新着情報

カラオケボックで友達に指マンされて激イキ

この体験談は約 4 分で読めます。

ついこの間。
学校の男友達のさとると女友達とで飲み会を開いたの。
結構強いお酒もがんがんに飲んで。
甘かったせいだとは思うんだけどね。
その後、カラオケに行くことになってたんだけど、女の子は遅いからと帰っちゃって、さとると二人きりでカラオケへ。
男と二人きりってのは一瞬考えたけど、さとるとは学校入ってからの友達で、苗字が近かったからいつも同じ班で行動してたし、楽しい男友達だったからいいかなぁって。

最初、普通にがんがん歌ってて。
それで、そのあとにお互いの彼氏彼女の話とかもしてたの。
そのときにさとるが「咲、肌きれいだよなぁ。彼氏いいなぁー」って言うの。
ほっぺた触ったことがあるからだろうけど、確かに私はちょっとモチ肌らしくって、彼氏にも「あったかくてすべすべで、もちっとしてて好き」とも言われてる。

ちょっと気をよくした私は「全身モチ肌なんだよー」と可愛く言ってみた。

「脚とかもきれいだしな」

さとるの目は私のミニスカートから伸びた脚へ。

「そんなことないけどね」って言いつつ、相当嬉しい。

ちょっとサービスして服の上からだけど、胸も触らせてあげちゃったり。
このところ彼女としてないらしいからサービスしたの。

そのうち私のキスの話になって。
私、自分で言うのもなんだけど舌が長いからキスは上手い方らしいの。
それを言いながら、さとるの目を見てたら、ちょっと動揺してた。

お?と思って「なんで目逸らすの~?」と可愛く可愛く。

さとるは「いや、マジでなんか理性がやばくなりそう」と笑ってる。

「キスだけなら、試してあげようか?」と持ちかけたら、動揺しつつも「いいよー?」だって。

きっとマジでやるとは思ってないだろうと思ったから「本当にしちゃうよ?」と、顔を近づけて目を見ながら聞いても「いいよ」だって。

ま、キスだけだったら・・・ってキス。
そしたら、最初受けてただけのさとるの唇が、私を奪うようにキスを始めた。
そして、左手でさっき触れた胸を弄り始める。
私は全身感じちゃうんだけど、胸とかもすごく弱くて。
遠慮がちではあるけど、軽く揉まれてるうちに感じ始めちゃって、重ねた唇から時々吐息をこぼしちゃった。

そのうち、さとるの唇が私のノースリーブの首筋に下りてきて、舐め上げてく。
私も感じちゃって、「あ・・・ん、ぁはぁ・・・」って軽く喘ぎ始めちゃった。

「咲、可愛いよ」

普段言わないような甘い声で耳元で囁きながら、胸を揉んでく。
そのうち、右手がスカートを弄って、パンティの上からお尻を撫で始めたの。
感じ始めちゃってるし、彼氏とのエッチでマンネリしてたから、そのままされるがままに・・・。
そのうちに指でクリを刺激されてくると、「あっん!・・・んぁん・・・あぁー・・・」って、喘ぎも激しくなってきちゃって。

さとるは隣に座らせてた私の身体をぐいっと持ち上げて、自分の上に脚を開かせて座らせるようにした。
そうしながら、さとるはノースリーブをたくし上げて、胸を露わにさせちゃった。
そして「可愛いよ」と言いながら、Cカップの胸にむしゃぶりついてきた。
もう乳首はびんびんになってたし、ちょっとした刺激だけで喘いじゃうような状態だったし。
クリを刺激してた指がおまんこの入り口まで刺激範囲を広げてる。

「ねぇ・・・直接・・・さわってぇ・・・」

もう我慢できなくなっちゃって耳元で喘ぐと、すぐさまさとるの太い指が侵入してきた。
今まで彼氏以外に入れられてなかったまんこの中を掻き回す。

「すっげぇ、濡れてる・・・。感じやすいんだね、咲」

そう言いながら刺激を続けるさとる。
私はとにかく指での刺激だけで感じまくっちゃって、腰を振って喘いでた。

「指、すごく締め付けてるよ?気持ちいいの?」

乳首を転がしながら言われて。
彼氏とかに言葉で苛めてもらうんだけど、なんかただの友達にそうされてるシチュエーションで余計に燃えちゃった。
そのうち、びくびくって脚がビクつき始めちゃって、「腰なんか使っちゃってエッチだね」とか苛められながら、イッちゃった。

一応さとるは「彼氏持ちだから入れるのはやばいから」ってやめてくれたんだけど。
イッちゃってからも、キスしまくって「咲、可愛い。すっごいキレイだよ」って、胸とか舐められてた。

さとるのアレ、入れられてもよかったなぁって今は思ってる。
もちろん、彼氏のアレが一番気持ちいいんだろうけど。
こんな気分転換、やばいかなwww

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

なめ犬くん

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン