突いてきて、あたしの腕を引っ張ってあたしの体が反るようにして上下に腰を振ってきた。
お腹に腕を回して密着させることで、今までに感じたことのない所にちんちんが当たる。
イッたばかりで敏感になっているのもあって、またすぐにイッてしまい、その後、こーちゃんも中で果てた。

その後は失神してしまったみたいで記憶がありません。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

クンニ同好会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン